« コメントにお答えする(4/2007) | Main | 若いときはよく覚えられたのに!と嘆いているひとたちへ »

コメントにお答えする(5/2007)

mayu さんへ。

身に余るコメントをいただき面映ゆいかぎりです。

それでも、ストイックに取り組んでいることは確かです。そういう癖(へき)は若いころからありました。
ヨーロッパ中世の修道院でひたすら古典に沈潜し得た文人たちにひそかな憧憬の念を抱くことさえあります。

現代人なら池内恵(さとし)さん。 2006年4月26日の読売新聞に ― テレビのない家で育った。父はドイツ文学者の池内紀さん。あふれていたのが、文芸誌や総合雑誌の数々。群像、文学界、すばる、文芸春秋・・・・。毎月送られてくる雑誌の小説や論文を、小学5年のころから「全部読んで」生長した。古典や文学全集も片端から読み尽くした。J・S・ミル『自由論』やマックス・ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』を手に取ったのは、小学5年の時である。「テレビをみないので、すべての物事を言語化し、概念化する感覚が身についた。文学作品は感動するというより、文章の真髄に接するという感じでした」 ― という池内さんの自己紹介が載っています。

これまた憧れ、ただの俗物 ( philistine ) の憧れ! 

さて、独りよがりの余計な話はさておいて:

> 来年はぜひ1級にチャレンジしたい

賛成です。TOEIC800点はその好機を示していると思います。何かと批判のある英検ですが、そのためにする勉強には少なからず価値があります。無駄には決してならない。本格的に勉強するための礎石なります。

> 私の現在の獲得語彙数は約1万語

mayu さんの若さを勘案すると、将来がほんとうに楽しみです。

ご存知のように、イディオムその他のチャンク表現も、 (語彙テストになじまないし辞書の見出しにもならないためややもすると軽視されがちですが) 単語に劣らず大事ですから、しっかり習得したいものです。

> 私の英語学習の目的は主に、海外の書籍を原書で楽しみたい!

それに関連して、もう読まれたかもしれませんが、最近、行方昭夫著 『英文の読み方(岩波新書)』 が出版されました。みなさんにお勧めしたいおもしろい本です。「やさしいものをたくさん式の多読」と併行する「語彙の正確な理解に基づく徹底した精読」 の重要性を強調しています。

外国語学習に関しては、これも既読かもしれませんが、渡辺照宏著 『外国語の学び方(岩波新書)』 。外国語学習者にとってはまさに古典的存在でしょう。

もう1冊は、「英語学習」 とは離れますが、五嶋節著 『「天才」の育て方(講談社現代新書)』。外国語の勉強にも直接あるいは間接に関連する話しがたくさん出てきます。

> とりあえずPass単などの市販の単語帳を制覇した後に挑戦したいです!!

正解! 

> カードの作成と同時に音声ライブラリの作成(と繰り返しの精聴)が必要。音声ファイルを作成する場合、自分で声をふきこむと一石二鳥(発音と意味を言うだけでも一度は復習することになるため)。

まさにその通りでしょう。

ただ、私の場合は発音記号があれば完璧に発音できるので、臨機応変に声を出しています。もちろん、書くこともあります。 myalgic encephalomyelitis ( マイアルジックエンセファロマイアライティス=筋痛性脳脊髄炎) などは何度も何度も声を出したり書いたりして覚えました。

また、発音記号を見て発音しているつもりになるだけで脳は実際に音読したのと同じ反応 を (実際に声をだすより弱い反応ながら) 示すという実験結果が発表されていますから、声を出すと不都合な場合などはそのつもりになって文字を追うだけでも効果ありと言えます。私の経験上もそんな実感があります。

いずれにしても、音声を無視して語彙を覚えるなど暴挙です!

もちろん、手間暇を厭わないで音声ライブラリーを作成し利用できるなら 最高でしょう。

Happy learning !

Thank you.

|

« コメントにお答えする(4/2007) | Main | 若いときはよく覚えられたのに!と嘆いているひとたちへ »

Comments

返信が遅くなってしまって申し訳ありません。丁寧なコメントと励ましをありがとうございました!

音声ライブラリを作成するのはやはり手間がかかって大変ですよね。k.y.さんのように、まずは発音記号に精通して、どんな単語も発音記号を見て、自分が正確に発音できるようになれば、自分の声がその役割を果たしてくれてるようになると思います。私も、もっと発音に自信が持てるまでは音声付きの教材に頼りますね^-^

> 行方昭夫著 『英文の読み方(岩波新書)』
> 渡辺照宏著 『外国語の学び方(岩波新書)』

ご紹介ありがとうございます。これらの本は未読でした。今度本屋さんで探してみます。k.y.さんは英語力のみならず、高い教養をお持ちですばらしいです。やっぱり質の高い文章を書くためには、先人が残した名文にたくさん触れることが最も大切ですね!!

英検1級ですら、今の私には大それた目標ですが、合格したら必ず報告します。その次は、いよいよ辞書暗記の道に乗り出すことになりそうです!まだまだ先は長いですが、このブログを励みにがんばりますね。

Posted by: mayu | June 17, 2007 at 02:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/15223478

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(5/2007):

» 文学オンライン作品の紹介 [文学オンライン作品の紹介]
文学オンライン作品の紹介をしています。少しでも役に立てたらうれしいです。 [Read More]

Tracked on May 28, 2007 at 10:47 AM

» 英語学習の基本 [TOEIC対策&勉強法〜これで攻略間違いなし!!]
TOEIC講座、特に入門、初心者TOEIC対策、スコアアップ勉強法を伝授します! 基礎英単語や英文法は大切です! [Read More]

Tracked on May 30, 2007 at 12:05 AM

« コメントにお答えする(4/2007) | Main | 若いときはよく覚えられたのに!と嘆いているひとたちへ »