« November 2008 | Main | January 2009 »

それぞれの人の「アンチ・バベルの塔」(5)

-------------------------------------

私は「塔」に関して次のように考えている。

(1) そもそも「塔」など不要な人も多い。

(2) 人によって、「塔」に搭載される英語の語彙の質・量は異なる。

(3) しかし、(1)や(2)の立場は固定されたものではなく、将来変化する可能性を有したものである。

-------------------------------------

(2) について(その1)

人によって、「塔」に搭載される英語の語彙の質・量は異なる

これには2つの意味がある。

1 最終目標となる英語の語彙レヴェルは各人各様である

各人(成人)の日本語の語彙の質・量は大いに異なる。 日本語の語彙数が2万前後の人もいれば7万前後の人もいる。 各人の語彙の質も実に多様である。

そして各人の英語の語彙の質・量は各人の日本語の語彙の質・量を超えることはない。 各人の日本語の語彙レヴェルが各人の英語の語彙レヴェルの最高到達点になる。 このことからして 「これこれの質・量の英語の語彙を習得すべきである」 という主張はとかく批判を受ける。 

しかし、どんな話をする場合でも同じであるが、何か標準的な基準を設けないと都合が悪い。 私が英語の語彙の一般的な到達目標として 「中級(英英)学習辞典」の語彙レヴェル(数にして5万語前後)」 を掲げるのはそのためである。 それぐらいが日・英の標準的な語彙レヴェルなのだ。 

他方、実際の語彙習得に際して、そんな標準的な語彙レヴェルをめぐって各人が議論しても意味はない。 各人は各人なりの到達レヴェルを設定すれば良いわけでそんなことを議論しても意味はない。 極論すれば目標設定さえ不要だ。 各人の英語の語彙レヴェルが各人の日本語の語彙レヴェルに近づくほど不満は小さくなる。 他人の目標など気にせずに各人が勝手にやるのが1番だ。 そうすれば自ずと各人なりのしかるべきレヴェルに達する。 語彙数の議論などする時間があったら1語でも覚えたらいい

かくして、「塔」に搭載される最終的な英語の語彙の質・量は人によって異なる

2 最終の目標ではなく目下の目標となる英語の語彙レヴェルも各人各様である

目下の英語の語彙レヴェルが英検3級の人もいれば2級の人も準1級の人も1級の人もいるだろう。 各人は目下の語彙レヴェルに応じて 「建設可能なレヴェルの塔」 を構築する必要がある。 いきなり 「本格的な塔=最終目標レヴェルに達する塔」 を構築しようとしても必ず失敗する。 たとえば目下5000語の語彙レヴェルの人がいきなり5万語の語彙レヴェルに達する塔を建設しようとしてもそれこそ 「ドバイの超高層ビル」 よろしく破綻してしまう。 私もいきなり 「本格的な塔」 を建て始めたわけではない。 段階的に、試行錯誤を頻繁に繰り返しながら、よじ登ってきた。 無難なやりかたとして、たとえば、 「市販の単語帳」 「初級辞書」 「ニュヴィクトリーアンカー英和辞典」 「Longman Dictionary of American English」 という具合に徐々にレヴェルアップしていくべきだ。 あわてることはない ― 数年~10年~15年~20年かけてやればよい。 酒井邦秀流多読(語彙強化の手段としては不適)も併用して既知語彙の躍動を実感することも大切である ― この多読に適した本は既知語彙が98%以上の本である。 

かくして、 「目下の塔」 に搭載される英語の語彙の質・量も人によって異なる

1や2を無視した議論は混乱・誤解の極みに達して収拾がつかなくなる。 肝心なことは、あくまでも自分の現状を見据えて進むことである。 なお、「塔」 を凌駕する語彙強化法は ― 実証を欠くただのアイデアや議論は捨てるほどあるが ― 未だ皆無である。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

それぞれの人の「アンチ・バベルの塔」(4)

