« March 2008 | Main | May 2008 »

コメントにお答えする(6/2008)

koji さんへ。

はじめまして。 塔主の k.y. です。

今回は正直なコメントをいただきありがとうございました。

早速ですが私も正直に回答させていただきます。 

> 最近辞書を用いた学習について疑問をもちはじめました。

私は「塔」で画期的な成果をあげることができました。 そのことはもう何度も述べてきた通りなので繰り返しません。 

> たとえ辞書を全て覚えたとしても一日三十分の復習を要するのなら、わからない言葉が出たときにその都度辞書を引いた方がいいのではないかという気がしてきました。

私も koji さんが考えておられるようなことは、おそらくすべて、それこそ真剣に試行して、最終的にたどりついた方法が「塔」でした。 

そしてその「塔」 はまさにブレイク・スルーでした。

しかし、再三述べていますように「塔」が唯一で最高の方法だとは決して考えていません。 

もっとすぐれた方法があれば、いまのところ他に実証済みの方法は私はまったく知らないので、ぜひ教えていただきたいのです。

koji さんも自分のやり方を貫徹して「塔」に匹敵する成果が実証されたら、ぜひ、私やみなさんに紹介してください!

まずやってみることだと思います。 

> 既知の語彙が少なくても三十分辞書を引けば、かなりしっかりと本が読めると思います。

どうぞ実行してください! ご自身で確認してください。 それで5万語超の質・量ともに「塔」並みの語彙力がつくなら、「塔」よりダントツにすぐれた方法でしょう。 私に限れば、そんなこともすべて試しましたがだめでした

> それにネイティブなら義務教育を受けて間もない8才からハリーポッターが読めるということは自然に覚える語彙が13000位しかないということと考え合わせると、逆にスラスラ読めることと既知語彙の多さとの因果関係がないことを証明しているような気がします。

ハリー・ポッターをすらすら読める子供の語彙数は1万3000語どころではなく2~3万語に達しています。 6歳で既にハリー・ポッターを読める子もいます。 日本語でも同じで語彙が豊かな日本の小学生は想像以上の読書力を備えています。 

> 疑問がどうしても晴れないので失礼かとも思いましたがこの点、どうお考えになるのか知りたく思い投稿しました。

すべて、自分で実行してみてはじめて分かり納得できるのだと思います。 人のやり方に疑問を感じたら今度は自分のアイデアを実行に移せばいいだけです。 私もそうでした。 いろいろなやり方を徹底して調べ試行し苦吟しながら「塔」という結論を得たわけです。

ご健闘をお祈りしています!

Thank you.
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

語彙強化法に対する自覚(1)

「塔」 以外の語彙強化法の特徴は 1 真に必要な語彙の質・量の無視 2 必要時間数の無視 3 暗記法の重視 4 復習の無視 といえるでしょう。

そうした特徴にたいする自覚がないと、語彙の習得でひいては英語学習で行き詰まる人が多くなる。

1 真に必要な語彙の質・量の無視

たとえば、市販の語彙集は大学受験用とか資格試験用とかの設定はしてあります。 また、アルクのSVL標準語彙水準12000は、入門から最上級の12段階に語彙を区分けして、その12段階までマスターすれば充分であるような説明をしてあります。 

しかし、そんな語彙集の語彙レヴェルは、真に必要な語彙 ― つまりネイティヴ・スピーカーの成人なら普通に知っている語彙 ― のレヴェルには質・量ともにはるかに及ばない

受験や資格試験に合格したり高得点・満点を獲得しても、必要な語彙を習得しているとは決して言えない。

たとえば英検1級に合格しても、ネイティヴ・スピーカーなら8歳から夢中になれるハリー・ポッターでさえ楽に読めないし、雑誌やペーパーバックは明らかに難物である。 TIME などは、別に高級誌でもなんでもない普通の雑誌なのに、知識人しか読めない雑誌だなどと滑稽な誤解をしている人がいまだに多い。

現状の学習をいくら継続しても ― 音声や文法・構文には何も問題がないのに ― 英語を日本語と同様に読んだり聞いたりできないとしたら、それは英語の語彙の質・量が悲しいまでに乏しいからである。

