« 私の精読・精聴法 | Main | チャールズ・ディケンズの語彙(3) »

チャールズ・ディケンズの語彙(2)

To 始める 私の人生 with the 始まり of 私の人生、私は記録する that 私は生まれた ( as 私は告げられた and 信じる ) ある金曜日に、12時に 夜に

To begin my life with the beginning of my life, I record that I was born ( as I have been informed and believe ) on a Friday, at twelve oclock at night.

私の伝記を出生から始めるとして、私は(人に言われてきたことをそのまま信じて)ある金曜日の夜中の12時に生まれたと書いておく。

life - [uncountable] the story of someone's life [= biography] ( LDOCE )

ディケンズが 『David Copperfield』 を書いたのは1849年~1850年ですから、日本は幕末の嘉永~安政年間。葛飾北斎 (ukiyo-e painter, draftsman, illustrator, print designer, author) が89歳で亡くなったのは1849年(嘉永2年)。坂本龍馬は14~15歳で、剣術の修行のため土佐を出て江戸(北辰一刀流・千葉定吉道場)に向かう4年ほど前のころ。ペリーの来航が1853年で、龍馬も江戸湾の品川海岸警備にかりだされている。

150年以上も前の小説なのに、英語は読みやすい! 


|

« 私の精読・精聴法 | Main | チャールズ・ディケンズの語彙(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/12734862

Listed below are links to weblogs that reference チャールズ・ディケンズの語彙(2) :

« 私の精読・精聴法 | Main | チャールズ・ディケンズの語彙(3) »