« 3つの語彙集(2) | Main | 「塔」工程 2 について(1) »

3つの語彙集(3)

3 「アンチ・バベルの塔」

「塔」には 1 や 2 の語彙集と違って次のような特色がある。

(1) 未知語彙を学習辞書から選択する

(2) 学習辞書を ― 引くための辞書ではなく覚えるための辞書 ― として捉える。なぜなら、学習辞書とりわけ「塔」用の標準辞書である「中級学習辞書」は ― 日本語でいえば中学生用国語辞典と同じで ― 知らないと通常の生活に支障をきたすような語彙ばかりを収集した語彙集だからである。ただし、「こんな語彙は不要だ」と思えば自己責任でどんどん削るべし。

(3) 復習を永久化している。なぜなら、英語は、なかんずく「塔」の語彙は ― 母語の日本語と違って触れる機会が非常に少ないため ― 放置しておくと高い確率で忘れてしまうからである。

(4) 「塔」の語彙は、単語だけではなく熟語その他のチャンク表現もすべて含むボキャビル=単語増強と思っている人がまだまだ多い。「語源学習」 や 「単語だけの(多義語でもひとつの語義の既 / 未知だけをテストする)語彙力チェック」 に過度に関心を寄せる向きが多いことも 「単語だけのボキャビル観」 を反映している。ネイティヴ・スピーカーはチャンク表現にはよく通じているので単語だけに偏向した語彙チェックで間に合うが我々は違う。

(5) 「カード」を用いる。元の学習辞書とカードの違いは、カードは未知語彙だけを記載していることである。そのことによって「辞書引きや辞書読み」と「未知語彙の暗記及びを復習」を明確に分けることが可能になり語彙強化の効率が上がる。なぜ、カードを使うのかに関してはこのブログの「なぜ手間・暇のかかるカードを使用するのか?」と「同・続」の記事を読まれたし。それでも納得できない方は、自分でいろいろな方法を実践して自分にあった方法を見つけるのが最善。それで「塔」以上の成果が実証されたならぜひ教えていただきたい! ただのアイデアなら食傷している。

|

« 3つの語彙集(2) | Main | 「塔」工程 2 について(1) »

Comments

 お久しぶりです。shinshiです。
前回コメントして半年がたちました。初めてここのブログを見て辞書暗記を始めてちょうど3年でもあります。
 実は英文法を再勉強していたので、この半年間ではほとんど暗記は進んでいません。復習はしていますが、覚えているのはコウビルド約34,000語のうち、25,000語ほどのままです。
 さらには会社の昇進試験が近づいているので、ペースはさらに遅くなると思われます。あと9,000語分、やってしまおうと思えばできるのですが、覚えた単語を忘れないように管理するのが大変と思われるので、どうしようか考えています。
 以前も感慨がないなとコメントしたと思いますが、今回も同じですね。やはりまだまだ自分は力不足だと思っているからでしょうか。さすがに3年前と比べると英語について雲泥の差だなと感じますが、それでもまだまだと感じています。辞書1冊暗記してもようやくスタートラインに立った程度かな、と。

 とりとめもなくコメントしてしまいましたが、今日はこの辺で。

Posted by: shinshi | January 29, 2008 at 10:34 PM

shinshiさん、こんにちは。

お便りありがとうございます。

私には半年はあっという間に3年もすぐ過ぎてしまいます。

しかし、いかに短く感じても、有意義に時間を過ごしている限り、年月は豊かな成果をもたらしてくれます。

> 実は英文法を再勉強していたので、この半年間ではほとんど暗記は進んでいません。

私も文法が好きで折に触れて復習し磨きをかけています。同じ文法書を読んでも読むたびに発見があります。今まで気づいていなかったことに気づいたりします。そのことが英語を読むこと・書くこと・話すこと・聞くことのどれにも好影響を与えます。おもしろいですね。

> 復習はしていますが、覚えているのはコウビルド約34,000語のうち、25,000語ほどのままです。

ちゃんと会社のこともこなしながらこれだけの成果を達成されたわけで誇りにすべきことだと思います。容易にできることではありません。当面は「覚えた単語を忘れないように管理」することだけで充分でしょう。

> さすがに3年前と比べると英語について雲泥の差だなと感じますが、それでもまだまだと感じています。辞書1冊暗記してもようやくスタートラインに立った程度かな、と。

感慨がないと言われますが雲泥の差を感じておられることも事実。人によっては大いに感慨のわく結果だと思いますよ。

他方、「辞書1冊暗記してもようやくスタートラインに立った程度」という判断もよく分かります。何かを達成するごとに新たな視野が開け新たな課題が生れてきます。これは体験した人にしか分からない説明し難い現象でしょう。自己に課す要求水準も徐々に高くなり、知的充実を求める旅に終わりはないのかもしれません。

とまれ、今は何より昇進試験でしょう。

成功をお祈りしています。

それでは、また。

Thank you.

 

Posted by: k.y. | January 30, 2008 at 05:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/17807830

Listed below are links to weblogs that reference 3つの語彙集(3):

« 3つの語彙集(2) | Main | 「塔」工程 2 について(1) »