ところが、そんな事情をはっきり述べた語彙強化法は「塔」を除いてありません。 はっきり述べるどころか、「分からない語彙は意味を推定しよう」とか、「語源で意味を推定できる」とか、「分からない語彙は飛ばして読もう」とか・・・まことに乱暴な処方箋が横行しています。 

曲芸(推定・語源・飛ばし・・・)で語彙強化の行き詰まりを打破することはできない。 それは各自の経験でも分かっているはずなのに、大多数の人たちが曲芸に活路を見出そうとする。 

( 曲芸が達者になってけっこう満足な人たちもおられる。 しかし、私は到底満足できなかった。 日本語で読んだり聞いたりできるレヴェルが真に分かると言えるレヴェルだと思っているから、英語もその日本語のレヴェルに限りなく近づきたい。 だから満足できなかった。 )

もちろん、満足している人たちに向かってとやかく言うことなどまったくない。 また、満足な場合は語彙強化など不必要だ。 そのまま英語を楽しめたらあるいは利用できれば何の問題もない。 「塔」 など無視すべきです。)

塔主は、「ネイティヴ・スピーカーの成人なら普通に知っている語彙=約5万語超が ― 獲得可能かどうかは別にして ― 真に必要なレヴェルの語彙である」 ことを無視するかあるいは明言しない語彙強化法は英語学習の迷える羊を大量生産する原因になっていると思います。 事実を無視せずにはっきり明言しておけば迷える羊の数は激減するでしょう。 

また、普及している語彙強化法も優れたものが多いわけですから、その明らかな限界さえ明言しておけば、ある程度までは大いに利用すべきだという合理的な判断がどの人にも可能になります。 幻想や誤解を抱かせる余地がなくなります。

繰り返しになりますが、自分の現状の語彙レヴェルあるいは自分なりの語彙強化法に特に不満のない人は上記の議論など無視されたく ― 気にする必要は皆無です。 万一不満が生じたら、そのときは、「塔」も参考のひとつになるはずです。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

英語の語彙:雑談(53)

Cleanliness is next to Godliness. という語彙

http://video.google.com/videoplay?docid=-8058856856809201878 に Madonna が掃除機を使っている映像がある。 彼女は 「掃除は自分でチャンとやろう」 と呼びかけているのだが、・・・cause, Cleanliness is next to Godliness. と言ってその理由を示している。

-----------------------------

E-DIC には次の記述がある: 

Cleanliness is next to Godliness.

《諺》「清潔さは敬神に次ぐ美徳」 When I was a kid, I had to take a bath every Saturday night because my mama said, "Cleanliness is next to Godliness." (子どものころ,毎週土曜日の夜は風呂に入らねばならなかった。というのも,母が言うには「清潔さは敬神に次ぐ美徳」だったからだ)

---------------------------

私も自分の部屋を2週間に1回は徹底して掃除し整頓する。 部屋の雰囲気が一変して気持ちがすっきりし新たなアイデアと意欲が湧きあがる。 

ドイツなどには毎日5時間前後も掃除に専念する主婦がいて家の隅々までピカピカだというような話しも聞く。 

-----------------------

Collins Cobuild Advanced Learner's English Dictionary には次の記述がある:

If someone says that cleanliness is next to godliness, they are referring to the idea that people have a moral duty to keep themselves and their homes clean.

------------------------------

掃除は a moral duty である というわけで Madonna もそんな感覚を持っているのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英語の語彙:雑談(52)

The World is Your Oyster という語彙

今日(2008年4月11日) Wall Street Journal から次のような新刊書の広告メールが届いた。

----------------------

Dear Subscriber,

"In the fall of 1995, I set out to become a global investor...
I'm convinced that as great as the opportunities are in America, they're not the only ones the world provides."
-Jeff Opdyke, "The World is Your Oyster"

We're proud to announce a timely new book from Jeff Opdyke, personal finance reporter for The Wall Street Journal, on how to make smart investments in the global stock market.

-------------------------

The World is Your Oyster という表現も 「塔」 で習得した語彙である。

-------------------------

『Cambridge Advanced Learner's Dictionary』 の記述:

the world is sb's oyster

If the world is someone's oyster, they can do what they want to or go where they want to:

You're young and healthy and you have no commitments - the world is your oyster.

