« コメントにお答えする(2/2009) | Main | コメントにお答えする(4/2009) »

コメントにお答えする(3/2009)

chisa さんへ。

はじめまして。コメントありがとうございます。

> 先日、大学の教授から辞書暗記について聞き・・・

「辞書暗記」に関心を持つ人の割合は、特に、真剣に語彙強化を考えている人の場合は、そんなに低くない思います。

英語の参考書など皆無だった時代には辞書が文字通り重宝されたことは周知の事実です。書生たちはそれこそ必死になってまず辞書を手で書き写した。

今はあらゆる英語の教材があふれています。そのために、「辞書暗記」など非効率でとんでもないことだと考えられがちです。

しかし、「塔主」は「(広辞苑のような辞書暗記」ではなく「学習辞書暗記」を主張しているのです。コーパスが普及した現代の「学習辞書」には覚えなくてもいい語彙などありません ― ただし、必要な語彙の質・量は人によってさまざまですから、不要な語彙だと思ったら各自の判断と責任で無視すればいい

だれでも「初級学習英和辞典」は、その気になれば、覚えられます。まず、読むだけでもかまいません。その後、「中級学習(英英)辞典」、さらには、「上級学習(英英)辞典」を読み込んだら、「英語の世界」はパッと明るくなります。 さらに「学習辞書」を覚えたら「英語の世界」はまさに激変します。 

「学習英英辞典」はCD-ROMその他も利用できます。至れり尽くせりです。しっかり利用すれば「学習辞書」に関する悪しき偏見など粉みじんに吹き飛んでしまいます。幕末・明治初期~コーパス以前の辞書に対する人々の固定観念が未だに非常に強い。そんな固定観念が現代の著しく進化した「学習辞書」を遠ざけているとしたら何と残念なことでしょう!

> 私が持っているのはEXCEEDという辞書ですが、やっぱり覚えるためには紙に書いたりした方がいいんですかねぇ。読むだけならいつでもどこでもできるので、効率的ですね。

やりかたは、何でもかまわないです。結果が出たらそれでOKです。試行錯誤しながら自分のやり方を発見し、さらに、必要に応じて、やりかたに随時修正を加えて、継続学習すればいいだけです。「塔」は実証済みのひとつの完成系ですから、何かの参考にしていただけたら幸いですし、他に方法が見つからなかったらそのまま利用してもらってもかまいません。

とりあえずは何かを実行すること」こそ大事だと思います。

これからもよろしくお願いします。

Thank you.

|

« コメントにお答えする(2/2009) | Main | コメントにお答えする(4/2009) »

Comments

コウビルド中級辞書を暗記しようと思ってるのですがやはりコウビルドよりロングマンの方が良いのですかね

中級者の私にはコウビルドの方が良く思えたのです

でも長期的にみるとロングマンの方が良いとも聞きます

自分で読んだだけでは長期的な観点からの判断は出来ないので良ければアドバイスよろしくお願いします

Posted by: atari | January 17, 2009 at 11:24 PM

atari さんへ。

> コウビルド中級辞書を暗記しようと思ってるのですがやはりコウビルドよりロングマンの方が良いのですかね

どれがいいのか、それこそご自身の好みのものを選択すればいいでしょう。図書館などでじっくり読み比べてみたら自分に適しているか否かかなり正確にわかります。各辞書にそれぞれの特色はあるが客観的に指摘可能な優劣はありません。各自の好みによって選ぶしかありません。

私はほとんどあらゆる学習辞典をそろえて適宜利用しています。

しかし、暗記するのは、学習辞典のレヴェルは別にして、どれか1冊で十分です。他に補充したい語彙があったらそれに追加すればいいだけです。

> 中級者の私にはコウビルドの方が良く思えたのです。でも長期的にみるとロングマンの方が良いとも聞きます

そんなことはありません。あくまでも各自の判断を基準にすべきで他の人たち ― 大学教授・各種専門家その他肩書きや有名・無名の如何にかかわらず ― の意見は参考にはしても気にする必要はまったくありません。自分なりに納得できる辞書こそ最高の辞書です。