-------------------------------------

私は「塔」に関して次のように考えている。

(1) そもそも「塔」など不要な人も多い。

(2) 人によって、「塔」に搭載される英語の語彙の質・量は異なる。

(3) しかし、(1)や(2)の立場は固定されたものではなく、将来変化する可能性を有したものである。

-------------------------------------

(1) について(その4)

「塔など不要だ」 だと思っている人のなかには 「多読」 で十分な語彙が身につくと考えている人も多い。 私は、「日本人が普通の多読だけで獲得できる語彙は5000語前後」だと考えている。 よほど多数のそして多方面の本を読む人なら1万5000語前後まで増やせるかもしれない。 しかし、それ以上はほとんど想像できないし、そんなことをした人も知らない。

多読だけでどの程度の本まで読めるようになるのか?

酒井邦秀著 『さよなら英文法!多読が育てる英語力(ちくま学芸文庫)』 によると、帰国子女でもない日本の普通の 「中学1年生がスティーブン・キングを読んだ!」 らしい。 あるいは、高校2年生が 『ハリー・ポッター』 の第3作を5日間で読み終わって 「3割しか分からなかったけどおもしろかった」 という感想を漏らした由。

まともに文法も語彙も知らない中・高生がこんな体験ができるのはすばらしいことだ。 

しかし、「塔主」 は、そんな読み方は、3割や5割分かる程度にすぎない読み方は、「読む」 という行為ではないと思っている

その3割でさえ本人の申告に過ぎない。 ほんとうにたとえ3割だけでも理解できているのかどうか極めて疑わしい。 私ならそんな状態を 「読んだ」 とはとても言えない。

3割でも本人が楽しんでやっているのであれば自然な英語にも慣れるし多少の語彙も増えるしたいへん結構なことである。 おおいに奨励してもよいことだ。

ただ、 文法や構文学習・語彙暗記を有害視してそんな 「読書もどき」 だけを奨励するのであればいただけない。

酒井先生の 「多読原理主義」 の最大の弱点は 「いったいどれだけほんとうに読めているのか?」 という客観的なチェックがまったくないことである。 ないどころかそんなチェックをすること自体を害悪視する。 24時間日本語の生活・教育環境の中にいながら酒井流多読だけでネイティヴ・スピーカーと同じ読書力が身につくと主張されるのはあまりにもユートピア的だと感じる。 

重ねて申し上げるが 「塔主」 は 「語彙原理主義」 ではない。 「十全な読書=日本語でするようなレヴェルの読書をするための語彙強化」 の至上手段が 「塔」 だと考えている。

おびただしくある不明点をすべてすっ飛ばして予測読みする」 だけなら 「塔」 など無用の長物だ。 膨大な時間を費やして 「塔」 など建てる必然性はまったくない。 そのかわりいつまでたっても 「十全な読書」 は望むべくもない。 生涯 「読書もどき」 で終わることになる ― 他方、本人がそれで満足なら他の人があれこれいう筋合いのものでもない。 

「文法・構文原理主義」でも「語彙原理主義」でも「多読原理主義」でもその他「~原理主義」でも英語は十全に読めるようにはならない。 文法・構文+語彙+多読+その他を相携えてはじめて日本語並みの英語読みが可能になる。 

「多読原理主義」では酒井先生が楽しんでおられるような高レヴェルの英語の読書はいつまでたっても成就しない。 酒井先生自身40歳を過ぎるまで文法・構文+語彙+多読+その他を懸命に勉強されていた。 そんな勉強は有害でさえあったと言わんばかりの主張はどうしても納得しかねる。 そんな勉強があったからこそ今日の酒井先生があるのだと思う。 

「多読原理主義」 を貫徹して酒井先生レヴェルの英語力を獲得した人はいない!

