« 暗記法と復習(3) | Main | 辞書とグーグル (市販の単語帳を卒業・脱出) »

「塔」建設の所要時間(1)

今回の記事で 「学習辞典」とは、ネイティヴ・スピーカーの (学習不適格生ではない) 中学生あるいは高校生のレヴェルの ― つまり読書を含む日常生活に特に支障をきたすことのないレヴェルの ― 語彙を掲載した (1) 『ニュヴィクトリーアンカー英和辞典』 または (2)『Longman Dictionary of American English 』 あるいはそれに匹敵する他の学習辞典のことです。

私は、自分の成功体験からして、学習辞典の暗記( = 学習辞典に掲載されている単語や熟語などの意味を見たり聞いたりしたら理解できるようになること) は充分可能だと思っています。

今回は、その所要時間について、もう1度考えて見ましょう。 

その際、前に言及したことと重複したり (「塔」完成後の見解を加味したために) 多少食い違ったりすることがありますので、ご了解ください。

本論に入る前に ― 前にも書いたことがありますが ― まず強調しておきたいのが発想の転換です。

------------------------------

大学受験や資格試験に必要な語彙は、それがたとえ英検1級やTOEIC950点以上であっても、学習辞典の総合的な語彙レヴェルには到底及びません。

だから、大学受験や資格試験のときのように1日に30分~1時間で数ヶ月や1年程度がんばったら学習辞典を暗記できるかと言えば、そんなことは不可能です。

最近の市販の単熟語集は実によく工夫されていて効率も高いですから、資格試験などを受験するのであればどんどん利用したらいい。 合格したり高得点を取れば、日本人としては高水準の英語力に達したということで、大いなる自信にもなります。 それはそれで誇りにすべきりっぱな成果です。

他方、何度も何度も述べてきたことですが、資格試験を突破したからといってその英語力はネイティヴ・スピーカーの (学習不適格生ではない) 中学生あるいは高校生のレヴェルに遠く及ばない のだという現実認識も欠かせません。 

「英語のネイティヴ・スピーカーではないのだし、英語は日常生活や仕事にあまり関係ないし、おまえが言うほど英語の力をつける必要はないのだよ」という人も多いし、「専門書は楽に読めるし特に支障はなくこれで充分だ」 という人もさほど珍しくないでしょう。

そうした見識は尊重されこそすれ、他人がとやかくいう筋合いのもではありません。 自分の英語力を自覚して納得されているのですから、何の問題もありません。 

問題なのは、その程度の英語力ではいやだと思っているのに、最後は読書だけでもネイティヴ・スピーカー並に楽しみたいなどと思っているのに、5年たっても10年たっても ― それなりに勉強していても ― あまり上達しないと感じている人たちです。 

大人の本を読みたいのに、辞書がなかったら、読めないというレヴェルの人たちです。 SSS多読法に救いを見出している人たちも多いようですが、今のままでは生涯SSS多読法のままで終わります。 どんなにSSS多読法の達人になっても、大人の本を日本語で読むようにすらすら楽しめるようにはなりません。

--------------------------------------

そういう人たちは英語学習に対する発想の転換が必要なのです。

文法・構文・音声に問題がないとして、あるいはそれも併行して強化するとして、最大にして最後の壁は語彙の壁です。

語彙の質(特に基本語彙)と量の貧しさがどうしようもない壁になっているのです。

そんな語彙の壁を突破するためには5000語~1万語単位の語彙増強が必須で、数ヶ月や1年ではなく、短くても2~3年、通常は5~6年、人によっては10~20年要する場合もある。

「短期に楽しく簡単に」という発想を「長期にじっくり腰をすえて」という発想への転換が必要です。

|

« 暗記法と復習(3) | Main | 辞書とグーグル (市販の単語帳を卒業・脱出) »

Comments

こんにちは、以前にコメントさせていただいた者です。
僕は今日ついにアンチ・バベルの塔建設を開始しました!
そして以前ご回答の中でk.y.さんが示唆してくださったように、自分なりの方法論を確立したいと思っています。ですので僕の場合『ネオ・アンチバベル方式』です!

ネオを名乗るためにはまず本家の理論の完全な理解が必要と心得、いまこちらのブログの最初のエントリー(2004年!)から全て読み返させていただいています。

今後またアドヴァイスをいただけたら嬉しいです。
それでは失礼します。

Posted by: gini | September 25, 2007 at 12:05 AM

gini さん、こんにちは。

> 僕は今日ついにアンチ・バベルの塔建設を開始しました!

また仲間が増えて大歓迎です!

ぜひ、ぜひ、根気よく続けてください。もし途中下車しても、やる気が戻ってきたら、また降りた駅から乗りなおしてくださいね。

当分は大丈夫でしょう(^o^)。

> 自分なりの方法論を確立したいと思っています。ですので僕の場合『ネオ・アンチバベル方式』です!

はい。しっかり成果を出して『ネオ・アンチバベル方式』を他のみなさんのためにも公開してください。

ただし、実証済みでなければなりません。

単なるアイデアや思いつきや受け売りや未実証のアイデアなら、既に、山ほどあります。

> いまこちらのブログの最初のエントリー(2004年!)から全て読み返させていただいています。

読みにくくて恐縮ですが、よろしくお願いします。

> 今後またアドヴァイスをいただけたら嬉しいです。

何なりとどうぞお聞きください。私なりに、できるだけ、返答させていただきます。

おせっかいなことでしょうが、文法・構文・音声も ― 必須ですから ― おろそかにならないようにしてください。

それから、体調も極めて大事です。

Thank you.

Posted by: k.y. | September 26, 2007 at 10:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/16516930

Listed below are links to weblogs that reference 「塔」建設の所要時間(1):

» 英語情報商材−2007.9.22 集計ランキング更新☆ [英語部門-情報商材・評価ランキング10☆]
英語情報商材の2007.9.22集計ランキング◇◆◇◆◇ [Read More]

Tracked on September 22, 2007 at 02:58 AM

» 対立が絶えないユダヤ教 [イスラム教]
暮らし 今日の朝刊 国連イラク支援団 [Read More]

Tracked on September 25, 2007 at 09:20 PM

« 暗記法と復習(3) | Main | 辞書とグーグル (市販の単語帳を卒業・脱出) »