--------------------------

『 E-DIC』 の記述:

The world is someone's oyster.

「世界は~のものだ,世界は~の思いどおりになる」¶In the summers of our childhood, we laughed and played on the beach all day. The world was our oyster.(子どものころの夏は,一日中,浜辺で笑っては遊んでいた。世界は自分たちのものだった)¶Jay was young, rich, handsome. The world was indeed his oyster.(ジェイは若くて金持ちでハンサムだった。世界はまさに彼の思うがままだった)¶I have failed again. I guess the world will never be my oyster.(また失敗した。世界は絶対にぼくの思いどおりにはならないようだ)

----------------------------

「塔」 を完成したら The bookreading-world is your oyster. ということになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「塔」完成に要する時間(4)

「塔」完成に要する時間(2) で ― 「人のやり方・体力・能力その他いろいろな面で個人差が極めて大きい」 ・・・ 必要時間数はいかようにでも大きくなったり小さくなったりします。 しかし、そのことが語彙強化の質に与える影響の非常な大きさも認識しておくべきでしょう ― と述べました。

これについて、もう少し考えてみましょう。

私は 「学習辞書の暗記 (1字1句の丸暗記ではありません。内容の暗記です)」 がネイティヴ・スピーカーの語彙力に肉迫するための最善の方法であることについては確信があります。 文字通り究極の語彙強化法だと自負しています。

学習辞書を読み進めるだけでも多大な効果のあることは、ちゃんと実行したあるいは今している人たちにとっては、明らかなことだと思います。

また、カード作成の効用についても、何度も述べてきましたように、疑念を持っていません。 辞書の未知語彙にマークするだけでは関連学習の成果を記録できないし語彙の維持・長期記憶に欠かせない復習 (私でも、短期記憶だけであれば、1時間に多義語も含めて50語超は確実に暗記できます) を徹底できないという経験知があるからです。 完全に記憶済みだと安心して放置したら、私の場合、半年も経ったらすっかり忘れてしまったし、今もその可能性はあり、したがって復習は半永久的に続けるつもりです。

語彙(単語・熟語・スラングその他すべてのチャンク表現)はおそらく2万語を超えたレヴェルあたりから語彙相がかなり変わってきます。 それまでの語彙暗記の経験則があてはまらなくなるのです。 私にはどうしてもカードが必要だった。 たとえば、pop pills  pop your clogs  pop the question  Hey Pop, can I do anything to help?  a bottle of pop  take a pop at  pay $5000 a pop   till I pop off  pop sb off  pop-up  pop-up machine  poplin  poppadum   snap poppers  take poppers というような語彙群はカードで整理しておかないと、私の場合は、混乱して復習の効率や精度が落ちるかあるいは復習自体が不可能になります。

しかし、同じような成果を達成するのに、私が設定した2000時間や4000時間という数字がもっと短縮される可能性は多分にあります。 ひょっとしたらそれぞれ500時間や1000時間になる可能性だってあるでしょう

その原因は ひとつは 「能力差」 です。

----------------------------

極端な例ですが 『文芸春秋(総力特集 脳力革命)2008年5月号』 から引用します。

(引用開始) 僕の友人の数学者は、数学の問題を解いていたら、楽しみにしていた夕食のカレーライスを食べることを忘れてしまって、気が付いたら朝、スズメがチュンチュン鳴いていたという。 きっと”数学脳”なんでしょう (引用終止・茂木健一郎氏談) 

これほどの集中力はすごい能力です。

(引用開始) 素質、筋肉の質、関節の柔軟性そして人気と、どれをとっても超一流でした。彼は肺活量が七千五00あったんですよ。 プロでも平均六000、 一般男性の平均は四000ですから、すごさが分かるというものです (引用終止・横浜ベイスターズ投手・工藤公康氏の渡辺久信・元投手についての談)

こんな人も実在するわけです。

------------------------------

私など、足元にも及ばない 「語彙脳」 の持ち主も多数実在するはず。 そうなれば 「必要時間数はいかようにでも小さくなる」 しカードなど不要かもしれない。 

そんな優れた語彙脳を備えて 「5万~10万語超の暗記」 を達成された方も、そのプロセスをぜひ教えてください!

