« May 2009 | Main | July 2009 »

学習英英辞典を読む(8)

読んでいる学習英英辞典は、『Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』である。

------------------------------------------------------

accident の項目より

引用: 

An accident waiting to happen is a person or thing that is dangerous or unsafe.

My brother is the clumsiest person I know. He's just an accident waiting to happen.

( 私は、この項を読みながら、「マイケル・ジャクソンは (a drug addict wreck = ドラッグ中毒の廃人) だった」 と書いてあった新聞の記事を思い出した )

( 『E-DIC より』 ) be an accident waiting to happen

「(機械などがぼろぼろで)今にも故障しそうだ[事故を起こしそうだ];(人が不器用[不注意]で)今にも失敗[粗相]しそうだ,今にも事故を起こしそうだ」¶You should buy a new car. This old rattletrap is an accident waiting to happen.(新しい車を買うべきだよ。こんなおんぼろ,いつ事故るか分からない)¶Doris is so careless. She's an accident just waiting to happen.(ドリスは本当に不注意だよ。今にも何か失敗をしでかしそうだ)

accidentally の項目より

引用:

He bumped into heraccidentally on purpose. [=he bumped into her on purpose but he tried to make it appear to be an accident]

--------------------------------------------

話は変わるが、thereis only one of me という表現がある。また、there is plenty of wine というような表現がもある。 いずれの場合も of の用法は同じである。 「私はたったひとりしかいない」、「ワインはたっぷりある」。

そして、one of +複数 と思い込んでいると、混乱する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コメントにお答えする(9/2009)

fk さんへ。

コメントありがとうございます。

「塔」 を訪れてくださる方は多いのですが、「塔」 を参考にして語彙強化をされる方は多くありません。手軽な方法ではないからでしょう。

しかし、fk さんは試験的にせよ語彙強化に着手され、既に確かな手ごたえを実感しておられる。 これからまだまだいろいろな発見やら覚醒やらがあると思います。 先がたいへん楽しみです。 英語の風景が、読むときでも、聞くときでも、しゃべるときでも、書くときでも、確実に変わっていくのを体験されるはずです。

> 最初から辞書を用いるのは不安だったのと、何よりカード方式の効果を確かめたかったので、市販の単語集を何冊か購入し、表に英単語、裏に和訳というやり方でカード化しました。全部で2000枚ほどあり、ひと束100枚です。自分で実際にやってみることは重要ですね。

そうです! 理屈は抜きにして、とにかく自分でやってみないことには分かりません。 市販の語彙集と学習辞書は質・量ともにかなり異なるものですが、カード化の効用は同じです。

> まず定着の度合いが素晴らしいです(1時間で100個程度です)。また長期記憶に移行させるための復習も容易です。この復習が何よりも重要ですね。実際にやってみてよくわかりました。

そうですよ! 他のみなさんもぜひ試してください。 復習の容易さがカードの最大の利点です。

> ・・・・取り敢えずは忘却曲線を参考にし、臨機応変に変えていきたいと思います。

一般に流布している忘却曲線は、参考にはなりますが、あまりにも大ざっぱで、普遍的な有効性を持つものではまったくないでしょう。 人間の脳は不思議に満ちています。

ある範囲(各人によって大きく異なる)を超えた語彙群は、復習しなければ必ず忘れてしまいます。 また、復習を繰り返せば、たとえ忘れていても再記憶が速くなり、定着の度合いも徐々に向上します。 各語彙を見るだけでは即座に意味が思いだせなくても、読書やリスニングの場合のように文脈があれば、かんたんに理解できたりもします。 

> もちろんカードを用いても忘れます。しかし望むところです。そう思わせてくれるカードたち、もはや戦友です。

戦友・・・ そうですね、頼りになる砦(とりで)でもあります。

> ・・・恐らくOxford Advanced Learner's Dictionaryを使うことになると思います。

手ごわい相手になるかもしれませんが、あせらずに続けてください。

fk さんのブログも楽しみにして読ませていただきます。

今後ともよろしくお願いします。

Thank you.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

学習英英辞典を読む(7)

読んでいる学習英英辞典は、『Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』である。

------------------------------------------------------

abut の項目より

引用: 

Their property abuts [=adjoins] our property. = Their property and our property abut each other. [=their property is directly next to our property; an edge of their property touches an edge of our property]

[no obj] ▪ Their property and our property abut.

—often + on ▪ Their property abuts on our property.

( 『小学館ランダムハウス英和辞典』より )

■v.i.

