« チャールズ・ディケンズの語彙(23) | Main | 真の語彙強化(1) »

母語の語彙蓄積と英語の語彙蓄積(3)

前回に次のように書きました。

--------------------

母語である日本語の場合未知語彙の習得 = 未知概念の既知化になる。

他方、 外国語である英語の場合未知語彙の習得 = 既知概念の英語化になる。

---------------------

だから、英和辞典の訳語 ( あるいは説明 ) を見るだけで英語の語彙を理解することができる。 

しかし、日本語の語彙が不足していると困ったことになる。

日本語を知らない、つまり日本語の語彙を見てもその概念が理解できない、したがってその概念を表す英語の語彙も理解できないし覚えられない、という困ったことになります。

こんな場合は、その日本語の語彙の概念を理解し覚えることがまず必要になります。 

これがなかなかできない。 覚えるべきときに覚えていないと後になって概念の理解からやり直すのはそんなに容易なことではない。 日本人の成人の標準語彙数は5万語前後ですが2万語ぐらいしかない人もいる。 そんな人が、たとえ母国語でも、成人してから1万語単位で語彙を増強するのは難しい。

大学受験生などは市販の単・熟語帳を暗記するわけですが、日本語の貧弱な受験生になると、たとえば capitalism という英単語に資本主義という訳語が添えてあっても資本主義の概念が理解できていないことがある。 だから 「 いわゆる丸暗記 」 してそれで終わりになりがちです。 しかし、「 いわゆる丸暗記 」 をしても覚えたことにならないのは当然です。

このことだけからでも、ある人の英語力の上限はその人の日本語力によって決まるということがよく分かります。

ちなみに、「資本主義」 を小学生用の 『 くもんの学習国語辞典 』 を引くと ― 資本家が、労働者を雇って品物を生産し、それを売ってもうける経済の仕組み ― と書いてあり、「 capitalism」 をアメリカの小中学生用の 『 Longman Study Dictionary of American English 』 を引くと ― a system in which businesses belong mostly to praivate owners, not to the government ― と書いてある。 同じ言葉でも視点の異なっている点がおもしろい。

さらに、学習上級英英辞典 『 Longman Dictionary of Contemporary English 』 を引くと ― an economic and political system in which businesses belong mostly to private owners, not to the government ― と書いてあって、小中学生用の 『 Longman Study Dictionary of American English 』 とほぼ同じ。 学習英英辞典は小学生の語彙で記述されていることが分かる。

参考のため、ネイティヴ・スピーカー用の英英辞典 『 The American Heritage Dictionary of the English Language 4th 』 を引くと ― An economic system in which the means of production and distribution are privately or corporately owned and development is proportionate to the accumulation and reinvestment of profits gained in a free market ― と書いてある。

他方、 『デジタル大辞泉』 を引くと ― 封建制度に次いで現れ、産業革命によって確立された経済体制。生産手段を資本として私有する資本家が、自己の労働力以外に売るものを持たない労働者から労働力を商品として買い、それを上回る価値を持つ商品を生産して利潤を得る経済構造。生産活動は利潤追求を原動力とする市場メカニズムによって運営される。キャピタリズム。― と書いてある。


|

« チャールズ・ディケンズの語彙(23) | Main | 真の語彙強化(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/14289192

Listed below are links to weblogs that reference 母語の語彙蓄積と英語の語彙蓄積(3):

» 漢字検定 口コミ情報 [漢字検定 口コミ情報]
漢字検定 口コミ 最新RSS [Read More]

Tracked on March 17, 2007 at 03:36 PM

» 言語学講座 [言語学講座とは?言語学講座の情報館]
言語学講座に関するいろんな情報を紹介しています。 言語学講座の基礎的な知識や、いろんな言語についての考察。言語学講座に役立つ情報が満載です。 [Read More]

Tracked on March 17, 2007 at 08:25 PM

» 大学受験の資料、請求してみました。 [大学受験の資料請求って?]
大学受験の資料請求RSS情報 [Read More]

Tracked on March 19, 2007 at 09:36 PM

» 投下した資本はどれだけ生産性をあげたか [経理の現場とIPOと]
労働生産性は、従業員1人あたりどれだけの 付加価値を生み出しているのかを表してい... [Read More]

Tracked on April 10, 2007 at 07:42 AM

« チャールズ・ディケンズの語彙(23) | Main | 真の語彙強化(1) »