« コメントにお答えする(1/2007) | Main | 心のときめきがなければ覚えられない? »

生涯で出会わないような語彙まで覚えて復習すべきか?

私のブログで繰り返し述べてきたことですが、選りすぐりのエキスパート・グループがコーパスに依拠して必要語彙だけを編纂・記述した「学習英英辞典(ネイティヴ・スピーカー用の辞書とはまったく別のもの)」に不要な語彙はありません。

ただ、「① ネイティヴ・スピーカー」の場合、英語に触れる時間数は「② 日本人」の100倍(学校時代)~20万倍くらいになるため、通常レヴェルである5万語~10万語(人によって格差が大きい)の語彙に関しては、英語で生活や仕事をしていること自体が復習になっているため、日本人のするような復習は必要ありません。

また、英語に接する時間の長さがあまりにも違うために① と ② が接する英語・語彙の質・量もまるで違ったレヴェルになります。だから、「学習英英辞典」の語彙は ① が通常接する可能性の高い語彙ばかりを収録した辞書ではありますが、② にとっては生涯出会わない語彙があるかもしれません(出会わない率も人によって格差が大きい)。

したがって、「人生で一度出会うかどうか分からない単語を繰り返し復習する必要があるのかどうか」という疑問に対しては、「それは 各人で判断されたらいいことだ」とお答えするしかありません。あなたが「これは不要だ」と判断される語彙は あなたが無視されたらいいだけです。そんな語彙はどんどん無視されるべし。その辺の判断は各人各様だと考えます。

私は、「学習英英辞典」の語彙はすべて覚えましたし復習も続けています。「その威力は知る人ぞ知る!!」。

そして、英語学習の真のブレイク・スルーは「英語力=英語の(音声も含めた)語彙力」という事実を認識できたときに訪れると確信しています。

追記:趣味・専門・業務などで必要な語彙及び特殊なスラングや新語などについては必要に応じて「学習辞典」とは別に対処すべきことはみなさん先刻ご承知の通りです。

|

« コメントにお答えする(1/2007) | Main | 心のときめきがなければ覚えられない? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/13684915

Listed below are links to weblogs that reference 生涯で出会わないような語彙まで覚えて復習すべきか?:

« コメントにお答えする(1/2007) | Main | 心のときめきがなければ覚えられない? »