« 英語の語彙:雑談(36) | Main | 「アンチ・バベルの塔」の建設速度 »

「アンチ・バベルの塔」による段階的ボキャビル(4)

今回は、利用する辞書の紹介ではなく、「ボキャビルを段階的に進める」ことの意義について、再度確認しておきます。

ボキャビルは、”いつまでにどれだけの”語彙を覚えるのかというはっきりした目標がないと、やりがいがありません。

そんな目標なしにやっていても「いったいどのレヴェルの語彙をいくつぐらい覚えているのか」そして「いつぐらいにそれを達成できるのか」という目安がないと、語彙の海を漂流して自分の位置を見失ってしまうことになります。

あの単語集もかじったしこの単語集もかじったけれど、果たしてこのあとどれぐらい覚えたらどれぐらいのレヴェルになるのかとか、実際やった語彙を覚えているのかどうかとか、見た覚えはあるていどにとどまっているのかとか、語彙の体系的な積み上げが達成されているのかどうかとか、そうしたことについてはっきりした自覚がないままだとズルズル生涯を過ごすことになります。

たとえばとにかく物を読んで未知の語彙を拾っているというような状態では、「日暮れてなお道遠し」のまま夜明けがきません。

だから、「アンチ・バベルの塔」では、(既知語彙数が2万数千語に達していない人の場合は)辞書を段階的に選んで覚えていくことがひとつのポイントになるのです。

① 日本の中学レヴェルの辞書
② 日本の高校レヴェルの辞書
③ ネイティヴ・スピーカーの中・高校レヴェルの(語彙数の)辞書
④ ネイティヴ・スピーカーの大人レヴェルの(語彙数の)辞書 

というように具体的に利用辞書を決めて、つまり目標語彙数を明確に設定して、各レヴェルを確実に征服していくわけです。

まず各レヴェルの辞書の「未知語彙」をピックアップして(少しでも怪しい語彙はもらさずピックアップして)カードに記入し、それを徹底して覚えていきます。

何回復習するのか? そんなことは心配しなくていいです。覚えるまで復習します。複数の回数など無視です。慣れてくれば最初思ったほどの負担ではなくなってきます。徐々に暗記力も向上して楽しくなります。

案ずるより産むが易し」ですぞ! しかし、ほんとうに真剣にやるべし

未知語彙群を、つまり堅固な城を、探り出して徹底して攻め落とす」作業を 「④ネイティヴ・スピーカーの大人レヴェルの辞書」を我が物とするまで続ける。

また、たとえば②でやめざるを得なくなっても、自分のレヴェルをはっきり認識できるメリットがある。

順調に各レヴェルを征服してゆけば、あなたの視界はどんどん開けてきます。雲が晴れ霧が晴れ風景がくっきりし文脈が躍動するようになる。「こんなにすっきりした景色だったのか!」と感嘆するようになる。

ただし、何年もかかりますよ。朝から晩まで英語漬のネイティヴ・スピーカーでさえ20数年かかって大人の語彙を獲得するわけですから、ノン・ネイティヴ・スピーカーが何年かかってもそれはあたりまえのことでしょう。

もちろん、別コースのボキャビルもあります。簡単な英会話・大学受験・留学・各種資格試験用のボキャビルで、これなら(それぞれレヴェルは非常に異なりますが)辞書暗記よりはるかに簡単です。市販の単語集でOKです。他方、割り切らない限り、そのままでは永久に不満が(人によってはですが)残りますよ。

|

« 英語の語彙:雑談(36) | Main | 「アンチ・バベルの塔」の建設速度 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/11617444

Listed below are links to weblogs that reference 「アンチ・バベルの塔」による段階的ボキャビル(4):

« 英語の語彙:雑談(36) | Main | 「アンチ・バベルの塔」の建設速度 »