« ネイティヴ・スピーカーの語彙数(2) | Main | ちょっとひとこと(5) »

ちょっとひとこと(4)

英語の語彙強化の鉄則

1 語彙数などに関する無意味な(=非生産的な)議論をしている暇があるならひとつでも語彙を覚えたほうがはるかにましなことを自分に言い聞かせて 「とにかく何かを実行すること」 が大事である。 自分の実力を超えるあるいは未経験のレヴェルや領域に関して 「~のはずである式」 の議論や提案をしてもまったく説得力がない。 

2 段階的に (たとえば、中学生用辞書 → 高校生用初級辞書 → 中級学習英英辞典) 学習辞書を暗記するのが最善の語彙強化法であることを受け入れて実行すること。 3ヶ月あるいは6ヵ月後には必ず効果を実感してニコッとする。 並行して98%超が既知語彙で書かれてある読み物をSSS多読・多聴方式 ( これで語彙が有効な程度に増えることは決してない!) で読んだり聴いたりして英語の総合力を養えばよい。 その他、市販の語彙集に取り組むことも ― ある段階までは ― 非常に有効であることは言うまでもない。

3 2を実行していて長期記憶に限界を感じる段階に達したら ―  カードを利用する 「塔」 方式 ― を採用すること(カードが不満ならその代替物を発明すればよい)。

4 「塔」 が無効だとあるいはあまり有効ではないと感じるなら、自分独自の方法を発明し実行すること。 だれかの方法に反発したり批判しているだけではただの時間の浪費である。 方法の如何を問わず何かを実行するほうが何もしないよりはるかにましなのだ。

興味がないなら無視して自分のやり方を考案して実行すればいいだけのこと。 だれもなにも強制していないしそんなことできるわけもない! 独自の方法がないなら他の実証された方法を参考にしたりとりあえず模倣したりそのうちに自分なりに修正を加えてもよい。 

私は、先ず 「コーパス辞書出現以前の学習辞書暗記」 によって飛躍的に語彙を強化し ― その後の長い試行錯誤を経て、さらに 「コーパスに基づく学習英英辞典」 という格好のツールの出現に助けられて ― 「塔」 を完成し文字通りの 「語彙強化におけるブレイク・スルー」 を経験した。

そして、いまだに 「塔」 を凌駕する語彙強化法を知らない。 あれば、ぜひ教えていただきたい。

|

« ネイティヴ・スピーカーの語彙数(2) | Main | ちょっとひとこと(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/42495408

Listed below are links to weblogs that reference ちょっとひとこと(4):

» 転職神奈川 [求人情報]
噂の転職神奈川 [Read More]

Tracked on September 16, 2008 at 07:33 PM

« ネイティヴ・スピーカーの語彙数(2) | Main | ちょっとひとこと(5) »