追記: 私はおこがましくも批判めいたことばかり書いていますが酒井邦秀著 『さよなら英文法!多読が育てる英語力(ちくま学芸文庫)』 は1読に値する本です。 特に文法などが嫌いで英語の読書にあまり縁がなかった人たちには福音=Goodnews でしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それぞれの人の「アンチ・バベルの塔」(3)

-------------------------------------

私は「塔」に関して次のように考えている。

(1) そもそも「塔」など不要な人も多い。

(2) 人によって、「塔」に搭載される英語の語彙の質・量は異なる。

(3) しかし、(1)や(2)の立場は固定されたものではなく、将来変化する可能性を有したものである。

-------------------------------------

(1) について(その3)

「塔など不要だ」 とか 「語彙に関して不満はない」 とか思っている人でもひょっとしたらこのブログを読んでくださっているかもしれない。 私はそんな人には アルクの 『究極の英単語 SVL Vol1~.4』  だけでもゆっくり覚えていくことを薦めたい。 「それぐらいの単語は全部知っているぞ」 という人ならもちろん不要な単語集であるが、そうでもない人も非常に多い。 じっくり取り組んですべて覚えできるだけ毎日復習を繰り返して忘れないようにすれば 「英語で読書」 が格段に楽しくなる。 いくら説明しても実感は湧かない。 とにかく覚えて違いを体験するしかない。 その際に 「塔」 のカード様式その他を利用して自分なりの暗記法を工夫すれば能率が向上する。

何も多読をやめろと言うのではない。 どんな本でも、絵本でも、スラスラ読める本であれば楽しい。 それをやめる必要はない。 本も読みながら 『究極の英単語 SVL Vol1~.4』  だけでも覚えるわけ。 そうすればもっとおもしろい本も読めるようになる。 『究極の英単語 SVL Vol1~.4』  を全部覚えてもネイティヴ・スピーカーの小学生レヴェルの語彙を超えることはないが、その小学生でもいろいろな本を楽しんで読んでいるのだから、ほとんど読めない状態に比べたら世界は様変わりになる。 連語表現も単語に劣らず重要だから適切な熟語集を見つけて取り組めばさらに英語がおもしろくなる。 英検1級前後の人であれば 『Slangman Guide ( WWW. SLANGMAN.COM) 』 シリーズが最高に良い。

酒井邦秀著 『さよなら英文法!多読が育てる英語力(ちくま学芸文庫)』 はたいへん面白い本である。 ぜひ1読を薦めたい。 そのなかに 「単語強迫症」 という記事があって ― 酒井先生からみれば「塔主」はまぎれもない単語強迫症患者かもしれないが ― 治療法: 治療は比較的容易で、一つ一つの語が気にならないほどおもしろい本にぶつかれば徐々に治癒へ向かう。 ごくたまには英語を獲得したいというよりも、単語を増やしたい人がいて、そういう人たちは治癒を望まないことが多い と書いてあって「塔主」は思わず笑ってしまった。

しかし、 「単語強迫症」であろうとなかろうと、おもしろい本であればだれでも引き込まれる

 「塔主」 などひたすら物語を追いつつ時間も忘れ何語で読んでいるかも意識せずうっかりすると電車を乗り越したりする。 その余韻は寝ても残っていて英語で夢を見る。 夢の中では私も登場人物で勝手なことを英語でしゃべっている。 「塔」の復習も続けているからたまに語彙の語義が目の前にフォントも鮮やかに現れる。 そんなときは夢の中で 「ヘー!」 と思っていたりする。

前回にも言ったが 「塔」 は多読をさらに楽しくするために建てるものである。 「塔のための塔」 ではない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それぞれの人の「アンチ・バベルの塔」(2)

-------------------------------------

私は「塔」に関して次のように考えている。

(1) そもそも「塔」など不要な人も多い。

(2) 人によって、「塔」に搭載される英語の語彙の質・量は異なる。

(3) しかし、(1)や(2)の立場は固定されたものではなく、将来変化する可能性を有したものである。

-------------------------------------

(1) について(その2)

「塔」など不要だと感じる人たちの大半は下記のクリストファー・ベルトン氏の主張を容易に受け入れられる人たちだと思う。

クリストファー・ベルトン著 『英語は多読が一番!(ちくまプリマー新書)』 を読むと 「単語の5段階分類」 という1節があって次のように単語を分類している。 ただし、この中には単語と同様に重要な熟語・イディオム・スラングその他のチャンク表現の例は含まれていない。

---------------------------------------

(1) 使用頻度が高い語
(例) I, me, you, she, her, he, him, they, the, a, be, is, are, was, do, will, in, out, on, come, go, give, take, etc.

