« 「塔」 に至るプロセス(1) | Main | 英語の語彙:雑談(49) »

コメントにお答えする(4/2008)

naoto さんへ。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

お尋ねの件についてですが、英語の語彙学習は 「構文・文法及び音声の習得」 を前提にしてあるいはそれと併行して行うべきものですから、念のためご注意ください。 

> 辞書を暗記するか単語帳を暗記するか迷っています。

まず、単語帳から暗記すればいいでしょう。 その方が簡単だし、英語の基礎構築のだいたいの証明になる英検1級の合格にも備えることができるからです。 その際、『アルク英語出版編集部: 究極の英単語 SVL Vol. 1~4 』 も選択肢のひとつに加えたらいいと思います。

そして、できたら 『ニューヴィクトリーアンカー英和辞典』 を併行して読みたいですね。 超特大文字で表示されている見出し語の説明や例文は特に念入りにチェックしましょう。 それから、未知語彙にマーカーでしるしをつけたりしておけばあとで何かと役に立ちます。

> 大学受験レベルからいきなりニューヴィクトリーアンカーに挑戦しても挫折しないで出来るものでしょうか。

少なくとも4年間あるわけですから不可能な企画だとは決して思いませんが、他の勉強や諸活動とのバランスもあるし各人の能力格差もあることですから、一概には言えません。 また、安易に始めたらたいてい挫折することも確かです。 まず、未知語彙にマーキングしながら、読んでみたらいかがでしょう

以上、何かの参考になれば幸いです。

また何かありましたらご相談ください。 

Thank you.

|

« 「塔」 に至るプロセス(1) | Main | 英語の語彙:雑談(49) »

Comments

お返事ありがとうございました。

自分のレベルに合った単語帳選びから始め、気がついた時こまめにニューヴィクトリーアンカーをチェックしようと思います。今のレベルではほぼすべての単語をカードに転記しなければならなかったので、まだまだ辞書暗記は先の話だったかもしれません。

今後もこのブログをはげみに努力するので、よろしくお願いします。

Posted by: naoto | February 20, 2008 at 02:23 PM

naotoさんへ。

> 自分のレベルに合った単語帳選びから始め、気がついた時こまめにニューヴィクトリーアンカーをチェックしようと思います。

それで正解でしょう。

「アンチ・バベルの塔」のターゲット辞書は、普通は(=文字通り不退転の決意で臨まないのであれば)、ザッと目を通して少なくとも60~70%が既知語彙の学習辞書を選択するのが成功のコツです。

そして、「中級(英英)学習辞典」 は街のごく普通の(ネイティヴ・スピーカーの)大人たちの語彙を示した辞書だという意味で、「塔」 の標準的なターゲットにしてあります。 語彙強化の標準的な目標レヴェルです。

Happy learning !

k.y.


Posted by: k.y. | February 20, 2008 at 06:07 PM

突然ですが、コミュニケーションサイトを運営しております。
p-netbanking と申します。当サイトでは、
「人気ブログをランキング」を重要なテーマとし、
ブロガーの方々の、コミュニケーションの場を提供すると同時に、
どなたでも無料で参加でき、よりエンターテイメントに、
気軽に立ち寄れるサイトを目指し、日々、努力をしています。
貴ブログ様のご登録の御願いにコメント欄を
お借りしてご案内をいたしました。
是非とも、貴ブログのご登録、及び、
ランキング参加を御願いできれば幸いです。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
検索バー横にブログ登録フォームがあります。
また、検索サイト・ランキングサイト等より訪問しております。
重複してご案内になりましたらお詫び申し上げます。
なお、全く興味のない方は、削除してください。
失礼いたします。

Posted by: magazinn55 | February 28, 2008 at 09:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/40188885

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(4/2008):

« 「塔」 に至るプロセス(1) | Main | 英語の語彙:雑談(49) »