« 「アンチ・バベルの塔」とは何か? | Main | コメントにお答えする(3/2008) »

コメントにお答えする(2/2008)

takako さんへ。

はじめまして、塔主の k.y です。

コメントありがとうございました。

takako さんの英会話習得の体験談を.拝見してしばし懐旧の念に浸っていました。

私はほぼ20年間英会話学校でインストラクターをしていましたが、その間にいろいろな生徒さんと知りあいになりました。

1年ほどでやめる人は稀で、ほとんどの場合2~3年、少し長くなると5年超、なかには10~15年も通い続けておられる人たちもいました。

英語に対する要求レヴェルは各人各様で、英会話学校を社交もかねて楽しんでおられる人も多いようでした。

もちろん、takako さんのような意識の経年変化を経験する人たちにも出会いました。 そんな人たちは、英会話学校は止めて大学に再入学したりサイマルやインターなどの通訳・翻訳学校に鞍替えしたり独学に精を出したり、あるいはそのまま通いながら英語力を維持したりもっと海外旅行を楽しんだりするなど、対処法はさまざまでした。 

熱心な人ほどどこかで壁に突き当たる。 自然な成り行きだと思います。

だから、takako さんの状況もよくわかります。

> 昨秋にnovaが潰れたお陰で、自分は何の為に英語をしてきたのか?英語で何をしたいのか?その為にどうすれば良いのか?改めて考えておりました。自分がどのようにレベルを上げ、何故行き詰まったかも。前は少しの努力で手の届く範囲の目標を常に持っておりました。でも、行き詰まるだした頃から目標が大きくなりすぎて、どのように手を付けて良いかが不安定になり、何もかも中途半端になってしまったように思います。

これは実に大きな覚醒でしょう! 

> novaレベルに捕らわれず、マイレベルを鍛え上げるために、メリアム・ウェブスターズプライマリーとジュニアアンカー英和辞典を読んでおります。辞書がこんなに楽しい物だったなんて新鮮な驚きです・・・楽しすぎて、本を置かねばならない時が少々辛いです。

メリアム・ウェブスターズプライマリーもジュニアアンカー英和辞典もすばらしい辞書です。 それを楽しんで読めることがわかった! 着実に英語を向上させ得る強力なツールに出会った。 これは、ひょっとしたら takako さんが実感しておられる以上の幸運かもしれません。 

> アンチ・バベルの書籍化のオファーがあるのですね、楽しみに待っております。

ありがとうございます。 いろいろな事情もあっていつになるかわかりませんが、その節はよろしくおねがいします。

---------------------

「学習辞書読み」 は、この先試行錯誤もあるでしょうが、あまりあせったり張り切り過ぎたりしないようにして、あくまでもご自身のペースでタンタンと続けてください。 おもしろい発見に満ちた旅であることは間違いありません。

それでは、また。

Thank you.

|

« 「アンチ・バベルの塔」とは何か? | Main | コメントにお答えする(3/2008) »

Comments

こんばんは。k.yさん、早々のご回答ありがとうございました。御礼申し上げます。
さて、今回は「アンチ・バベルの塔のサイト」をmixiの中の「皆さんの英単語を単語覚える方法は?」というトピの回答コメントで紹介させて頂きました。即反論された方がいらして、びっくりしました。何も否定しなくても…と思わず思ってしまいましたが、きっと趣旨を正しく理解されてないのでしょうねぇ…
私は、楽しくわくわくしながら読書してます。こんなに楽しいのに…と人に強要するつもりは一切無いのですが、世の中色々な考え方の方がいらっしゃるのだと改めて思いました。
まぁ、人は人。個々の人に合ったやり方があるのでしょうね。私はそれぞれの方法を否定せず、各人のお好みでされるべしとしか言えぬ一般人です。それでもこちらのサイトを読ませて頂いておりますと、いつもやる気が出て参ります。mixiでも中には賛同される方もいらっしゃるかと思っているのですが、残念ながらそちらサイドのコメントはまだ見ておりません。その間マイペースで楽しもうと思っております。
今後とも宜しく御願い致します。

Posted by: takako | February 24, 2008 at 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/40158162

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(2/2008):

« 「アンチ・バベルの塔」とは何か? | Main | コメントにお答えする(3/2008) »