« コメントにお答えする(13/2006) | Main | 2007年新年あけましておめでとうございます。 »

コメントにお答えする(14/2006)

ポッポ さんへ。

ちゃんと読んでいただいているのに検索などできなくて不便をおかけし恐縮です。ありがとうございます。

> リンカーンの演説は(19)までで(20)以上はないのでしょうか?

はい、(19)で当座は終了しています。

> 英語の専門家で、マーク・ピーターセン氏のリンカーンの演説についての見解は誤りであり、他にもピーターセン氏には誤りがあると指摘している方がいらっしゃいます。http://6617.teacup.com/m_kubota/bbs

その英語の専門家の方は govern は他動詞だと思い込んでいて 自動詞の用法もあることをご存じないのでしょう。私が「リンカーンの演説(4)」で指摘した薬袋善郎氏の場合と同じ間違いをしながらご本人は気付いておられない。参考のため、「リンカーンの演説(4)」を下記にコピー(1部省略)しておきます。

----------

リンカーンの演説(4)

薬袋善郎氏はなぜ、『「動詞派生名詞 of ~ by ...」というパターンで、of ~が「意味上の目的語」を示し、by ~が「意味上の主語」を示す』という間違った結論を出してしまったのか?

理由はふたつあります。

1 「動詞派生名詞 of ~ by ...」というパターンの動詞 ( リンカーンの演説の場合は govern )は「他動詞」ではなく「自動詞」であることに気づいていなかったこと

2 この演説の歴史的意味をまったく考慮しなかったこと

2 についてはあとで言及しますから、当面は1 についてのみ検討します。

薬袋善郎氏は、おそらく、「govern は他動詞である」と無意識に決め付けていたのだと思われます。他動詞の名詞構文であれば当然薬袋善郎氏の構文解釈が正しくなります。

たとえば:

「employment of young people は「若者を雇用すること」という意味になります。employ は 他動詞だからです。

ところが:

the arrival of the President は「大統領の到着」=「大統領が到着すること」という意味になります。

注意しなければいけないのは、同じ動詞が他動詞になったり自動詞になったりする場合です。

実は govern は他動詞になったり自動詞になったりします。薬袋善郎氏はひょっとしたらそれを知らなかったのかもしれません。

--------------------

薬袋善郎氏は the government of Bush, by Bush and for Bush とか the government by King とか the government by God とか実際に使われている表現をどういう風に解釈するつもりなのでしょう? たとえば the government of Bush を 「ブッシュを支配すること」 などと解釈できるはずがない。

> ネイティブスピーカーだとしても間違うものだ、と言われてしまうと迷ってしまいます。実例まであげられていますし(私にはどこが間違っているのか分かりません)。

たぶんポッポさんがご指摘の一節 ( http://6617.teacup.com/m_kubota/bbs より ) ― 「MP氏は別の著書 『心にとどく英語』(岩波書店)の 50 ページで、Yesterday, I met a beagle with amazingly expressive eyes.という文の英文解釈を誤っています」 ― ですが、私の手元にある 『心にとどく英語』(岩波書店)の 50 ページにはそんな文章はありません。

しかし、たいへん興味がありますので、どこが間違っていると件の管理人さんがおっしゃっているのかお手数ですが教えていただければうれしいです。

ちなみに、言語能力は、外国語の理解力も含めて、肩書きやいわゆる専門家であるか否かなどとはまったく関係なしに実際の能力に限って判断する必要があります。また、どんなに優れた人でも間違うのが世の常です。ましてや私など間違う可能性おおいにありです。ただし、「リンカーンの演説 the government of ・・・」に関しては、私は間違っていないと確信しています。

> それから私はこのホームページを参考にJACET8000で暗記しています。忘れるのが怖くてゆっくりとですが半分強まできました。

忘れるのは確かにいやだし怖いです。しかし、猛烈に忘れることはどうしようもない事実です。それでも、忘れても忘れても、復習していけば徐々に忘れにくくなります。5000語~1万語単位の語彙を確実に蓄積していくために必要なことは、あてにならない自分の記憶力などあてにすることではなく、絶えざる復習こそあてにするべきだと ― 他の人のことは知りませんが「私は」 ― 思っています。英語は私たちの日常言語ではなく毎日10時間内外も接しているつまり無意識に復習している日本語とはまったく違います。だから、どうしても「意識的な復習」が欠かせません。

> 単語だけではなく構文、文法にも具体的書名を挙げて、初歩から管理人様のような達人になる道標をしめしていただけるエントリーを期待しております。

語彙強化以外の英語学習に関しては他にいくらでも実証済みの学習法が提示されていますから、私は語彙強化というテーマに絞ってブログを書いています。しかし、構文や文法の学習も大好きです! ごいっしょに勉強できる機会があるかもしれません。その節はよろしくおねがいします。

他方、達人といえるようなレヴェルには程遠いのが現状です。ただ、日本語も英語もおおいに興味のあることですから、生涯学習を続けることになると思います。自分なりに上達していることは確かです。

それでは、また。

ポッポ さんもどうぞよいお年を!

Thank you.

k.y.

|

« コメントにお答えする(13/2006) | Main | 2007年新年あけましておめでとうございます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/13283236

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(14/2006):

« コメントにお答えする(13/2006) | Main | 2007年新年あけましておめでとうございます。 »