【1】〈国・地所などが〉(…と)隣接する,境を接する,臨む ( on…) ;〈施設・建物などが〉(…に)接する ( on, upon, with, against…).

【2】(…に)寄りかかる ( against, on…)

■v.t.

【1】〈国・地所などと〉隣接する,境を接する;〈施設・建物の〉一端と接する:
two lots that abut each other 互いに接している2つの地所.

【2】…を(…に)もたせかける,寄りかからせる ( against…).

【3】迫台(せりだい)(abutment)で支える.

----------------------------------------------------

話は変わるが、『日経』新聞の20009年6月21日(日)に「現生人類が生き残った理由?」という記事があった。 その記事を読んでいて印象に残ったことを引用・列記しておく:

1 かつて地球上には20種類近い人類が住んでいた。 しかし、今いるのは私たちホモサピエンスだけ。

( 知らなかった! ちょっとびっくりした )

2 ネアンデルタール人はかつて人類の祖先と考えられていたが、骨の化石から取り出したミトコンドリアDNAの解析結果から、60万年前に分岐したと判明。

( これも知らなかった!)

3 約4万年前から1万年あまりは欧州で現生人類のクロマニヨン人と共存していた。

( これは知っていたけれど、具体的にどう棲み分けていたのか、交流はあったのかなかったのか、興味津々である )

4 ネアンデルタール人の石器は・・・新しい道具を開発した形跡はなく、20万年近く同じ形状だった。

5 クロマニヨン人はほぼ1万年おきに石器が進歩。

( へー! という感じである。 いずれにしても、今の変化に比べたら何とまあ気の長い・・・)

6 クロマニヨン人が言葉を獲得したのは洞穴に絵画を描くなど芸術製作を始めた3万年前ころとされる。

( どれくらいの語彙を使っていたのかいささか気になる。 また、どんな話をしていたのだろう? )

| | Comments (1) | TrackBack (0)

学習英英辞典を読む(6)

読んでいる学習英英辞典は、『Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』である。

------------------------------------------------------

abridge の項目より

引用: 

unlawful attempts to abridge [ = curtail, weaken ] freedom of speech

( 『小学館ランダムハウス英和辞典』より )

abridge

【1】〈文章・話などを〉要約する,短縮する SHORTEN 【類語】:
an abridged edition 縮約版.

【2】〈期間・範囲などを〉縮める;〈権利・権限などを〉縮小する,削減する:
abridge a lesson 授業を短縮する
abridge a visit 訪問を早めに切り上げる
abridge a person's freedom 人の自由を制限する.

【3】 古 〈人から〉(…を)奪う,取り去る ( of…):
abridge a person of his rights 人から諸権利を奪う.

absent の項目より

2 : not present at all : not existing

Vegetation is almost entirely absent from the landscape.

absolve の項目より

1 : to make (someone) free from guilt, responsibility, etc.

He was absolved of the responsibility of repaying the loan. [=he was not required to repay the loan]

His youth does not absolve him from being guilty for these crimes. = His youth does not absolve him of guilt for these crimes.

2 : to give forgiveness to (someone who has sinned) or for (a sin)

He asked the priest to absolve him (of his sins). = He asked the priest to absolve his sins.

----------------------------------------------------------

話は変わるが、中学や高校の英語の授業に関していつも強く感じていることがある。特に、中高一貫の有名私立校の英語の授業内容に関してである:

1 なぜ教材の解答・解説を生徒に配布しないことが多いのか? すべて配布すれば授業など聞かなくても、時にはもっと効率よく、独習できる生徒がかなり存在する。授業は自主学習成果の確認だけでもよいぐらいだ。 

2 あまりに多くの課題を与えすぎる。 限られた冊数の教材で充分である。 たとえば、『総合英語 Forest 』 と 『英語の構文150』 と 『基礎英作文問題精講』 と 『即戦ゼミ 大学入試 英語頻出問題総演習』 。 長文演習は授業で行う価値がある。

3 先生の発音やリズムは、1部の先生を除いて、ひどいものだ。 すぐれた音読の指導がぜひ望まれる。

みなさんは、いかが、お考えか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習英英辞典を読む(5)

読んでいる学習英英辞典は、『Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』である。

------------------------------------------------------

abomination の項目より

引用: 

something that causes disgust or hatred

Some people view the sculpture as art while others see it as an abomination.

( 『小学館ランダムハウス英和辞典』より )

abomination

【1】(人にとって)大嫌いなもの,ひどく嫌われるもの ( to…)
Smoking is an abomination to me. タバコは大嫌いだ.

