« ちょっとひとこと(4) | Main | ウォール・ストリート・ジャーナル・オンラインより (1) »

ちょっとひとこと(5)

私が 「塔」 でいったいどれほどの語彙を習得したかについて具体的なイメージを把握できない人たちも多いと思います。

見出し語4~5万語といいあるいは総語彙数10数万語といってもいっこうにぴんと来ないのが普通でしょう。 

辞書自体が謳っている総語彙数などを見て抱くイメージと実際にその辞書を吟味したときの印象はかなり異なることが通常です。 特に総語彙数に関してはそんなに多いのかなと感じることが多い。 辞書自体に見出し語やその他の語彙の正確な数に関してまったく言及がないしいちいち数えた人もだれもいない。

そこで、もし 「塔主」 が取り組んだ語彙に関して疑念をお持ちであるなら、ぜひ図書館や書店で (すでに手元にお持ちの方は誤解のしようがないでしょう) 「塔」 のターゲット辞書となった 『Cambridge Advanced Learner's Dictionary』 の現物を見ていただきたい。

並んでいる語彙が ― コーパス準拠だから当然ですが ― ごく普通の語彙であることがよくわかりますよ。 難語などはひとつとしてありません。 必須の語彙ばかりです (ただし、その語彙群から自分の必要に応じて語彙を取捨選択するのは各人の自由です)。 また、専門用語や業界用語などは記載されていない。 ちなみに、専門書を読むこと自体は ― その分野の知識・理解があれば ― 1部の人が思っているほど難しくはないしむしろかなり易しいことが多い。 その際、専門用語以外の語彙は1万語前後もあれば充分でしょう。

そんなわけで、まず 『Cambridge Advanced Learner's Dictionary』 をじっくり吟味してもらって、そのあとでいろいろなコメントをいただくほうがお互いの誤解もずっと少なくなるでしょう。

それから、英語一般や英語の語彙に関してみなさんが今までに指摘あるいはアドヴァイスしてくださったことは ― その心遣いについてはたいへん感謝していますが ― 私にとってはすべて既知または経験済みのことばかりです。 I.S.P. Nation などの本もよく読んでいますよ。 

他から仕入れた知識や情報 (今の時代だれでもいくらでも入手できます) だけではなく、みなさん独自の経験・実証に基づいた話をぜひお聞かせください。 著名な言語学者その他の説などより何よりインパクトがあって参考になり価値が高いのはあなた自身の実証・体験だと思っています。 

よろしくお願いします。

|

« ちょっとひとこと(4) | Main | ウォール・ストリート・ジャーナル・オンラインより (1) »

Comments

ブログ長いこと読ませて頂いています。とても参考になります。
ただ、最近の記事は失礼ながら何に対しての発言なのかよくわかりません…。
突然、今までの記事との脈絡がわからなくなってしまったんですが、「議論」とか、何を指して仰っているのでしょうか?

Posted by: のだむ | September 18, 2008 at 03:00 PM

のだむ さんへ。

はじめまして。

>「議論」とか、何を指して仰っているのでしょうか?

Google で「アンチ・バベルの塔」を検索してみてください。「塔」について、さまざまな議論が行われています。

その中には私のブログなどほとんど読まないでなされている誤解に満ちた発言も多くあります。

そうした混乱は、私自身の責任でもあり、それを少しでも緩和したくて書いたのが最近の記事です。

そのために のだむ さん を当惑させてしまったのであればたいへん申し訳ないことをしました。

どうか悪しからず今後ともよろしくお願いします。

Thank you.

Posted by: k.y. | September 18, 2008 at 05:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/42506953

Listed below are links to weblogs that reference ちょっとひとこと(5):

« ちょっとひとこと(4) | Main | ウォール・ストリート・ジャーナル・オンラインより (1) »