« October 2007 | Main | December 2007 »

「やっぱり単語力だ」

AREA English 2008年1月号』 の特集は、「やっぱり単語力だ」 です。

「単語力」 を 「語彙力」 と訂正したほうがより適切な表現になります。 それで、「やっぱり語彙力だ」 とするなら、ずばりその通りです。 

念のため、語彙とは、単に単語だけではなく、超基本語(無視されがち!)・熟語・スラングその他のチャンク表現などすべてを含むものであって、そのいずれも等しく重要で、どれを欠いても英語の理解や運用に大きな支障をきたします。 

だから、単語の数だけに注目しがちな風潮にはくれぐれも注意したいものです。

さて、人の英語力は ― 文法・構文・音声に問題ない限り ― 語彙力であることはもう何度も述べてきたとおりですし、それに対する論理的に有効な反論はまったくありません。 あるはずもないと ― 独断と偏見に任せて ― 塔主は確信しています。 

『AREA English 2008年1月号』 は 「英語界で活躍するあの著名な先生たち」 にアンケート調査を行っています。

そのアンケートに 「単語力をつけることは、英語力アップに欠かせないと思いますか」 という項目があって、各先生の回答は次のようになっています。

--------------------------

杉田敏先生: 「絶対に欠かせない」 として 「中学校で習った英語だけで英語は話せるなどという本に惑わされてはだめ」、「いつも目線を上に」 と述べておられます。

まだまだ 「中学英語で充分」 とか 「やさしいものをたくさん」 というような神話を信じている人が多い。 とんでもない誤解です。 そんなことでは、生涯、ネイティヴ・スピーカーの幼児の英語力にさえ届きません。 

遠山顕先生: 「はい

竹丘広信先生: 「英語力=単語力と言ってもいい」

西蔭浩子先生: 「はい」 ただし、(当然のことですが) コンテキストが重要だと述べておられます

中村澄子先生: 各自に必要な分野の英文を多読して頻出する語彙をメモし音読し書いて繰り返して覚えることを薦め 「多読でもある程度覚えられる」 と述べておられます。 

しかし、この 「ある程度」 というのは 「塔レヴェル=充分な語彙レヴェル」 にはほど遠い水準であることを忘れないようにしましょう。

木村達哉先生: 「単語オタク」になる必要はないけれど、英語の4技能において、語彙力がないと不利だし、伸びは悪い」 として 「基本的な語彙を身につけたら、できるだけ多くの文章にあたること」 と述べておられます。 

このアドヴァイスは、木村先生は灘高校の英語科教師だということからしても、大学や資格試験の受験生向けのアドヴァイスでしょう。

そして、「単語オタク」 という言葉には重々注意しなければなりません。 大学や資格試験の受験生がイメージする 「単語オタク」 の語彙レヴェルは ― 「オタク」 と言えども ― 極めて低いレヴェルです。 

「上級学習英英辞典」 までのレヴェルは 「オタク」 と言えるほどのレヴェルでは決してなく、ネイティヴ・スピーカーなら普通のレヴェルです。 つまり、私たちの日本語の語彙レヴェルと同じです。 英語を普通に理解するのに必要な語彙レヴェルに過ぎないのです。

このことは ― 「上級学習英英辞典」 の語彙水準に実際に達することができるかどうかは別にして ― しっかり認識しておくべきでしょう。 

その上で、 「いつも目線を上に」 して、 「アンチ・バベルの塔」 あるいはそれに匹敵する有効な手法で語彙強化に励むことが真に有効な英語学習だと思います。 

( 以上、各先生の発言の太字処理は k.y. )

---------------------------

ちなみに、上記のアンケートには 「最近知った新しい単語をひとつ挙げてください」 という項目もあって、それに対して各先生が挙げられた単語 ( handmaiden  stent  cliffhanging  bricabrac  a hole in the wall ) はすべて 「私の塔」 に含まれる語彙群です。
 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

名著 『Longman Lexicon of Contemporary English』 雑記帳 (3)

次は create

名著によると create の意味は to cause to exist つまり、 「有らしめる

名著にあるひとつだけの用例を引用する:

Many people say that God created the world.. 多くの人は神が世界を有らしめたという。

-----------------------------------

create

1 To create something means to cause it to happen or exist.
We set business free to create more jobs in Britain...
Criticizing will only destroy a relationship and create feelings of failure.