【2】(…への)嫌悪,大嫌い ( for…):
hold snakes in abomination [=hold an abomination for snakes] 蛇を忌み嫌う.

【3】忌まわしい行為[状態,習慣],醜行,醜態:
Spitting in public is an abomination. 人前でつばを吐くのは実に嫌な行為だ.

----------------------------------------------------------

Some people view the sculpture as art while others see it as an abomination.

今回引用したこの例文はいくつかの意味でおもしろい。

まず、文脈からして、the sculpture は 「その彫像」 のことで、可算名詞である。それを art という不可算名詞で受けている(もちろん the sculpture is an art という表現も、ニュアンスはある程度異なるが、可能だろう)。

ところが、同じ the sculpture を、次に、an abomination と可算名詞で受けている。

そして art と an abomination の間に while というつなぎのことばが入っている。

けっこう考えさせられる例文である。

ちなみに、『COBUILD』 は art を次のように記述している:

1 N-UNCOUNT

Art consists of paintings, sculpture, and other pictures or objects which are created for people to look at and admire or think deeply about.
...the first exhibition of such art in the West.
...contemporary and modern American art.
...Whitechapel Art Gallery.

2 N-UNCOUNT

Art is the activity or educational subject that consists of creating paintings, sculptures, and other pictures or objects for people to look at and admire or think deeply about.
...a painter, content to be left alone with her all-absorbing art.
...Farnham College of Art and Design.
...art lessons.

3 N-VAR usu the N in pl

The arts are activities such as music, painting, literature, cinema, and dance, which people can take part in for enjoyment, or to create works which express serious meanings or ideas of beauty.
Catherine the Great was a patron of the arts and sciences.
...the art of cinema.

4 N-PLURAL oft N n

At a university or college, arts are subjects such as history, literature, or languages in contrast to scientific subjects.
...arts and social science graduates.
...the Faculty of Arts.

5 ADJ ADJ n

Arts or art is used in the names of theatres or cinemas which show plays or films that are intended to make the audience think deeply about the content, and not simply to entertain them.
...the Cambridge Arts Cinema.

6 N-COUNT

If you describe an activity as an art, you mean that it requires skill and that people learn to do it by instinct or experience, rather than by learning facts or rules.
Fishing is an art.

7

Art is an old-fashioned form of the second person singular of the present tense of the verb be.

8 see also Bachelor of Arts, fine art, martial art, Master of Arts, state-of-the-art, work of art

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習英英辞典を読む(4)

読んでいる学習英英辞典は、『Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』である。

------------------------------------------------------

ability の項目より

引用: 

Does he have the ability [ = authority ] to fire employees ?

abject の項目より

引用: 

The project ended in abject [ = complete, utter ] failure.

abode の項目より

― often used in legal language

How long has this been his principal place of abode ? [ = the place where he usually lives]

He has no fixed abode [ = no home, no permanent address]

( 『E-DIC より』 ) (of/with) no fixed abode

「住所不定(の)」¶The police cannot find him. He appears to be a man of no fixed abode.(警察はそいつを捜し出すことができない。住所不定の男らしいんだ)

----------------------------------------------------------

話は変わるが、今、読売新聞に 『IQ84』 の出版を記念して 「村上春樹氏インタビュー」 が掲載されている。写真から見てもすっかり風格のついた村上春樹は、現代の文学界を代表するエスタブリッシュメントのひとつだと感じる。

インタビューでの村上氏の発言はそれぞれ印象深いものであったが、「書きたいのに技術的に書けない、というものはずいぶん少なくなってきたと思う」 という発言を読んで、これこそ真の意味での「高度な言語学習でありその成果である」 と私は理解した。言語学習の至高の到達点は文学の創造にあると思っているからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習英英辞典を読む(3)

読んでいる学習英英辞典は、『Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』である。

------------------------------------------------------

abet の項目より

引用: 

She is charged with ading and abetting [ = helping and encouraging ] the thief in his getaway.

