« 「アンチ・バベルの塔」の建設速度 | Main | 「アンチ・バベルの塔」で理解され難いこと »

コメントにお答えする(7/2006)

ぱんだ さんへ

メールありがとうございます。

「アンチ・バベルの塔」に来ていただいたことが現状を打破する何かのきっかけになればと願っています。

「語彙」が英語(=外国語)習得の最大最強の壁であることは、何年も真剣に英語を学んできた人たちにとっては、自明のことでしょう。

そして「語彙」を習得するための方法はもはや語りつくされていると思います。

語呂合わせがいい、聴くだけで覚えられる、数千語も覚えれば充分である、語源活用で画期的に語彙が増やせる(画期的という表現は明らかに事実に反する!)、多読で自然に語彙力がつく・・・・・・・・・・・

方法論は実に盛りたくさんでそれぞれに多少の効果があることも否定できない事実です。

ただし、多少の効果であって決して満足な効果ではありません。

「アンチバベルの塔」の塔主である私は、「上級学習英英辞典」をすべて暗記すれば満足な成果を得ることができる」と主張してきました。

k.y.流の満足な成果とは、見て分かる語彙(=認識語彙)に関する限り、ネイティヴ・スピーカーと同じ語彙レヴェルに達することです。ネイティヴ・スピーカーと同じようにペーパーバックが楽しめる語彙レヴェルに達することです。

私はその満足な認識語彙を「塔」の完成によって既に獲得済みであり、次の目標は活用語彙面でもネイティヴ・スピーカーのレヴェルに達することです。

ちなみに、満足な認識語彙の獲得は「知らない語彙の消滅」を意味するものでは、もちろん、ありません。満足なレヴェルの認識語彙とは、ネイティヴ・スピーカーと同レヴェルの認識語彙だということです。将来、多聴・多読・精聴・精読・辞書その他の活用によって、語彙がさらに拡大することも、ネイティヴ・スピーカーと同様です。

さて、一般に流行しているのは、「効果的楽な時間のかからないあるいは画期的な語彙習得法」です。

他方、まったく無視されているのは、「ネイティヴ・スピーカーは満足な語彙を獲得するのに20数年費やす」という事実です。

日本人が満足な日本語の語彙(5万語超)を獲得するのに必要な年数も20数年です。

英語のネイティヴ・スピーカーが英語に接する時間数を1日10時間・20年間とすると、20年間で10時間×365×20=7万3000時間になります。

また、ネイティヴ・スピーカーの語彙数は、さまざまな調査結果から、「学習英英辞典」の見出し語換算で5万~10万語だと推察され、これは「上級学習英英辞典」の語彙数に相当します。

計算の便宜上、大人のネイティヴ・スピーカーの語彙数を7万3000語 ( ほぼ妥当な数字でしょう ) だとすると、先に算出した7万3000時間を適用して、その語彙獲得時速は1語になります。

時速1語です。

こうした実際の「時速」を無視した「語彙獲得方法論」はまるで役に立たないし、誤解を蔓延させ、安易な期待を抱かせる元凶です!(さらに、満足な語彙数が、各人の多用な状況を勘案しても、5~10万語であるという厳然たる事実を指摘しない「語彙獲得方法論」も重大な欠陥を抱えている)。

私は、「覚えなければならない語彙を明確に示した学習辞典から未知語彙をピックアップしてカードに整理し暗記する」方式=「アンチ・バベルの塔」が最大時速をたたき出せる最善の方法だと確信し実行しました(他にもっと優れたただのアイデアではない実証済みの方法があれば、ぜひ、教えてください!語源活用などは典型的なただのアイデアで、実際の効果は限定的ですよ)。

その「塔」方式でも、満足な語彙を獲得する時速は5語前後。ただし、ネイティヴ・スピーカーの5倍前後のスピードです(日本語の土台があるからです)。

そんな事実をしっかり見つめて前進し続けること。自分はどこまで行きたいのかという目標をまず設定し、その行程に必要な時間を「時速」から算出する。無理だと思えば目標を小さくする。

そして、毎日のノルマを黙々とこなしていく。先のことより毎日を着実に歩む。やがて、加速がついて小さくした目標を大きく改定できる可能性も大きくなる。

以上はあくまでも「アンチ・バベルの塔」の話しですから、市販の単・熟語帳暗記と比較したりましてや混同したりしないでください。市販の単・熟語帳暗記は、せいぜい1万数千語までの語彙を極めて不十分な内容で暗記する方法で、k.y.流の満足な語彙力養成とは無縁のプロセスです(したがって時速は「塔」方式よりずっと早くなります)。

もちろん、市販の教材をマスターすればかなりの力がつきます。やらないよりはるかに上等です。だから、まず市販の教材をマスターするのも、ポピュラーで容易な方法でもあるし、得策でしょう。それで満足できるならまた上等です。価値観を含めたあらゆる面で各人各様ですから、万人向きの絶対的な基準などあり得ません。資格試験に辞書暗記を薦めるのも大袈裟・場違い・過大な要求ですし・・・・

----------------------------

パンダさん、偉そうなことばかり書いてごめんなさい。適当にはしょって参考にしていただければうれしいです。

また、メイルください。楽しみにしています。

Thank you.

k.y.

|

« 「アンチ・バベルの塔」の建設速度 | Main | 「アンチ・バベルの塔」で理解され難いこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/11927156

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(7/2006) :

« 「アンチ・バベルの塔」の建設速度 | Main | 「アンチ・バベルの塔」で理解され難いこと »