英語学習時間については http://www.ies-school.co.jp/column/roadtotatujin.php なども参考にされたし。

記事とはまったく無関係ですが http://sankei.jp.msn.com/photos/culture/academic/080411/acd0804111834009-p1.htm の映像 私たちはこんなに美しい球体に棲んでいる!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「塔」完成に要する時間(3)

(未知語彙が5000語の場合) は合計 2000時間、(未知語彙が1万語の場合) は合計 4000時間で、時速は2.5語 (ただし個人差大) という ― 私の実際の経験に基づいた ― 話しをすると「何と効率の悪いやり方なんだ!」 というコメントが必ず返ってきます。

学習辞書を利用しカードを作成したあと丹念に暗記し半永久的に復習を繰り返すという 「塔方式」 がとてつもなく不自然なしかもベラボウな時間のかかる方法だという印象を持つ人が多いわけです。

もっと自然で効率の良い方法があるはずだと ― 「塔」 に匹敵する実証済みの方法を何ひとつ知らないにもかかわらず ( この言い方に反発を感じる方はどうぞ「塔」を無視してご退場ください。そして、自分独自のもっと効率の良い方法を確立して それを実行し成功した後で ぜひ教えてください!) ― 甘美な夢想を抱くのです。 

もっと自然で効率の良い方法」 を夢想する人の多くは 「ネイティヴ・スピーカーが語彙を増やすプロセスこそ自然で効率的な方法」 だと考えがちです。 「我々は日本語の語彙を学習辞書を利用して覚えたのか、そうじゃないだろう」 と主張します。 

とんでもない誤解です。

もし 「自然な語彙の習得法」 = 「実生活の中で無意識に覚えるプロセス」 だとするなら、そうしたプロセスだけで覚える語彙の数は英語の場合1万3000語ぐらいでしょう。 これはネイティヴ・スピーカーが6歳ぐらいまでに習得する語彙数です。 

この1万3000語の語彙を 「自然に覚える」 ためにネイティヴ・スピーカーはどれだけの時間を費やしているとお考えか?

毎日8時間英語に接するとして6年間で1万7520時間。 その間に覚える語彙数が約1万3000語。 語彙習得スピードは時速 0.74語 ですよ。 簡単にして時速1語だとしておきましょう。

その後は強制的な教育を受けて文字を習いものを読んだり語彙リストを暗記したり辞書を利用したりして習得する語彙が圧倒的に多くなります。 

だから文字なしにいわゆる自然に覚える語彙数はその後はあまり増えません。 だいたい1万数千語どまりではないかと思われます。 

実際、日本人の場合でも、日本語の語彙の少ない人たち学校の勉強や読書をほとんどしない人たちの語彙数はその程度で、普通に就職するのも困難です。 

そして、就学して成人するまでに、たいていのネイティヴ・スピーカーは学習辞書基準で5~6万語ぐらいの語彙を習得します。 前述の1万3000語に加えて37000語の語彙を習得する計算になります。 その間16年間で、毎日10時間英語に接するとして58400時間。 この場合の語彙習得時速は 0.63語ですよ。 ただし、10万語程度の語彙数を習得する人もそんなに珍しくない。 その場合の時速は 1.5語。 

そこで、全体を通して時速1語(習得語彙約7万語)としてもそんなに非現実的な計算ではないでしょう。 

他方、「塔方式」 の時速は2.5語です。 しかも覚える語彙の質・量は市販の単・熟語帳などをはるかに凌ぐレヴェルです。

「アンチ・バベルの塔」 は決して効率の悪い方法ではないのです。 

また、「ネイティヴ・スピーカーが語彙を増やすプロセスこそ自然で効率的な方法」 だと信じていたらそれこそ生涯幼児並の語彙力しか身につきません。 あなたが毎日英語に接する時間を考えてみてもそんなことは明らかでしょう。

ちなみに私たちの生涯労働時間は約8万時間定年後の自由時間も約8万時間です。

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« March 2008 | Main | May 2008 »