« 『ニューズウィーク日本版・2007 - 4・25 号』 の記事に対するコメント(1) | Main | 英語の語彙学習の定義と各自の学習 (1) »

『ニューズウィーク日本版・2007 - 4・25 号』 の記事に対するコメント(2)

前回に引用した「ひたすら暗記するしかない。どれだけやっても終わりがない。語彙の学習には、単調で非生産的なイメージがつきまとう」 ということについてもうすこし考えて見ましょう。

私は 「終わりがない」ことはない。 「終わりはある」 ― 「上級学習英英辞典」 に掲載されている語彙をすべて覚えたら、認識語彙に関しては、日本語と変わらなくなる。それで終わりにすればいい ― と言いました。

それを超える語彙は、日本語の語彙を蓄積するように ― つまり、いろいろな読書を楽しんだり情報を収集したり勉強したりする内に ― 蓄積していけばいい。

さて、「終わりは必ずある」のだが、その終わりに到達するためにはどのくらい時間が必要なのか

「塔」 建設を開始する前提条件は、英英辞典の語義説明を充分に理解するのに必要な数千語の基礎語彙が既にあることは当然のこととして、「見出し語の6割内外が既に既知語彙であること」 です。

ページあたりの見出し語が20であれば未知語彙は8つ、30であれば未知語彙は12個程度であることが前提条件です。

「上級学習英英辞典」の見出し語総数はだいたい5万内外だから、その内の3万語ぐらいは既知語彙である必要があります。そうでないと挫折する可能性が実に大きくなる

その段階に達していない人は 「中級辞典」 や 「初級辞典」 や 「入門辞典」 など、各人に応じたレヴェルからスタートすればいい。

上記の前提条件があるとして:

「上級英英学習辞典」 の場合はどの辞書でもだいたい2000ページ前後。 

「塔」 方式ではまず未知語彙を選択してカードに転記する作業があり、その転記作業は、毎日7ページこなしていけば1年間弱、2ページなら3年間余り、1ページなら7年間弱、半ページなら14年間弱で終了します。

その転記作業に要する総時間数は約5000時間。 これは、英検1級合格に要する総学習時間(学校教育も含む)に匹敵します。 決して無駄な時間ではありません ― やってみればわかります。 辞書を丹念に読まざるを得ないわけですから濃密な勉強そのものです。 もちろん、この作業をしながら相当数の語彙は、記憶程度の強弱は別にして、頭に残ります。

プラス、暗記だけに要する時間が1000~2000時間から。 この時間数は人によってかなりの差が生じるでしょう。

さらに、できるだけ毎日30~1時間 ( 徐々に短くなる ) の復習が必要です。

そんなに時間が要るのか!? と思いますか?

しかし、私たちが日本語の大人の認識語彙5万前後を獲得するのにほぼ22年間 (1日8時間日本語に接しているとして約6万5000時間) かかっているわけですから、外国語である英語の語彙を獲得するのに数千~1万時間要しても何も不思議なあるいは不合理なことはないでしょう。

やっぱり、そこまでできない?

それなら、達成レヴェルをごく普通のネイティヴの大人の語彙数まで下げたらいいと思います。 それでも、ネイティヴのレヴェル(特に低いレヴェルでは決してない) です。普段の生活やベストセラーを読むのに困ることはほとんどない。

そのレヴェルは「中級学習英英辞典」、もっと具体的に言うと、たとえば、『Longman Dictionary of American English ( 1055ページ) 』 です。

総ページ数は1000ページ、見出し語総数は約2万語。負担は一挙に軽くなる。 毎日数時間学習できる学生であれば在学中に充分達成可能。 しかも、達成レヴェルは、日本人としては極めて稀で高いレヴェル。

だから、この中級レヴェルを達成目標にしてやり通せたら、瞠目(どうもく)すべき成果になりますよ! 

そして 「中級」 を終えたら (それで終了にしても御の字だが) 、「上級」 の背中が見えてくる

|

« 『ニューズウィーク日本版・2007 - 4・25 号』 の記事に対するコメント(1) | Main | 英語の語彙学習の定義と各自の学習 (1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/14853425

Listed below are links to weblogs that reference 『ニューズウィーク日本版・2007 - 4・25 号』 の記事に対するコメント(2):

« 『ニューズウィーク日本版・2007 - 4・25 号』 の記事に対するコメント(1) | Main | 英語の語彙学習の定義と各自の学習 (1) »