« 真の語彙強化(2) | Main | 「塔」の画像をとりあえずアップしました »

真の語彙強化(3)

「アンチ・バベルの塔」 でいうネイティヴ・スピーカーとは 「コーパス人」 あるいは 「ホモ・コルプス」 のこと。

前回に、「生身の人間を念頭に置く限り、語彙力強化の基準にできるようなネイティヴ・スピーカーは存在しないことになります。しかし、それでは 「アンチ・バベルの塔」 の建設が不可能になってしまいます。 問題の突破口を見つけなければなりません」 と書きました。

「問題の突破口」 とは 「過不足ない語彙を持つ人」 を仮定することです。 

生身のネイティヴ・スピーカーの語彙は各人バラバラでどの人の語彙も私たちの語彙強化の目標にはなりえないから、 「過不足ない語彙を持つ架空の人」 を1種の理念型として想定するわけです。

理念型と言えば、ご存知の方も多いでしょうが、元来はイデアルティプス ( idealtypus ) の訳語です。

---------------

イデアルティプス Idealtypus <理念型> もしくは <理想型> と訳される。 ドイツの社会科学者マックス・ヴェーバーが社会科学で用いられる諸概念の特質をいいあらわすために提唱した言葉である。ヴェーバーによれば、経験的にあたえられる現実態は無限に多種多様であるから、これを社会学的に認識しようとする場合には、どうしても、研究者が自己の関心をもつ一定の観点 (認識理念 ) にもとづき、これに関係ある側面だけを思考によって抽象し、そこにまとまった一つの意味をもつ思想像をつくり、この思想像を用いて現実態の理解をすすめてゆくほか仕方がない。このようにしてつくられた思想像がイデアル・ティプスである。たとえば、経済史などで用いられる <都市経済> という概念をとってみれば、それは、観察された歴史上のすべての都市のうち、あるところには多く、あるところには少なく、ところによっては全くないというように散在する個々の現象を、まとまった一つの意味をもつ思想像に結合するところに成立する一つのイデアル・ティプスである。ヴェーバーが社会科学の研究をすすめる上に用いた諸概念、たとえば資本主義、伝統主義、カルヴィニズムなどは、すべてイディアル・ティプスである。自然科学の研究で用いられる諸概念が現実態の一般的法則的な側面を抽象してつくられるのにたいして、イデアル・ティプスは現実態の個性的な側面を純粋に表明するためにつくられるという点に特徴がある。

『世界大百科辞典 (平凡社 1955年版)』 より引用

------------------------------

私は、「アンチ・バベルの塔」 を体現する理念型を 「コーパス人」 と命名することにします。

英語では 不可算名詞の Corpus Man ラテン語風にして Homo corpus = ホモ・コルプス としておきましょう (ことば遊び塔主の造語です!)。

冗談ついでに、ホモ・コルプスの始祖が私です。

|

« 真の語彙強化(2) | Main | 「塔」の画像をとりあえずアップしました »

Comments

k.yさん、こんにちは。
以前、書き込みをしたものです。
長く足踏み状態が続いていますが、最近、Longman Dictionary of American English を読書しています。暗記はしてません。あくまでも趣味ということで、です。
辞書の面白さが分かってきたように思います。

まだ始めたばかりですが、alarm という単語で発見がありました。私は勝手にこの単語を「警戒させる」という意味だとばかり思っていました。辞書を読み始めて初期の段階で英語の基本がなっていないことを露呈してしまいました。

この単語の動詞の語義は "to make someone feel very worried or frightened" でした。frighten とか shock などの類義語であり、warn の類義語として、thesaurus に引っかかりませんでした。(オクスフォードとcobuild )

名詞としては、ロングマンでは3つの語義とも警戒に関連するものだったのですが、上記のthesaurus に拠れば、第一語義として、fear, anxiety 第二語義でやっと「警戒」という言葉に関連してくるのですが、それは warning sound と warning device であって、warning ではない、とのことです。

alarm という単語の動詞としての用法は、名詞のそれより下位にあることからして、あまり使われないのでしょうね。勉強になりました。

とりあえず、続く限り、読書したいと思います。

Posted by: N'djamena | March 30, 2007 at 12:03 PM

N'djamena さん、こんにちは。

興味深い話題をありがとうございます。

alarm は「警戒させる」という意味ではないのか否か?

