« ネイティヴ・スピーカーの語彙数(1) | Main | ネイティヴ・スピーカーの語彙数(2) »

好きなことば(2)

数学者・アンドリュー・ワイルズは1995年5月に 「フェルマーの最終定理」 を完璧に証明してみせた。

そのワイルズ教授は ― Perhaps I could best describe my experience of doing mathematics in terms of entering a dark mansion. You go into the first room and it's dark, completely dark. You stumble around, bumping into the furniture. Gradually you learn where each piece of furniture is. And finally, after six months or so, you find the light switch and turn it on. Suddenly, it's all illuminated and you can see exactly where you were. Then you enter the next dark room... ― と述べている。

私はこの教授のことばが好きです:

教授は毎日8時間7~8年間2階の自室にこもって「フェルマーの最終定理」に取り組んだ。

真っ暗な部屋に分け入りそのつど手探りの状態が長らく続く。何度も家具にぶつかりながらその内にぼんやり室内の様子がわかり家具の配置が見えてくる。 6ヶ月(約1500時間)ぐらい経つとついに部屋のスイッチが見つかる。 パッと部屋が明るくなる! しかしまた次の真っ暗な部屋が待っている。

教授はこんな生活を2万時間超続けて世紀の大事業を完成した。

凡人にとってはただの英語の勉強も似たようなものでしょう。

|

« ネイティヴ・スピーカーの語彙数(1) | Main | ネイティヴ・スピーカーの語彙数(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/42433219

Listed below are links to weblogs that reference 好きなことば(2):

« ネイティヴ・スピーカーの語彙数(1) | Main | ネイティヴ・スピーカーの語彙数(2) »