« 復習の素晴らしさ | Main | 英語の語彙:雑談(39) »

チャールズ・ディケンズの語彙(15)

それは事実である which will be 長く記憶される ~として 注目すべき そこでは( d- t-)、 that 彼女は決して溺れなかった、 but 死んだ 意気揚々と ベッドに寝て、92歳で

It is a fact which will be long remembered as remarkable down there, that she was never drowned, but died triumphantly in bed, at ninety-two.

私の郷里の忘れがたい思い出になると思うが、この老婆が溺死などしなかったどころか92歳まで生き抜いて大往生を遂げたことはさすが大網膜といえる。

溺れるdrown はまったく同じではない:

溺れる - 必ずしも死ぬとは限らない
泳げないために、水中で死にそうになる。また、水中に沈んで死ぬ。( 小学館 日本語新辞典 )

drown - 必ず死ぬ
[intransitive and transitive] to die from being under water for too long, or to kill someone in this way:
Many people drowned when the boat overturned.
Jane was drowned in the river.                  (LDOCE)


|

« 復習の素晴らしさ | Main | 英語の語彙:雑談(39) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/13333946

Listed below are links to weblogs that reference チャールズ・ディケンズの語彙(15) :

« 復習の素晴らしさ | Main | 英語の語彙:雑談(39) »