(2) 使用頻度が中ぐらいの語
(例) mouth, hand, car, tree, walk, sit, stand, eat, drink, run, climb, happy, calm, beautiful, ready, very, fast, slow, etc.

(3) 使用頻度が低めの語
(例) examination, highway, station, calculator, groan, describe, confirm, release, humid, equal, bright, sadly, cautiously, comfortably, etc.

(4) 使用頻度が低い語
(例) cartridge, armoury, dungeon, axel, distil, plough, gyrate, degenerate, grotesque, exponential, solitary, tremulously, tartly, sanctimoniously, etc.

(5) 使用頻度が非常に低い語
(例) histogram, underwriter, insurgent, sediment, purge, disseminate, regurgitate, defibrillate, etc.
rgent, sediment, purge, disseminate, regurgitate, defibrillate, etc.

---------------------------------------

クリストファー・ベルトン氏は ― 外国語の教師となりうるもののうち、「物語の本」に匹敵するものはありません ― と述べて、多読を奨励し、「辞書の使いすぎは逆効果」で、(4)の使用頻度が低い語や(5)の使用頻度が非常に低い語の意味を調べる必要はないとしている

つまり ― 私の理解するところによれば ― (4)や(5)のレヴェルの語彙は覚える必要はないということになる。 結局、(4)や(5)の語彙は生涯身につかないわけだ

私はそれは 「とんでもないことだ!」 と考えている。(1)(2)(3)のレヴェルの語彙だけでは(ネイティヴ・スピーカーなら)8歳ごろから楽しめる 『ハリー・ポッター』 でさえスラスラ読めない。 ましてや成人用の物語など読めない。

それで満足な人は何の問題もない。 

しかし、私は嫌だった。 「中級学習(英英)辞典」たとえば 『ロングマンアメリカ英語辞典』 にほぼすべて掲載されていて「上級学習(英英)辞典」にはすべて掲載されているような ― つまり普通に教養のあるネイティヴ・スピーカーならだれでも知っているような語彙を生涯知らないままに過ごす事など考えられなかった。いくらクリストファー・ベルトン氏が「そんな語彙は知らなくてもかまわないよ」といっても「あなたはみんな知っているでしょう。そんな語彙で自由に書いたりしゃべったりさえできるでしょう」と思うからである。

日本語の(4)や(5)レヴェルの語彙を知らずして夏目漱石や京極夏彦が楽しめようか? 決して楽しめない。

そして、「中級学習(英英)辞典」で「塔」を建てて(4)(5)の語彙をほぼすべて覚えることは ― 年単位で取り組めば ― 不可能なことでもなんでもない

追記:今回の話は別にして、クリストファー・ベルトン著 『英語は多読が一番!(ちくまプリマー新書)』 はいろいろと参考になる。 皆さんにも、立ち読みだけでも、お勧めしたい。 「塔」 に劣らず多読も大事なことは何度も言及した通り。

「塔」と「多読」は互いに相容れないものでは断じてない

「塔」は読書を十全に楽しむために建てるものであり、読書を楽しめば楽しむほど「塔」への信頼がゆるぎないものとなり、「塔」は輝きを増す。

その輝きが「塔の崩壊」を食い止める「復習意欲」を持続させ、「塔載語彙」の暗記を限りなく100パーセントに近づけていく!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メルヴィル 『白鯨』 語彙帳 (4)

There 今 is your島の都市 of theマンハトーs、 帯状に囲まれて ぐるりと by 波止場s as インドの島s (i-) by サンゴ礁s - 貿易 囲む it with her寄せ波。 右 and 左、 the街路s 連れて行く you 水辺へ。 Its最端の繁華街 is theバタリー、 where that高貴な防波堤 is 洗われる by 波s、 and 冷やされる by 浜風s (b-)、 which 2~3時間s前に ( p-) were 視界外で ( o- of s-) of 陸地。 見よ at the群集s of 水-見つめる人s there.