> 自分で読んだだけでは長期的な観点からの判断は出来ないので良ければアドバイスよろしくお願いします

繰り返しになりますが学習英英辞書に優劣はありません。 そして、各辞書にはその仕様について詳細な説明があります。その説明と本文をしっかり読めばどんな辞書なのかいやでも分かります。

ちょっと贅沢が許されるなら、私のように代表的な学習英英辞典を全部買い揃えても決して無駄にはなりません。覚えるのはどれか1冊ですが、他の辞書もそろえておけば何かと便利です。どれもすばらしい辞書ばかりですから。

さらに、途中で暗記する辞書を変えてもほとんど支障はありません。

そして、悩んでいる時間があるなら、悩むのをやめて、ひとつでも多く語彙を覚えるほうが得策です。 悩む人は多くても実行し継続できる人は実に少ないのです。

以上、少しでも参考になれば幸いです。

Posted by: k.y. | January 18, 2009 at 12:09 AM

ご丁寧にお答えいただきありがとうございます

早速今日コウビルドを買いにいこうと思います

Posted by: atari | January 18, 2009 at 10:32 AM

はじめまして。一年程前からこのウェブサイトにちょくちょくお邪魔してはモチベーションを上げて頂いているものです。
一昨日、アンチバベルもどきの方法でSVL12000を暗記(正確には転記)し終えました。約14ヶ月で一万語を覚えまして、TOEICは740点から960点にまであがりました。(多分TOEICだけに関していえばもうちょっと効率の良いやり方があるような気もしますが)だいぶ読書やテレビを見るのが楽になりました。(ただ、達成感というのはあまりなく、勉強すればするほどゴールが見えなくなっていきます。日本語を話せる自分を不思議に思うときも多いです(笑))
このサイトに一年前出合わなければこれだけモチベーションを維持できなかったと思います。
ありがとうございました。
ところで質問が二つあります。
①k.y.さんは一日どれくらい英語に接していらっしゃいますか?(アンチバベルの復習は除いた時間でお願いします)
②単語転記の時点で、見たことも聞いたこともない単語だが、意味は容易に想像がつき、辞書で調べたらやはり予想通りの意味しかなかった場合、アンチバベルに組み込むべきでしょうか?
以上、お時間ありましたらお願いいたします。

Posted by: yu-ki | February 05, 2009 at 03:40 AM

学習英英辞典に取り組むのは良いと僕も感じています。最初は単語帳で意味を覚えるということを中心にしてきたけど、正確にネイティブも含めて誰にでも分かってもらえるもの発信するというのを、とりくもうと思ったときに、どうしてもそれだけでは足りないと思ったからです。結局学習英英辞典に行き着いたという感じですね。

用法辞典(swanのもの)や文法書(grammar in useシリーズ)を通読したあとに始めたけど、最近の学習英英辞典は10年まえとは随分ちがって、用法やコロケーション、シソーラスも含まれているので、写経するだけでも感覚を身につけられる印象をもちましたね。つまり、おっしゃるように至れり尽くせりという印象です。また、それぞれの学習辞書にも得意な部分が違うし、用法やコロケーション、シソーラスの取り組みも違うし、合せて見ると確かに面白いんですね。

ちなみに、いま取り組んでいるのはcobuild 3rdの5つ星(14600語)の写経なんですが、それのまえはMED2の3つ星(7500語)の通読でした。cobuildも4th以後3つ星(3300語)になっちゃったのが残念ですね。

これほど根気のいる作業を実行した筆者には尊敬の念を禁じえません。

Posted by: いちどくしゃ | August 23, 2009 at 11:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/43764569

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(3/2009):

« コメントにお答えする(2/2009) | Main | コメントにお答えする(4/2009) »