« メルヴィル 『白鯨』 語彙帳 (2) | Main | それぞれの人の「アンチ・バベルの塔」(1) »

メルヴィル 『白鯨』 語彙帳 (3)

This is my代替物( su-) for 拳銃 and 弾丸。 With a哲学的美辞麗句 カトー 投げる himself upon his剣; I 静かに( qu- ) ~に乗り移る( t- to) the船。 Thre is 無 驚くべき in this。 If  they とにかく 知っている(仮定法過去) it、 ほとんどすべての男 in their 程度、 そのうちに( s- t- or o-)、 心に抱く( c-) 非常にほとんど( n-)the同じ感情s ~に向けて( tow-) the大洋 with me

This is my substitute for pistol and ball. With a philosophical flourish Cato throws himself upon his sword; I quietly take to the ship. There is nothing surprising in this. If they but knew it, almost all men in their degree, some time or other, cherish very nearly the same feelings towards the ocean with me.

これは拳銃と弾丸に替わる私の手段なのだ。 カトーは哲学的な美辞麗句を吐いて剣に身を投げる。 私は粛々として船に乗る。 これは驚くようなことではまったくない。 海のことをとにかく知っていたら、 ほとんどの男は、それぞれなりに、いつの日か、海に対して私に酷似した思いを抱くようになる。

|

« メルヴィル 『白鯨』 語彙帳 (2) | Main | それぞれの人の「アンチ・バベルの塔」(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/43276759

Listed below are links to weblogs that reference メルヴィル 『白鯨』 語彙帳 (3):

« メルヴィル 『白鯨』 語彙帳 (2) | Main | それぞれの人の「アンチ・バベルの塔」(1) »