« 「学習(英英)辞典」を暗記することが最善の語彙強化法である理由 | Main | 「学習(英英)辞典」を暗記することが最善の語彙強化法である理由・続 »

語彙強化の究極目標と知的正直(3)

前回に、「ホモ・コルプスの特性は知的に正直であろうとすることです」と書きました。

あらゆるマスコミの記事や市販の単・熟語帳の宣伝コピーや有識者の発言などはあくまでも参考にする程度で、絶対の基準は己の知的な判断に置く

自分で ― 文法・構文は習得したのに ―  「日本語と同じようには読めていない」 と感じたら、つまりそのような自分なりの知的判断がくだせるなら、他の人が、たとえどんなに権威のある人であっても、何と言おうと、そんな自分の判断に従うことすなわち知的に正直であることが肝要です。

決してごまかさない。語彙が不足していると感じたらその自分の判断に正直に従うこと。

○○語あれば十分です」などという言説は ― もしその○○語に達したにもかかわらず「日本語と同じようには読めていない」 と自分で実感しているのなら ― 信じないこと。

「○○の語源を理解すれば1万数千の語彙の意味を推測することができます(塔主が思うに、そんなことはできるはずがない!!し、そんな説を紹介している人自身できっこない!!)」 などという妄言は信じないこと。

ただし、もし 「○○語あれば十分」 とか 「○○の語源を理解すれば1万数千の語彙の意味を推測することができる」 とか自分で確かに判断できるなら、妄言ではないと実感するなら、そんな自分の知的判断に従うべきであることはもちろんです。

あくまで自分に対して知的に正直であることが大事。

そうすれば、他の人たちのしていることが気になったり、他の人たちの語彙力と自分の語彙力を比較してみたり、TOEICで950点~満点を獲得して実際の力不足にがっかりしたり、することも不要になるでしょう。

だれもが自分で満足できるレヴェルに達することができるわけではありません。

やむを得ず自分の判断で妥協することもあるでしょう。

しかし、それは決して 「ごまかし」 ではない。 わけもわからず道を踏みはずしているわけでもない。

先に機会があればそのときは何合目までという見通しのきく知的に正直な妥協です。


|

« 「学習(英英)辞典」を暗記することが最善の語彙強化法である理由 | Main | 「学習(英英)辞典」を暗記することが最善の語彙強化法である理由・続 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/15710051

Listed below are links to weblogs that reference 語彙強化の究極目標と知的正直(3):

« 「学習(英英)辞典」を暗記することが最善の語彙強化法である理由 | Main | 「学習(英英)辞典」を暗記することが最善の語彙強化法である理由・続 »