« 英語で書く難しさ | Main | 語彙耐性の強弱は自然 »

チャールズ・ディケンズの語彙(21)

何か奇妙なものがある to me、 今でさえ、 in the 内省 that 彼は決して私を見なかった; and 何かもっと奇妙なもの さらに in the 影のような 思い出 that 私が持つ of 私の最初の子どもじみた連想s with 彼の白い墓石 in the教会の境内、 and of the名状しがたい同情 私がよく感じた for it 横たわっている 外に 単独で そこで in the暗い夜、 when 我々の小さな居間 was 暖かくそして明るい with 炉の火 and ロウソク、 and theドアs of 我々の家 were - ほとんど残酷に、 it 思えた to me 時々- かんぬきがかけられ and 施錠されて against it

There is something strange to me, even now, in the reflection that he never saw me; and something stranger yet in the shadowy remembrance that I have of my first childish associations with his white gravestone in the churchyard, and of the indefinable compassion I used to feel for it lying out alone there in the dark night, when our little parlour was warm and bright with fire and candle, and the doors of our house were - almost cruelly, it seemed to me sometimes - bolted and locked against it.

父は私を一度も見たことがないんだと思うと今でも何か不思議な気がするし、幼い私が教会の庭の父の白い墓石をはじめて目にしたときの他愛無い感想や、みんながこじんまりした居間の炉辺でぬくぬくとしてローソクも明るく点していた夜、いつもポツンと闇の中に放置されていた何とも哀れな墓石のことや、そして、ときには残酷じゃないかと思えるほどドアのことごとくに閂(かんぬき)をかけ錠をおろしてその墓石を締め出していた家のことをおぼろげに思い出すと、もっと不思議な気持ちになる。

訳すのに、出来映えは別にして、苦労しました! みなさんも翻訳してみてください。

|

« 英語で書く難しさ | Main | 語彙耐性の強弱は自然 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/13934303

Listed below are links to weblogs that reference チャールズ・ディケンズの語彙(21) :

« 英語で書く難しさ | Main | 語彙耐性の強弱は自然 »