( 『E-DIC より』 ) aid and abet (someone) (in something [doing])

「(~の)犯罪を幇助{ほうじょ}する,(~を)教唆{きょうさ}する,煽動して罪を犯させる,(人を)そそのかして(~)させる」。abetだけでもこの意味があるが,しばしばaid and abetの形で使われる。おもに法律用語として使う。¶Pug was arrested for aiding and abetting his supervisor in a crime.(パグは上司の犯罪を幇助したかどで逮捕された)

abeyance の項目より

引用: 

The plans are in abeyance. = The plans are being held in abeyance. [ = the plans are not now being used ]

----------------------------------------------------------

話は変わるが、スティーブン・ピンカーはその著 『言語を生み出す本能』 の冒頭の章で ― いま、この文章を読んでいるあなたは、自然界のなかでもとびきり驚異的な現象に身をゆだねていることになる。これを読むあなたと、書いた私が属している「ヒト」という種は、さまざまな事柄を相手の脳の中にくっきりと再現する力を持っているからだ・・・人間は、口で音を出すだけで、相手の頭の中に、新しいイメージ配列をくっきり浮かび上がらすことができる。そんなことは当たり前に思えるので、どれほど奇跡的なことなのかをつい忘れがちだ・・・(太字 k.y.) ― と述べている。

思えば、実に不思議なことで、また、外国語も学べば分かるようになるのも同様に不思議なことではないか。「ヒト」 は人種にかかわらず共通の言語本能を持っているからだろう。人間の発する音声(あるいは書き言葉)はことごとく何らかの情報を担っていてそれを互いに瞬時に理解できる! 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習英英辞典を読む(2)

読んでいる学習英英辞典は、『Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』である。

------------------------------------------------------

abandon の項目より

引用: 

The company is doing poorly, and many investors have decided to abandon ship. [ = to sell their stock in the company ]

He abandoned himself to despair. [ = he was overcome by despair ]

abduct の項目より

引用: 

She claims that she was abducted by aliens. [ = that she was carried away in a spaceship by creatures from another world ]

----------------------------------------------------------

話は変わるが、作家・佐藤優(起訴休職外務事務官)は、『週間 東洋経済 6/20 特大号 「本当に強い中高一貫校」』 に寄稿した記事の中で 「語学習得の要諦は、いかに集中力を持って文法事項と語彙を覚えるかに尽 きる」 と断定している。

至極当然のことであろうが、世の風潮は概ね逆で、文法を軽視し幼稚な語彙で事たるとする。そんなことでは、せいぜい 「ペラペラ族」 しか生まれない。

「だいたい分かる」とか「英語は英語の語順で理解していちいち訳さない」 などと言っている人はその気になっているに過ぎない。時にはしっかり和訳して理解を確認することが欠かせない。そうする過程で「英語は英語の語順で理解」 できるようになる。

語彙に関しては、できるなら、「Longman Dictionary of American English Intermediate」 をあるいはそのレヴェルの他の辞書を覚えることだ。そうすれば、語彙レヴェルは幼稚ではなく普通になる
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学習英英辞典を読む(1)

学習英英辞典を読んでいると、おもしろいことがいくつかある。

そのひとつは、学校の英語の教科書や学習英和辞典には記述されていない例文が多くあることだ。

ペーパーバックなどを読んでいても同じことが言えるが、学習英英辞典の場合は、例文中で使われている語彙に分かりやすい説明があったり、言い換え表現が挿入されていたりして興味深い。

また、たとえありきたりの例文であっても、そこで使用されている語彙の説明や言い換え表現を読むと、何となしにあるいは微妙に違うところに目を向けさせてくれるようで楽しくなる。 「なるほど、こんなふうに言いなおせるのか!」とか思ったりする。

説明の仕方もおもしろい。

読んでいる学習英英辞典は、『Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』である。

------------------------------------------------------

a の項目より

引用: 

He's an A Student [=a student who gets A's for his school work]

― used like one before number words like third, fortieth, etc. ・This is a [=one] third the size of that.

― used like one before units of weight, measurement, etc. ・a pound or two [= one or two pounds] ・ a foot and a half of water = one and a half feet of water

― used before a proper noun that is acting as an example or type ・ the attraction of a Boston or a Cleveland

We were met at the door by an embarrassed Mr. Brown. [= Mr. Brown was embarrassed when he met us at the door]

----------------------------------------------------------

話は変わるが、ダン・ブラウンの 『天使と悪魔』 が大人気になっているらしい。それで、数年前に読んだペーパーバックの 『Angels & Demons』 を取り出してページをめくっていると484ページに私がマーカーで印をつけた ― "As you probably know, Vittoria, human beings normally use a very small percentage of their brain power. However, if you put them in emotionally charged situations - like physical trauma, extreme joy or fear, deep meditation - all of a sudden their neurons start firing like crazy, resulting in massively enhanced mental clarity." ― というセリフが見つかった。

脳が、たまにでもそんな励起状態に成りうる限り、「生きる喜び」 は消えないのだと思う。

その励起の原因は、人により場合により、神の声かもしれないし、知的ひらめきかもしれないし、燃えあがる恋愛かもしれない。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »