« 「アンチ・バベルの塔」を支える福音 ・続 | Main | 格差社会と語彙格差 »

「アンチ・バベルの塔」を支える福音 ・続 続

「アンチ・バベルの塔」を支えるのは「コーパスに依拠した学習英英辞典」である。

その「学習英英辞典」の出現がなかったら「辞書暗記」を完成する決断はできなかったと思います。

「覚えるべき語彙の有限性」を確信できなかったら、「アンチ・バベルの塔」の完成も期待できなかった。高さが限定されない塔の建設などありえない。いつか目標の高さに達することがわかっていたからこそ続行できた。完成の日を指折り数えながら着実に目標に接近していくことができた。

私が市販の単語帳に不満を感じたのは、そのどれをマスターしたところで、満足な語彙数に達しないことは経験上明らかだったからです。それなりの大人のネイティヴ・スピーカーの語彙力はそんな市販の単語帳どころではないことは充分に悟っていた。もちろん、たいへん語彙力の乏しいネイティヴ・スピーカーには何人も出会った。しかし、そんな人たちはそれなりの大人とはいえない、本国ではまともな職にありつけないような人たちだった。

だから、「質・量ともに必要充分な語彙リスト=学習英英辞典」の存在を知ったときの安心感はとても大きなものでした。「これだけ覚えればいいのだ!」という確信は語彙学習上何にも勝る福音でした。

ところが、そんな「学習英英辞典(あるいはそれに準じる英和辞典)」を観てさえ疑念を示す人たちがおられます。圧倒的に多いのは、「5万も覚える必要があるの?」「○○の単語などこれから先またお目にかかるとも思えないよ」といったような疑念です。福音を福音と悟ることができずに「学習英英辞典」と「他の辞書」を区別できない人たちの疑念です。

何度も述べましたように、「学習英英辞典」に不要な語彙は皆無です。なるほど、これから先出会うことのない語彙がいろいろあるかも知れません。しかし、それは私が出会わないだけのことであって、それらの語彙が統計上使用頻度の高い語彙であるという事実は変わりません。

ただし、「自分にとって不要な語彙は即不要な語彙である」とする人たちの「学習辞典」に対する疑念を解消するひとつの方法があります。「学習英英辞典」をチェックする際に「これは不要だ」と思う語彙をはずしていけばいいのです。そうすれば「自分が不要だと思う語彙」を排除することができます。私は「統計的に使用頻度の高い語彙のみ」を収集した「学習英英辞典」に不要語彙があるとは考えませんが、それについてなお疑念を抱く人たちにとっては、「不要だと思う語彙を排除して覚えること」=「疑念払拭」になります。

他方、「学習英英辞典以外の語彙はもう覚える必要がないのか?」という疑念もあります。

そんなことはあり得ません。「学習英英辞典の語彙」は大人が通常知っておくべき語彙であって、① 趣味・専門・業界用語 ② 流行語 ③ 新語などは、それこそ各自の必要に応じて覚えなければなりません

そして、① ② ③ を習得するプロセスは私たちの母語である日本語に関しても同じです。

「学習英英辞典」の語彙を覚えることは、① ② ③ の習得 に関して、英語のネイティヴ・スピーカーと同じ地平に立つためのプロセスでもあります。

「学習英英辞典」の語彙習得は「外国語としての英語の語彙習得」の最終段階であって、それ以上の語彙は不要だというわけではありません。

「塔」建設は、ネイティヴ・スピーカーと同じ地平に立つためのプロセスです。

|

« 「アンチ・バベルの塔」を支える福音 ・続 | Main | 格差社会と語彙格差 »

Comments

このサイトに書かれていることについては、ほぼ完全に同意です。読んでいて心から納得しました。

私は、世間で言うところの「帰国子女でない人にしては、英語がまあまあ出来る人」というレベルです。TOEICで言うと900点くらいにはなるし、「コンバセーション」であればそこそこ出来るし、という具合です。日常会話では全く困りません。世間の人は、これで十分に見えるようですが、でも、自分が英語が出来る自覚は全くありませんでした。むしろ、今でも非常に強い苦手意識があります。

それが、このサイトで、ボキャブラリーなんだな、と実感しました。1ヶ月くらい前に、こちらを訪れて以来、その趣旨に賛同し、試しに1000語ほど覚えてみましたが、確かにそうした言葉にたまに直面するんですよね。これから全部覚えたら、どれだけ世界が変わるか、非常に楽しみです。

このサイトを作っていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも、ちょくちょく訪問させていただきます。よろしくお願いします。

Posted by: az | August 19, 2006 at 03:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/11404849

Listed below are links to weblogs that reference 「アンチ・バベルの塔」を支える福音 ・続 続:

« 「アンチ・バベルの塔」を支える福音 ・続 | Main | 格差社会と語彙格差 »