« ちょっとひとこと | Main | コメントにお答えする(11/2006) »

英語の語彙数

英語のネイティヴ・スピーカーの語彙数は、だいたい、5~6万語 ( 学習英英辞典の見出し語方式に基づいた数字 )だと述べると、猛烈に反論する人がまだまだ少なくありません。

そんなに知ってるのか?」とか「知り合いのネイティヴは驚くほど語彙を知らないぞ!」などとおっしゃる方がいくらでもおられます。

しかし、何度も述べてきましたように、語彙数は個人差が極めて大きいですから、たまたま知り合いになったネイティヴ・スピーカーの語彙を基準にして判断するのは危険です。

これも前から述べていることですが、『小学館日本語新辞典』の見出し語数は6万3000語です。「英語のネイティヴ・スピーカーの語彙数は、だいたい、5~6万語」だという主張が信じられない方は、手元になければ書店で 『小学館日本語新辞典』 をパラパラめくって未知語彙をチェックしてみてください。ほとんど理解できる語彙ばかりだという方も多いはずです。

『小学館日本語新辞典』 の編集方針によると、「現代生活に必要な約6万3000語を、現代語を中心に収録した」由。だから、ほとんどが既知語であっても何ら不思議なことはなく、私たちの日本語の語彙数は、したがって、5~6万語と推定できます。

そんな私たちの日本語の語彙数から考えて、英語のネイティヴ・スピーカーの語彙数が同じようにだいたい5~6万語だと推定してもごく妥当な判断でしょう。

そして、一般の日本人を対象とする日本語の読み物は、当然のことながら、『小学館日本語新辞典』に収録されているような語彙レヴェルで記述されているわけです。

逆に、そんな読み物をスラスラと読める日本人の語彙数は、5~6万語だということになります。

同様に、普通の英語のネイティヴ・スピーカーを対象とした英語の読み物も5~6万語の語彙レヴェルで書かれていて、楽に読むためには5~6万語の英語の語彙数が必要なことは言うまでもありません。

他方、日本語であろうと英語であろうと語彙数が5~6万語に達しない人たちも珍しくありません。そんな場合は上記のような読み物は、当然、読めないしまた読もうともしない。これも、また厳然とした事実で否定の仕様がない。

つまり、5~6万語の語彙(決して多い語彙数ではない!)がないかぎり、スラスラ(=普通に)読めないことは厳然とした事実で、この事実を 「しっかり見据え逃げないことが語彙強化の大前提です。

なお、普通に(=スラスラ / 楽に)読めるということは、読んでいる途中で未知語に遭遇してもその意味を文脈から正しく推定できるあるいはその未知語を無視してもかまわないという判断ができる語彙レヴェルに達していることを意味します。このレヴェルでは、既知語率が98%超になります。

もちろん、5~6万語獲得がいろいろな理由で不可能な場合もある。それでも、事実は事実としてしっかり認識しておいた方がいいと思います。

--------------------------------------------

下記は、前にも引用したことの在る ( http://www.nullarbor.co.jp/tg/contents/tg_5.htm  ) の記事から再度の抜粋です↓

英米人の語彙数

     理解語彙数 使用語彙数
秘書 38,300 31,500
読書家 73,350 63,000
大学教師 76,250 56,250

16 年間の学校教育を受けたイギリス人のスピーキングとライティングに使う語彙数は次のとおりである。

スピーキング使用語彙数 約 5,000
ライティング使用語彙数 約10,000

ネイティブ・スピーカーの最低線として「秘書」の語彙数を採用し、それをさらにラウンドナンバー化して、理解語数を 40,000、使用語数を 30,000 とする。そしてギネスブックのスピーキングとライティングとの1対2の関係をそのまま保つと、次のような4技能間の語彙数の関係が考えられる。

口頭英語 リスニング スピーキング
40,000 15,000
文字英語 リーディング ライティング
40,000 30,000

-----------------------------------

私の記事 ( https://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=10866873&blog_id=48616 ) も参照ください。

|

« ちょっとひとこと | Main | コメントにお答えする(11/2006) »