There now is your insular city of the manhattoes, belted round by wharves as Indiuan isles by coral reefs - commerce surrounds it with her surf. Right and left, the streets take you waterward. Its extreme down-town is the Battery, where that noble mole is washed by waves, and cooled by breezes, which a few hours previous, were out of sight of land. Look at the crowds of water-gazers there.

今やマンハトー族ゆかりの都市ができ、ぐるりと波止場があるのはサンゴ礁に包まれたインドの島さながら - 交易の波に囲まれている。 左右どちらに向かっても街路は水辺に通じている。 南端の繁華街はバタリー(オランダ要塞跡)で、高貴な防波堤が波に洗われ、数時間前まで陸地からは見えなかった浜風が涼しい。 そこで水面(みなも)をじっと見つめる人たちを見よ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それぞれの人の「アンチ・バベルの塔」(1)

-------------------------------------

私は「塔」に関して次のように考えている。

(1) そもそも「塔」など不要な人も多い。

(2) 人によって、「塔」に搭載される英語の語彙の質・量は異なる。

(3) しかし、(1)や(2)の立場は固定されたものではなく、将来変化する可能性を有したものである。

-------------------------------------

(1) について:

各人が必要とする語彙力は各人が満足できるレヴェルの語彙力である

私はこのブログを書きながらそれを痛感するようになった。たとえば、今英検2級合格程度の語彙力があってそれで不満のない人もいる。そんな人は既知語彙の範囲で英語に対処してほとんど不満がない。

また、英検準1級合格レヴェルの語彙力の人もいて、それで満足な人ももちろんいる。専門分野の英語を習得すれば論文も読み書きできるし慣れればプレゼンテーションや多少のディスカッションもできる。

あるいは英検1級合格あるいはそれを超えるレヴェルの語彙力の人もいて、それで満足な人もいる。たいていのことはできると思っていて実際たいていのことを英語でこなしている人も多い。その人なりにこなすことができていてご本人はそれで格別の不満を感じていない。

そんな人たちに「塔」の話をしてもさっぱり受けない。「語彙オタク!」という反応になる。「お前は語彙さえあれば何でもできると思っているのか!?」というような私にすればとんでもない感想をもらす人もいる。 

そんな人たちが「塔」など建てようとは思わないし、思わないどころか強く反発する人もいる。「多読」とか「推測読み」とか「単語帳で十分」とか「文化の理解」とか ― それぞれにちゃんとした効果もあるから当然のことでもあるが ― いろいろ他の手段を強調する人も多い。

「そもそも語彙数などどのように計算するのか?」と不毛な議論を持ち込む人もいる。私が「上級学習(英英)辞典」を基に2万語超の語彙を新たに獲得したなどというと「計算が合わないぞ」と激しく追及する人もいる。ならば「上級(英英)学習辞典」をじっくり見たらいやでもどんな語彙がどれだけあるのか一目瞭然なのに不思議にそんなことをする人はまれで数あわせばかりにご執心である。 他方、あんなに反発するのは自分の語彙にかなり不満であることの証明なのかとも思う。 ほんとうに不満がない人なら「塔」などにわざわざ来ないだろうと推測するからである。 また、「塔」を凌駕する方法で「塔」を越える成果を確実に産み出している人なら反発ばかりしていないでその方法を教えてくれるはずだと思う。 

いずれにせよ、私は、人それぞれに考え方が違って当然だと思っている。だれもが同じように考えるとしたら異常だ。そして、「必要も感じないことを実行する」人はいない。お付き合いですることではまったくないし、他にするべきことはいくらでもある。

「塔」のすばらしさは建ててみなければ分からないけれど、何も不満のない人にとってそのすばらしさは蜃気楼に過ぎない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »