« 進化しないリスニング教材 | Main | なぜ「塔」ブログを書いているのか? »

なぜ手間・暇のかかるカードを使用するのか?

「アンチ・バベルの塔」 の本来の目的は、5000~1万語単位で現代英語の語彙を強化することです。

そして、それなりの大人の標準的な語彙 (=ネイティヴ・スピーカーのの高校生~大学生レヴェル) を習得するのが目的であれば 「① 中級学習英英辞典 ( or それに匹敵する英和辞典)」、教養ある大人の語彙に迫りたいのであれば 「② 上級学習英英辞典 ( or それに匹敵する英和辞典)」 で塔を築く必要があります。

「塔」 を築くことは、各自の現行の語彙に5000~1万語単位で新たな語彙を追加することです。

具体的には、① であれば約1000ページ、② であれば約2000ページの辞書と格闘することです。

① であれ ② であれ、通読するだけでも大変価値のある辞書です。辞書の各語彙をていねいに読むだけでも、たとえば「やさしいものをとにかくたくさん多読」するだけの学習に比べて、英語の理解は格段に進みます。

未知語彙をマーカーなどでチェックしながら辞書読みを実行すれば、それなりに語彙も増えます。

ただし、① や ② を1回通読するだけでもけっこう根気・時間を要する作業ですよ。

ましてや、マーカーなどでチェックした未知語彙を、分厚い辞書を手にして5~10回繰り返し復習する作業はほんとうにきつい。

しかも、マークした未知語彙をそんなやり方で覚えきれるかというと、それは完全に不可能です。現に、私は何度も失敗しました。そんなやりかただけではなく、みなさんが想像できるありとあらゆる (カードを使う方法以外の) やりかたも、もちろん、試しましたが、5000~1万語単位の語彙増強にはことごとく失敗しました。

だから、最初からカード方式を採用したのではありません。 ありとあらゆる方法で試行錯誤したあとでの最終結論がカード使用を切り札とする 「塔」 方式だったのです。

1000~2000ページもの辞書のチェックした箇所を何回読んでも5000~1万語単位の語彙増強は無理です。納得できない方はぜひぜひ試してください! 成功したら、つまり自分で実証できたら、みなさんに教えてあげてください。その場合、私は喜んで「塔」を永久に閉鎖します。

-------------------

前に記述したカード使用に関する記事を、参考のため、再録しておきます ( なお、「塔」建設中の記事であることを念頭において読んでください )↓

暗記媒体としては情報カードが最善だと思います。「アンチ・バベルの塔の建設法」で私が書いたカードをぜひ試してください。

安価なカードですし、まず試されるよう強くお勧めします。使ってみなければ便利さが実感できないと思いますが、たいへんな優れものです。また、使っているうちに、独自の自分にあったカードの利用法も案出できるでしょう。

情報カードの他にない利点は、「物理的な区切り」を明確にできることです。本のように綴じた形式では不可能なことです。

暗記法などはありません。真っ向から覚える「正攻法」です。ただし、自分なりにどんな方法でも試してみたら楽しいですね。また、コーヒーの染みがついた単語なども記憶しやすくなります。

私は、夢の中でしゃべる言葉の半分が英語で、語彙カードもよく夢の中に登場します。語彙の列が、覚えている順番に、映画のフィルムのように、ゆるやかに回転するのです。つまり、私の脳は夢の中でも復習をしているわけです。最初はびっくりしましたが今は楽しみになりました。

私は、音声ツールはほとんど使いません。発音記号を見れば完璧に発音できるからです。

発音記号をマスターされていないなら(=すべてのスペルを発音記号で表記できないのであれば)音声ツールを併用して発音記号を徹底的にマスターしましょう。発音に関しては「英語耳(松澤喜好 著)ASCII刊」が好著です。

カードはパンチで穴を開け、リングで50~100枚単位でまとめて持ち歩くといいです。復習などの区切りは色の「ふせん」を張っておくと便利です。

最初は50枚ほど貯まるまで毎日復習しましょう。完璧に覚えたら、10日間ほど復習の間隔を置いても大丈夫です。最終的に1ヶ月程度の間隔までもっていければいいでしょうが、私もまだそこまで踏み切れません。

どうしてもやる気のしないときや時間のないときは「復習だけ」にしましょう。復習さえしておけば、たとえ6ヶ月や1年の間新規の記憶が途切れても、復習している分だけは確実に脳内に蓄積されていますから、また再開できます。時間は貴重ですぞ!

記憶の定着していない語彙を1週間以上放置するとちょっとやばいですよ。

Have fun!

--------------------------

「アンチ・バベルの塔」検証(1)で次のように書きました。

『 3.カードを使用すること

カードだから、携帯・着脱・その他の取り扱いが自在で容易です。数十枚~100枚単位でパンチ穴をあけてリングに通し付箋を利用して復習した部分を区切っていけばたいへん効率よく繰り返し学習が可能になります。その他自分なりにいろいろな利用法を考案して能率アップを図れるはずです。ノートやルーズリーフよりずっと優れていますからぜひカードを使いましょう。必ずそのよさを実感できます。実際に使って見なければ分からないでしょうが、あらゆる方法を試してきた私の証言ですから確かですよ。』

このカードにはさらにもう一つの特徴があります。大きさです。182×128ミリの規格でいわゆる「単語カード」とはまったく異なるカードです。個々の語彙を個別に書き込む「単語カード」と違って4~5つの語彙の定義やら例文やらを表に書き込めるし裏面いっぱいが空いているので図その他の追加情報を後で追加することができます。前にも述べましたが、1枚に数個の語彙を書き込む方式の方が「単語カード」方式よりはるかに覚えやすいのです。前後の語彙の関連も分かりやすいしその分イメージも定着しやすいからです。

故・品川嘉也(生理学者)著 『右脳理論によるスーパー記憶術(ごま書房)』のなかで次のように書いておられます(タイトル以外の太字はk.y.)。

(引用開始)

18 記憶カードは表にキーワードを書き、裏に関連情報をたくさん書き込むと効果的

(k.y.注: 「アンチ・バベル」のカードは表・裏ではなく左に各語彙と例文・右にその定義を書いて、裏面は、将来に関連情報を追加して塔を充実させるために空けてあります。同じ面に定義を書いたほうが忘れた時に早くチェックできる利点もあります)

 メモやノートのほかに、情報を書き付ける道具として私たちはカードをよく使う。もっとも代表的なのが、いわゆる単語カードと呼ばれる、短冊状のもの。表に英単語、裏にその意味を書き込んで、何度も繰り返し眺めた経験のある人も多いことだろう。
 カードといえばこれしか思いつかない人もあるかもしれないが、記憶の効率を考えると、じつはこうした小さなカードは、不適当なのである
 表に英単語、裏にその意味というのは、いかにも簡潔で、覚えやすいように思われるかもしれないが、これが間違い。その上何度も言ってきたが、そもそも情報というのはあるまとまりがなければ頭にはいらないし、定着しない。だからカード学習でも語とその意味だけのいわばバラバラの小さな用語・単語帳では、記憶を増やす助けには、ほとんどなりえないと考えた方がいい。(k.y.注: みなさんが「丸暗記はダメ」という理由のひとつは、この「バラバラの単語集」のイメージかもしれません
 したがって記憶のためのカード術を考えたら、もっともいいのは、まず、ある程度の書き込みができる最低ハガキ大の大きさのものを使うこと。学生の単語カードでは、表は一語でもいいが、裏には、意味のほか、その語を使った構文や用例を書けるくらいのカードを使うのだ。
 これは当然ビジネスマンにも応用はきく。ふつう、メインのキーワードがあればそれに関連するキーワードがあるはずで、それを拾い上げる。そして、それらをイラストや記号で結ぶ。あるいは、裏には、また後ででも、雑誌や本で気になる内容が見つかったら、それをコピーして適当なキーワードの項に貼り込んでいく。もちろん盛り込む情報が多すぎては、本と同じでカードの意味もなくなるが、その点ではハガキ大のスペースが、はいる量もしれていて、まさに左脳の整理速度に合ったものということができる
 左脳の整理速度がスロー過ぎては、雑念がはいって脳が道草をくってしまうが、今いったように、記憶のためには、カードも、ある情報のまとまりがあったほうが、左脳の最高速度を維持でき効率的なのである。 (引用終止)

私は、経験を通じて、品川先生とまったく同じ結論に達していたことになります。

----------------------------

何はともあれ実行あるのみ! 口だけでは時間のむだです。


|

« 進化しないリスニング教材 | Main | なぜ「塔」ブログを書いているのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/13812450

Listed below are links to weblogs that reference なぜ手間・暇のかかるカードを使用するのか?:

« 進化しないリスニング教材 | Main | なぜ「塔」ブログを書いているのか? »