« 暗記法と復習 (1) | Main | コメントにお答えする(9/2007) »

暗記法と復習 (2)

前回に、従来の暗記法の欠点のひとつとして ― 「暗記した語彙を永久に維持する実証的・具体的な方法に言及した暗記法もない。 覚える方法ばかりを強調して、覚えたものを生涯忘れない方法を実証的かつ明確に示したものがない」 ― という事実を指摘しました。

つまり、「復習」 の意義と方法を具体的かつ実証的に示した議論や提案がないということです。

何度も指摘したように、英語のネイティヴ・スピーカーの場合は、毎日膨大な量の多様な英語に接して暮らしているわけですから、復習などする必要はない。 毎日しゃべったり聞いたり書いたり読んだりすることが立派な復習になっている。 我々が日本語の語彙について特に復習する必要がないのと同じです。

ところが、外国語である英語の語彙については、とりわけ5000~1万語単位の語彙増強を企てて3万語、できれば5万語超の語彙 ( = ネイティヴ・スピーカーの標準語彙) を蓄積しそれを生涯維持したいなら、「復習」 こそ命です。

せめてネイティヴ・スピーカーの小学生並みの語彙レヴェル( 2万語超 ) には達して 『ハリーポッター』 ぐらいは何とか辞書なしで楽しめるようにしたいという人たちも多いでしょう。そんなレヴェルであっても、英語のプロや英語の読書が習慣になっている人意外は、復習が欠かせません。

そんなに大事な復習を真剣に実証的に論じる人がだれもいない。

記憶術の議論や提案ばかりで、記憶を永久的に維持管理する方法論が何もない!?

しかし、復習を語彙暗記の最終段階と捉えて具体的な方法を確立しなければ、いつまでたっても 「・・・だと言われている」 だとか 「・・・したら忘れないだろう」 とかいう程度ののんきで何の証拠も実証性もないアイデア遊びに終始してしまってラチがあかない。

なるほど1ヶ月程度の記憶保持なら「エビングハウスの保持曲線( 無意味綴りの記憶保持について、20分後には42%を忘却し、1時間後には56%を忘却し、1日後には74%を忘却し、1週間後(7日間後)には77%を忘却し、1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、覚えていたのは21% )」なども多少の参考にはなるかもしれない。

しかし数万語の英語の語彙を非ネイティヴ・スピーカーが日本で生活しながら何十年も保持する方法に関する具体的かつ実証的な方法提示は「アンチ・バベルの塔」を除いて皆無です(完全な方法というには程遠いが他に実証済みで具体的な方法がないのは事実 )。

---------------------

「アンチ・バベルの塔」 の 作業工程

1 目標とする学習辞典の選定
2 未知語彙の選択と転記
3 暗記と復習
4 半永久的復習

2を実行しながら3を同時に進行させてもいいが、それは非常な負担になるので、3の本格作業は2が完了してからのほうがいい ( ただし、人による )。

3の暗記と復習はもちろん同時進行になる。

----------------------

今の議論に関係しているのは上記工程の3と4です。 


|

« 暗記法と復習 (1) | Main | コメントにお答えする(9/2007) »

Comments

こんにちは。はじめてコメントさせていただきます。
僕は現在大学一年生です。将来英語を必要とする進路に進もうと考えているので、毎日市販の単語集の暗記とThe Economistや洋書を読むようにしています。
アンチバベルの塔は受験時代から参考にさせていただいています。現在は今冬の英検1級とTOEIC対策のため市販の単語集を使っていますが、その後(またはそれと並行して)アンチバベルの塔のやり方で、語彙強化を始めようと思っています。

そこで、一つ質問したいことがあるのでコメントさせていただきました。
この記事の作業工程2にあたる「転記」についてです。

ぼくは転記をすることの意味は、転記すべき「語彙」を自分で選別する作業自体が、既存の単語集を読むことよりも積極的に関与する作業であるためである、と思っているんですが、しかし時間と労力をかけ転記することよりも、作業工程3の暗記の作業に専念した方がいいのではと思いました。

そこで思い浮かんだやり方は、辞書を中古で安く購入し、それを一ページずつ破いて、そのまま暗記カード代わりに使うというやり方です。
基地の語彙はマーカーで塗りつぶしたりしてはどうでしょう。

このやり方はk.y.さんから見てどうでしょうか。
なんだか異端を宣告されそうでなかなかコメントしづらかったのですが、自分の視野の偏狭さには気付いているので、ぜひ経験値の高い方のアドバイスをいただければと思って、コメントさせていただきました。

よろしくおねがいします。

Posted by: gini | September 07, 2007 at 08:06 PM

英語には門外漢なのですが、コメントする失礼をお宥し下さい。
私は、漢検1級を学習しております。約6000字の漢字が対象となりますが、問題集も多くなく、学習方法にも定説がありません。

偶々このサイトを見つけ、以前から拝見しておりました。上級英英辞典を悉皆学習するというのは大変なことと拝察致しますが、外国語で出来るのであれば、母国語で出来ない筈はないと思い至りました。

漢検の主催団体が発行している「漢検漢字辞典」というのがありますので、これを全部読もうと思って、亀の歩みですが継続しております。貴殿のようにカードは作成しておらず、朝の厠や寝床で読んでいるだけですので、どんどん忘れていますが、日々新たな発見もあり、辞典の悉皆学習は、しんどいけど面白いなあと思っております。

貴ブログは、英語のみならず、言葉の学習者にとって、とても励みとなるサイトだと思います。お礼の意味を込めてコメント致しました。

Posted by: 白魚一寸 | September 09, 2007 at 05:01 PM

初めまして rikuri と申します
20代半ばの会社員です

約半年前にこのブログに出会い、
楽しく隅々まで拝見させて頂きました。

私はまだ英語学習を始めて間もないのですが、
単語習得は辞書暗記しかないと思い
早速実践してみました。
(一応、市販の単語帳は1冊覚えました。
でも、復習をあまりしなかった為、結構忘れてしまいましたが・・)

選んだ辞書についてですが、やるんだったら大量に覚えたいという気持ちはあったのですが、
挫折する可能性が高いと思った為
一番手軽なジュニアアンカー英和辞典を選びました。

転記の作業についてですが、とても大変ですね
Bの項あたりで挫折しそうになりました。
でも、新たな単語や意味などに出会うと
とても楽しく、大変な作業な中でも楽しさを
見出すことが出来ています。

しかし、仕事が忙しくなったりして、Fが終了した辺りで
作業が何ヶ月か滞ってしまいましたが、
先週から再開して今はIまで進みました。年内中には転記を終了させたいと思っています

転記が終わってから暗記を始めるとなると一体終わるのは何時なんだ?と
途方に暮れてしまう時もありますが、
辞書1冊を暗記した時の達成感と、英語に対する視界の明るさを得た時の嬉しさを想像すると
どうしてもこれだけはやり遂げて、その快感を味わいたい!と思います

ジュニアアンカーを終えたら当然次のステップに進むつもりですが,
先のことを考えると、やはり途方に暮れてモチベーションが落ちてしまうので
まずは今の辞書を終わらせることだけに専念します。

最後に、塔の建設方法や辞書の内容を詳細に説明して頂いて
本当にありがとうございます。
とりあえず転記が終了したら報告したいと思います!

Posted by: rikuri | September 11, 2007 at 05:04 PM

私はアメリカへ来て半年、語彙の少なさに日々やきもきしている18歳です
幸い、インターネットと言う文明の利器でこちらのサイトを読む事が出来ています

辞書を一冊丸暗記、という事が出来たなら、どれだけ友達と話すのが楽しくなるだろうと、ワクワクしています
生憎と日本から持ってきた辞書は15万語以上が収められていて、とても助かるのですが、塔作りには不向きなのでネットで中古の辞書を購入しました
更にこちらにはご推薦のカードもなくあったとしてカードにコピーする事も出来ませんので、ワードで転写してコピーしてホッチキスで留めてノートのようにしていくつもりでおります

因みに手頃な和英辞書は手に入り難いので、5万語の英英辞書からのスタートと言う少々身の程知らずな処から始めておりますが、頑張ります

来年の今頃、一冊終了した暁には、ご一報したいと思います

最後に、久しぶりに日本語のサイトをじっくり拝見致しました とても楽しかったです ありがとうございます

Posted by: lethe | October 09, 2007 at 12:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/16370836

Listed below are links to weblogs that reference 暗記法と復習 (2):

« 暗記法と復習 (1) | Main | コメントにお答えする(9/2007) »