« 語彙強化の究極目標と知的正直(1) | Main | 語彙強化に関する発想の転換 »

語彙強化の究極目標と知的正直(2)

前回に、「英語の認識語彙レヴェルを自分の日本語の認識語彙レヴェルに近づけること上級学習(英英)辞典を暗記すること」 が語彙強化の究極目標だと書きました。

ところで、私は、以前に「真の語彙強化(3)」 という記事を書きました(下記参照)。

----------------

真の語彙強化(3)

「アンチ・バベルの塔」 でいうネイティヴ・スピーカーとは 「コーパス人」 あるいは 「ホモ・コルプス」 のこと。

前回に、「生身の人間を念頭に置く限り、語彙力強化の基準にできるようなネイティヴ・スピーカーは存在しないことになります。しかし、それでは 「アンチ・バベルの塔」 の建設が不可能になってしまいます。 問題の突破口を見つけなければなりません」 と書きました。

「問題の突破口」 とは 「過不足ない語彙を持つ人」 を仮定することです。 

生身のネイティヴ・スピーカーの語彙は各人バラバラでどの人の語彙も私たちの語彙強化の目標にはなりえないから、 「過不足ない語彙を持つ架空の人」 を1種の理念型として想定するわけです。

理念型と言えば、ご存知の方も多いでしょうが、元来はイデアルティプス ( idealtypus ) の訳語です。

---------------

イデアルティプス Idealtypus <理念型> もしくは <理想型> と訳される。 ドイツの社会科学者マックス・ヴェーバーが社会科学で用いられる諸概念の特質をいいあらわすために提唱した言葉である。ヴェーバーによれば、経験的にあたえられる現実態は無限に多種多様であるから、これを社会学的に認識しようとする場合には、どうしても、研究者が自己の関心をもつ一定の観点 (認識理念 ) にもとづき、これに関係ある側面だけを思考によって抽象し、そこにまとまった一つの意味をもつ思想像をつくり、この思想像を用いて現実態の理解をすすめてゆくほか仕方がない。このようにしてつくられた思想像がイデアル・ティプスである。たとえば、経済史などで用いられる <都市経済> という概念をとってみれば、それは、観察された歴史上のすべての都市のうち、あるところには多く、あるところには少なく、ところによっては全くないというように散在する個々の現象を、まとまった一つの意味をもつ思想像に結合するところに成立する一つのイデアル・ティプスである。ヴェーバーが社会科学の研究をすすめる上に用いた諸概念、たとえば資本主義、伝統主義、カルヴィニズムなどは、すべてイディアル・ティプスである。自然科学の研究で用いられる諸概念が現実態の一般的法則的な側面を抽象してつくられるのにたいして、イデアル・ティプスは現実態の個性的な側面を純粋に表明するためにつくられるという点に特徴がある。

『世界大百科辞典 (平凡社 1955年版)』 より引用

------------------------------

私は、「アンチ・バベルの塔」 を体現する理念型を 「コーパス人」 と命名することにします。

英語では 不可算名詞の Corpus Man ラテン語風にして Homo corpus = ホモ・コルプス としておきましょう。

冗談ですが、ホモ・コルプスの始祖が私です。

(以上、1部変更)

--------------------------

つまり、語彙強化の究極目標はホモ・コルプスになることです。

そして、ホモ・コルプスになるためには、コーパス準拠の必要語彙をごまかさずに妥協せずに全部覚えること、つまり知的に正直であることが必要です。

知的に正直でない限り、いつまでたっても大人の読書が可能になりません。

渡部昇一著 『知的生活の方法』 のジャケットには ― 英語には、「知的正直(インテレクチュアル・オネスティー)」 という言葉がある。知的正直というのは簡単に言えば、わからないのにわかったふりをしない、ということにつきるのである。ほんとうにわかったつもりでいたのに、それがまちがいだった、ということはある。それはあてずっぽうのまちがいとは違うから、そういうまちがいなら、まちがうたびに確実に進歩する。しかし傍(はた)から見ていたのでは、あてずっぽうでまちがえたのか、ほんとうにそうだと確信しながらまちがったのか、その辺の区別はつかないのである。そこで「己に対して忠実なれ」という、シェイクスピアの忠告が生きてくるのである ― と書いてあります。

ホモ・コルプスの特性は知的に正直であろうとすることです。

|

« 語彙強化の究極目標と知的正直(1) | Main | 語彙強化に関する発想の転換 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/15397329

Listed below are links to weblogs that reference 語彙強化の究極目標と知的正直(2):

« 語彙強化の究極目標と知的正直(1) | Main | 語彙強化に関する発想の転換 »