« 2010年新年あけましておめでとうございます。 | Main | 学習辞書=必要十分な語彙レヴェル・続 »

学習辞書=必要十分な語彙レヴェル

私が「塔」と過ごしながら思うのは、普通の英語学習者にとって、「語彙強化の最終目標は、現代英語の標準的な語彙力をつけることなのだ」ということです。

換言すれば、「英語のネイティヴ・スピーカーの語彙力に肉薄すること」です。

日本人なら日本語のネイティヴ・スピーカーの語彙力を習得しています。個人差がたいへん大きいとはいえ、各人なりに日本語圏で生きてゆける語彙力を習得しています。

英語を学習する以上、できれば英語圏でも生きてゆける語彙力を身につけたいと思うのは自然なことでしょう。

私の場合は、まず、日本語で読書を楽しめるのと同様に英語でも読書を楽しめるようになりたかった。「塔」によってその願いが実現したわけです。

「塔」の永久復習を続けることによって、英語での読書の土台となる語彙力が維持される。「塔」の語彙力のおかげで日本語の 『広辞苑』 に匹敵する英語のネイティヴ・スピーカー用の辞書を利用することもできるし英語の新語にも対処できる。「塔=英語のネイティヴ・スピーカーの語彙レヴェル」のおかげで現代の英語圏の動向を翻訳を介さずに把握できる。

それがどうした!? という議論があることも十分承知しています。関心のない人にとってはそんなことはどうでもいいことでしょう。たかが英語の習得に何千時間も何万時間も費やす価値がどこにあるのかという疑問を持つ人が大半であってもそれは十分に納得できることです。人生には他にすべきことがふんだんにある。そのとおりです。

他方、英語の語彙習得の明確な基準として「学習辞書の暗記」を提案することには大きな意義があると思っています。

今まではそんな基準を示す人もいなかったしその基準に達する具体的な方法を提案・実践した人もいませんでした。

英語のネイティヴ・スピーカーに匹敵する(といっても英語圏のごく普通の人たちの語彙レヴェル達するだけのことで時間がかかる割にはまるでたいしたことではないのですが)あるいはそれをはるかにしのぐ語彙力をつけた日本人は少なくないし、そんな人たちはそれぞれにしかるべき語彙習得法を確立・実践していたことでしょう。

しかし、それを公にしてくれた人はいないように思います。具体的に示してくれた人はいないと思います。

そんな状況で、「学習辞書の暗記が英語で読書を楽しめる必要十分な語彙力を養う最適の方法である」と提案できたことは、ささやかながら何らかの意義はあったと、少なくとも語彙強化法の具体的なテーマを提供できたと感じています。

素晴らしく進化した「学習英英辞典」及びそれを追走して利便性を増す「学習英和辞典」の出現を語彙強化に利用しない手はないでしょう。

学習辞典」=「現代英語の標準的な語彙レヴェル」という図式は否定しがたいものだし、それに代替するものはありません。

「学習辞典」は引くツールであると共に暗記の対処でもあるという観点にもっと注目が集まればといつも念じています。

「学習辞典」にあまり縁がない人はまず拾い読みすることから始めてみてはいかがでしょう。

あなたの前にある「学習辞典」こそ、数年~10年~20年かけてマスターする価値のある最も完成度の高い語彙強化ツールなのです。

英語で音楽・読書・映画などを楽しみながらあるいは英語でいろいろな情報を得ながら時には英語圏の友人と交流しながら、できる限り「学習辞典」の利用も欠かさないようにする。目の前にある「宝」を持ち腐れにしないようにする。そして、必要十分な語彙をあわてずあせらず習得する。

「中級学習英英辞典」レヴェルの語彙に匹敵する「中級日本語辞典」があるとすれば(実際はありません。日本語の学習辞書は英語学習辞書に比較すれば残念ながらかなり完成度が低い)その程度の日本語の語彙は日本人ならそれこそほとんどだれでも知っている(まあそうでもない人もいますが)語彙ばかりです。だから、「辞書なんか暗記して一生お目にかかれないような語彙を覚えても仕方ない!」というのは明らかな誤解です。覚えるべきは「いわゆる辞書(日本語であれば広辞苑など)」ではなく学習辞書です。もっと分かりやすく言えば、たとえば中級学習英英辞典は日本語の小学生用国語辞典」に近いものです。

関連記事:http://sanshisuimei.cocolog-nifty.com/_the_tower_of_antibabel/2005/02/52005.html

Happy Learning !

|

« 2010年新年あけましておめでとうございます。 | Main | 学習辞書=必要十分な語彙レヴェル・続 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/47193748

Listed below are links to weblogs that reference 学習辞書=必要十分な語彙レヴェル:

« 2010年新年あけましておめでとうございます。 | Main | 学習辞書=必要十分な語彙レヴェル・続 »