おもしろい問題です。

一般的には N'djamena さんが指摘してくださったとおりだと思います。

他方で、たとえば『ロングマン英和辞典』で「動詞の alarm」を引くと、「(人)を不安にさせる、に警鐘を鳴らす」と記述して、2つの意味の使用頻度を同列に扱っています。

まずは英英の語義説明に依拠すべきですが、それを日本語で説明する場合には必ず齟齬が生じます。日英の場合も、ご承知のように、同じです。

あいまいさを許容する言語現象のおもしろい側面だと考えています。

話しはやや脱線しますが、『ロングマン英和辞典』で「maybe」を引くと5つの頻度順の語義記述があって、最初の語義が「たぶん、ことによると」になっています。

マーク・ピーターセン氏は maybe は決して「多分(強い可能性を示す表現)」ではないと強く主張されていますが、私は「たぶん / 多分」には「ことによると」という意味で用いられる場合もあると思います。

『ロングマン英和辞典』は、「正しい/正しくない」ということより、実際行われている用法を重視する編集方針です。

「多分」は、本来はマーク・ピーターセン氏の主張する「強い可能性」を示す語彙ではあるが、ときにはもっと軽く「ことによると」という意味で使われる場合もあって、両義ともに実際に行われているのでしょう。

『ロングマン英和辞典』は日本語コーパスにも依拠しているわけですから、「たぶん」は「ことによると」と同義で使われることのほうが多くなっているのでしょうか?

ややこしい問題でもあります。

以上、N'djamena さんの論点とはかなりずれてしまったかもしれません。ご容赦のほどよろしくお願いします。

Thank you.

k.y.

Posted by: k.y. | March 30, 2007 at 05:43 PM

k.yさん、こんにちは。
私の勘違いかもしれませんがブログの初期のころに塔が完成したら画像UPというような話があったと思います。私も小さいながらも塔を建て始めたのですがなかなか思うようにはいきません。
もしよろしければ語句の記述や塔の保存場所などの
画像を見せていただけないでしょうか。勝手すぎるお願いなので嫌ならこのことはまったく気になさらないで結構です。

Posted by: naoto | March 30, 2007 at 07:31 PM

早速のご返答ありがとうございます。

alarmist についても「警鐘を鳴らす人」だと思ったら、「無駄に警鐘を鳴らす人」でした(笑)。

albino 白子 は、最近、「白人の起源は白子であり、彼らはアフリカで差別され、集団移住した。その伝説がモーゼの話となった」という面白い話を思い出し、ちょっとGoogleにふけってしまいました。結構信じている人もいるようです。

Posted by: N'djamena | March 31, 2007 at 04:54 AM

naoto さんへ。

確かに画像アップの約束をしました。

そのことをたまに思い出しながら、アップの仕方をチェックするのが億劫で、怠慢に任せてそのままになっていました。

近い内に(うまくいけば)アップするつもりですのでしばらくお待ちください。

なお、カードは全部で3580枚で100枚毎にリングでまとめて1セット(塔の1階)とし、塔の高さは35.8階(高さ約67センチ)です。今、改めて確認しました。搭載語彙数は約2万語で 『Random House Webster Intermediate English Dictionary (522ページ)』『Cambridge Advanced Learner's Dictionary (1571ページ)』から選択した語彙です。

普段は、常に復習しているため、積み上げてはいません。書斎(42平方メートル)フロアのどこかに置きながら、順に取り上げて復習しています。

Thank you.

k.y.

Posted by: k.y. | March 31, 2007 at 03:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/14449051

Listed below are links to weblogs that reference 真の語彙強化(3):

« 真の語彙強化(2) | Main | 「塔」の画像をとりあえずアップしました »