= producedestroy

2 When someone creates a new product or process, they invent it or design it.
It is really great for a radio producer to create a show like this...

(Collins Cobuild Advanced Learner's English Dictionary より)

--------------------------------------

the Creation は  《聖書:創世記に記されている》 天地創造 のことであり、the Creator は 造物主, 神 ( God ) のこと。

ちなみに All men are created equal. 人はみな平等に造られている ということばがあるが、これほどの妄想は稀だと思う。

妄想といえば、Richard Dawkins は The God Delusion という本を書いて、神など妄想に過ぎない と雄弁に説いた。 

Dawkinsは、The God Delusion で、 delusion の意味に関して ・・・I am inclined to follow Robert M. Pirsig, author of Zen and the Art of Motorcycle Maintenance; ‘ When one person suffers from a delusion, it is called insanity. When many people suffer from a delusion it is called Religion.’ と述べている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名著 『Longman Lexicon of Contemporary English』 雑記帳 (2)

次は be

名著によると be の意味は to exist つまり、 「(現実に) 有る

名著より用例をひとつ引用する:

The universe is, but we don't know why. 宇宙は有る、ただし、なぜ有るかは分からない。

なぜわからないのか? we も宇宙の1部 (存在内存在 = an existence within existence ) だからだと思う。 こんなこといってもやっぱり分からないけれど・・・

-----------------------------------

If something is, it exists. (mainly FORMAL or LITERARY)

(Collins Cobuild Advanced Learner's English Dictionary より)

--------------------------------------

さて、有名な台詞 To be, or not to be, that is the question.

小田島雄志訳の『ハムレット』では,「生きるべきか死すべきか,それが問題だ」ではなく,「このままでいいのか,いけないのか,それが問題だ」となっている.

be の意味が to be real; be there in fact であるなら、小田島訳の方が優れている、あるいは優れている可能性があると思う。 しかし、文脈もあるしにわかには談じがたい。 シェイクスピアに聞いてみるしかない ― そんなことは不可能だが ― のかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名著 『Longman Lexicon of Contemporary English』 雑記帳 (1)

この名著は次のごとく始まる。

A  Life and living things

Life and death

A1  verbs : existing and causing to exist

------------------------------

そして、この A1 で出現する語彙は次の4つ:

1 exist
2 be
3 create
4 animate

---------------------------------

名著によると exist の意味は to be real; be there in fact つまり、 「(現実に) 有る

名著より用例をひとつ引用する:

Fairies don't exist in real life, only in stories. 妖精は現実の生活の中にはいない、お話の中にいるだけだ。

妖精は an imaginary creature  だということだ。

ちなみに、私たちは、imaginative, imaginary, imaginable の区別・用法で苦労することがある。

-----------------------------------

imaginative
If you describe someone or their ideas as imaginative, you are praising them because they are easily able to think of or create new or exciting things.
...an imaginative writer.
= inventive

imaginary
An imaginary person, place, or thing exists only in your mind or in a story, and not in real life.
Lots of children have imaginary friends.

imaginable
1 You use imaginable after a superlative such as `best' or `worst' to emphasize that something is extreme in some way.
...their imprisonment under some of the most horrible circumstances imaginable...
= conceivable
2 You use imaginable after a word like `every' or `all' to emphasize that you are talking about all the possible examples of something. You use imaginable after `no' to emphasize that something does not have the quality mentioned.
Parents encourage every activity imaginable.
= possible

(Collins Cobuild Advanced Learner's English Dictionary より)