Comments

はじめまして。いつも見てます。
さて、あたなの説で疑問に思うところ等をいつくか

(1)テキスト90%をカバーする単語数は、日本語は1万語、インド・ヨーロッパ語族の多くは2000語。よって、日本の国語辞書の話を持ち出すのはナンセンス。

(2)秘書ではなくて、平均的ホワイトカラー事務職(経理・営業など)を一般的な例として提示すべき。秘書はボスの言葉を理解しなければならないので、概して単語数が多いと思われます。

(3)あなたがやっているのは、「いわゆる英語の学習」ではなく、百科全書派では? 2万語前後の英単語を覚えるのは重要でしょう。しかし、それ以上の丸暗記は、日本語の辞書丸暗記となんらかわらないと思います。また、それならば、ブリタニカ百科事典などを複数回通読するほうが意味があるのではないでしょうか。

(4)アンチ・バベルの塔というタイトルですが、バベルの塔により神の怒りをかって言語が分かれたのは英語だけではないはず。百科全書ではなくて語学の習得を目標にするのなら、他の複数の言語(あなたが興味を示すラテン語など)を学んでこそ意味があると思います。人間の持っている時間は有限です。

(5)とはいえ、あなたのとった方法は、昔から辞書暗記をしていた極少数の人だけでなく、それを世間に知らしめて他の人に大きな影響を与えたのは事実。それは、すばらしいと思います。私はイタリア語の基本単語を覚える方法として、アレンジして使っています。

では、また。

Posted by: biaslook | December 08, 2006 at 11:30 PM

これは大人の英語勉強法だから丸暗記で良いんじゃないの?例えば、数学に関する英語を学ぶとしたら、それぞれの概念に対応する単語を覚えればすむわけで、わざわざ向こうの数学の教科書を小学生の分から読み直さなくても良いでしょ?
逆にアメリカ史やキリスト教に関した英語を学ぶなら、単語だけを覚えてもしょうがなくて、向こうの歴史の教科書を通読したほうが早いし効果があるかもしれない。
結論として、同じ先進国として文化的に同じようなバックグラウンドを持っていて、お互い同じような事を学んだり報道しているわけで、既に持っている知識に英単語を対応させていけば全く問題ないと思う。
良く文脈で読めるからそんなに語彙は要らないとか言うけど、語彙があると見出しだけで内容がわかるようになる。その効率の良さは実際に語彙を増やさないとわからないだろうな。見出しの単語って凝った言葉や表現を使うし、短いから推量して意味を図ると酷い誤解をすることがある。

Posted by: Piko | December 09, 2006 at 10:26 AM

biaslook 氏へ。
塔の主とはまったく関係の無い人物ですが、いくつかの疑問/問題提起にお答えしたいと思います。
まず、1)については自分が調べた限りにおいて、単語としての分類の仕方に問題があるのが多いような気がします。
2)については、単に紹介された元が英語のsecretaryを秘書と訳しているだけで、指してる内容は極普通の事務員と見て問題がないと思います。(日本語の辞書ではsecretaryを秘書としているのが一般的ですが、通常英語圏で要職などに付くSecretary以外は一般事務員を指す内容です。)
3)は人それぞれの自由かと。百科事典も辞書も現物を見ることなく、浅く広い知識を扱う書物としてはそれほど差があるとは思えません。
4)これも人それぞれでいいかと。どの道、普通の人間が一生の内に学べる量は、多くの語学を深く知るには少なすぎるでしょう。ならば、幅広い語学を目指すのか母国語以外にもう一つを出来る限り高めるかに差は無いと思います。

Posted by: もにもに | December 09, 2006 at 08:56 PM

もにもにさん
きちんと論理立ててお答えいただきありがとうございました。なるほど、と理解が深まりました。

Posted by: biaslook | December 10, 2006 at 04:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/12964658

Listed below are links to weblogs that reference 英語の語彙数:

« ちょっとひとこと | Main | コメントにお答えする(11/2006) »