--------------------------------------

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「万能図書館」と「塔」の構築

「塔」が知的生活に及ぼす波及効果は、実感しないと分かりにくいでしょうが、たいへん大きなものです。 

おおげさな表現で恐縮ですが、「自動車産業」が各種業界に及ぼす波及効果のようなものです。

たとえば「万能図書館」への入館資格を取得することができます。

私はこの週末に、梅田望夫著 『ウェブ時代をゆく―いかに働き、いかに学ぶか(ちくま新書)』 を読みました。 

若い人たちにとっても私のような団塊世代にとってもこの先の生き方を考える上でまことに示唆に富む新書です。

梅田氏が描く近未来のウェブに大きな期待が膨らみ、そこで展開されるであろう豊穣な知的世界に浸りたい、できればささやかでも参画してみたい、と強く思いました。

今回は、この新書の中の英語に関する部分、特に 10年後の英語の世界 に関する部分に注目しつつ「塔」とからめて記述したいと思います。

梅田氏によれば、あるいは知っている人も多いでしょうが、グーグルは「世界中の情報すべてを整理しつくす」というプロジェクトの一環として ― ハーバード大学、スタンフォード大学、ミシガン大学、カリフォルニア大学、テキサス大学、プリンストン大学、マドリード・コンプルテンセ大学、慶應義塾大学の各図書館、ニューヨーク公共図書館などと組んで ― 過去の書物をすべてスキャンして無料公開する事業を強力に推進中で、この「古代アレキサンドリアの万能図書館」に比すべき構想が、少なくとも英語圏では、10~20年後には現実のものとなる。そして、『このまま10年が経過すると、英語圏に生まれ育つことの優位性がこれまで以上に増幅されてしまうのではないかという危惧すら抱く。ひとりの個人として「英語圏ネット空間の知的充実」という現象を眺めれば、「英語力を徹底的に磨くことこそがこれからの知的生活の充実に必要不可欠だ」という結論にたどりつく(原文のまま引用・太字 k.y.)』。

「万能図書館」をできるだけ楽しみたい、10年後が待ち遠しい、という人は私も含めてずいぶん多いと思います。

梅田さん曰く「知的生活を送りたい人にとって最高の環境」が10年後には必ず整う。実にわくわくすることです!

そこで心得ておきたいのは「万能図書館」を利用するために必要な英語力です。

それは ― 文法・構文・音声に問題がないとしたら ― ずばり「語彙力」です。

英検1級やTOEIC高得点~満点程度の語彙力ではまだまだ不足。具体的にはたとえば「アンチ・バベルの塔」の完成です。

『Longman Dictionary of American English』 あたりはなんとしてもマスターしたい。 できれば「上級学習英英辞典」で「塔」を構築したい。 

この際 「ではいったい何語必要なのか?」という(何をもって1語とするのかについて共通の見解が皆無な現況での)不毛な議論は時間の無駄でしかないただ、「塔」の構築に励めばよい。あるいは、それに匹敵・代替する他の方法で語彙増強を図ればよい。

『Longman Dictionary of American English』のマスターに5000時間必要(ただし個人差大!)だとして、毎日90分学習すれば10年間で「塔」が完成する。 決して不可能な企てではない! 

そして、そのころには「万能図書館」が開館する!  

もちろん、私たちには「日本語」という由緒ある母語があります。この母語を粗末にする手はありません。「日本語」は日本文化の源泉であり、私たちの心の故郷です。 また、「日本語」の充実に努めることこそ「英語」の充実に直結することは日々実感されることです。

英語だけの人たちの「万能図書館」と「日本語」を原点にする私たちの「万能図書館」とでは、同じ図書館から受ける心象風景でもかなり異なったユニークなものになり、その心象風景の差異具合は 「日本語と英語の充実度」 に左右される。

やや脱線しますが、今年『新潮日本語漢字辞典』が出版されて大きな反響を呼び起こしています。編集代表の小駒勝美氏は、四歳で親に漢和辞典をねだったほどの漢字好きだったが、小さな出版社に入社した際に「秋桜(こすもす)」「吃驚(びっくり)」などの和製漢字が漢和辞典に載っていないことに驚き、そうしたものも全部出ている辞書作りを転職先の新潮社で着手し、用例は夏目漱石から村上春樹まで近現代文学から収集し、10年かけて、中国とはまったく異なる漢字文化を育ててきた日本人の漢字字典を完成させた。解字の解説は(私も敬愛してやまない)白川静氏の説を主としている。かくして、日本語を学習する強力な武器がまたひとつ加わったことになります。

さて、「万能図書館と塔」の話しにもどります。

「万能図書館の入館許可証」は、「真のアンチ・バベリスト」であること、あるいはそれに匹敵する語彙力の持ち主であることだと思います(単なる私見に過ぎませんから反発を感じる方は適当に無視されたし)。

そして、真の「アンチ・バベリスト」にとって、梅田氏が上記の新書で自分の人生を振り返って述べている 「好きなことをやり続けたいという執念によってドライヴされた勤勉」 「こつこつと丁寧に細かなことを積み上げながら毎日を送ってきたこと」ということばはずしりと胸に響きます。

梅田氏の達成したことは「塔」どころのレヴェルではありませんが、その生活態度は、「塔」構築を支える支柱になるものです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »