« 学習辞書=必要十分な語彙レヴェル | Main | コメントにお答えする(1/2010) »

学習辞書=必要十分な語彙レヴェル・続

学習辞書=必要十分な語彙レヴェル英語のネイティヴ・スピーカーの語彙レヴェル」という指標は、従来のボキャビル=語彙強化論にはまったくなかったものです。

英語のネイティヴ・スピーカーの英語の語彙数はどれくらいかという議論はあちこちで、ときにはたいへん熱心に、行なわれています。

しかし、言語学者でもない一般の英語学習者がそんな議論をしてもほとんど意味がない。

第一、英語のネイティヴ・スピーカーの英語の語彙数など正確に数えようがない。基準がないからである。

だから、だいたい5~10万語だと思っていればよい。あるいは、個人差や数え方の違いを考慮して、2~20万だとしてもよい。ざっくり5万語ぐらいだとしてもよい。その程度の認識で十分である。

そんな議論に浪費する時間があるならひとつでもふたつでも語彙を覚えたほうがはるかに有益だし精神の健康にもよい。

ただし、どんな語彙を覚えたらよいのかという目標は欠かせない。

語彙強化で目標がないのは、果てしない語彙の巨大な森に迷い込むようなものでしょう。

今生きている人たちは、年齢にかかわらず、共通の語彙世界に生息しています。

その共通の語彙世界の広がりは果てしのないものですが、生きていくに必要十分な語彙には明らかに限りがあります。老若男女に共通して必要十分な語彙がある

それこそが語彙強化の目標にすべき語彙です。その他の新出語彙や専門・業界語彙やスラングや流行言葉などには、必要十分な語彙さえ習得できていれば、難なく対処できます。私たち日本人が、日本語の新出語彙や専門・業界語彙やスラングや流行言葉などに、各自の関心・必要性に応じて、うまく対処できているのとおなじです。関心や必要性があれば習得すればよいし、そうでなければ無視しても何ら困ることはない。

しかし、必要十分な語彙はぜひ必要である。それを欠くと、言語生活の質・量が著しく損なわれる。たとえば本・雑誌は満足に読めないし、人の話も、日常会話レヴェルを超えると、分からなくなる。

英語の語彙強化で正しい目標を設定することは簡単です。それは、中級あるいは上級学習(英英)辞書の語彙習得です

コーパスに基づいた学習辞書の語彙を覚えることほど安全で効率的な語彙強化法はありません。中級辞書を選ぶのか上級辞書を選ぶのかの選択は各自の判断になります。まず、中級辞書からという発想もあります。

( もちろん、その段階にいたるまでに、市販の語彙集などで語彙強化を実行してターゲットにする学習辞書の語彙の50%ぐらいはだいたいは既知のものにしておくという前提はあります。そうでなければ学習辞書レヴェルの語彙習得は無謀な試みになります。)

学習辞書から未知の語彙を抽出してそれを数年~10年~20年かけて覚えていく。その間、多読・多聴や精読・精聴やその他の言語活動も積極的に行う。

学習辞書=必要十分な語彙レヴェル英語のネイティヴ・スピーカーの語彙レヴェル」という認識は、気持ちを軽くしてくれます。

目標が、約1000ページ(中級学習辞書)あるいは約2000ページ(上級学習辞書)という、目に見える、具体的でしかも客観的に妥当なものになるからです

もはや、到達すべきレヴェルで不安になることはないのです。着実に前進するのみです。

Happy learning !

|

« 学習辞書=必要十分な語彙レヴェル | Main | コメントにお答えする(1/2010) »

Comments

こんにちは。一年程前にSVL12000暗記しましたとコメントさせていただいたyu-kiという者です。お久しぶりです。
実は去年から英会話講師の仕事をしています。(その前はフリーターでした)
昨日人生初の英検を受けまして、一級の一次試験はほぼ間違いなく合格したと思います。自信のあった語彙問題で一問間違ったのが悔しいですが。英検協会は15000語レベルとしているので妥当なところだと思います。
SVLをしていたころは一年で10000語覚えていた私ですが、この一年では仕事が意外に忙しく残念ながら1500語しか増えていません。
ちなみにアンチバベルのやり方を、ノートへ手書きからパソコンソフト(忘却曲線を勝手に計算してくれるフリーソフトです)で暗記という方法に変えました。アナログからデジタルに変わって、負担はかなり減ったのですが、一日平均五単語程度と、のろのろやっています。
最近はCNNExpressの原稿音読を多くやっています。どうも会話力が語彙力負けしているような気がするからです。
今年はなんとか一日10単語で3000語程度覚えようと思います。
すみません、特に質問などではなく、英検を受けながらk.y.さんのことを思い出したので書き込みさせていただきました。
今後もちょくちょくのぞいてモチベーションアップに使わせていただきます。

Posted by: yu-ki | January 25, 2010 at 06:55 PM

yu-ki さん、こんにちは。

お久しぶりです。元気にご活躍の由、私も長い間英会話講師をしていましたので、yu-kiさんのお仕事ぶりを想像しながら、あのころがなつかしくなりました。

> 昨日人生初の英検を受けまして、一級の一次試験はほぼ間違いなく合格したと思います。

よかったです! 英検1級合格は英語学習者のひとつの大きな節目でしょう。私も晴れて「イッキュウさん」になれたときはほんとうにうれしかったです。2次の面接も鮮明に覚えています。我ながらずいぶんうまく話せました。帰るとき、面接してもらったネイティヴ・スピーカーにエレベータの中でお礼を言って試験会場を後にしました。最高に上機嫌でした。yu-kiさんも面接をしっかり楽しんでください。英検1級合格は英語で何かをするためのだいたいの基礎になると思います。

> SVLをしていたころは一年で10000語覚えていた私ですが、この一年では仕事が意外に忙しく残念ながら1500語しか増えていません。

それでも10年間(忙しくしていたらすぐ過ぎ去ります)で1万5000語ですから大きな数です。継続こそ力なり。

>ちなみにアンチバベルのやり方を、ノートへ手書きからパソコンソフト(忘却曲線を勝手に計算してくれるフリーソフトです)で暗記という方法に変えました。

最近はいいソフトもどんどん出てきていますし、自分にあったものを発掘・採用・改良できれば、語彙暗記はさらにおもしろくなりますね。

> 最近はCNNExpressの原稿音読を多くやっています。どうも会話力が語彙力負けしているような気がするからです。

yu-kiさんも確実に進化途上、聞いていてうれしくなります。

> 今年はなんとか一日10単語で3000語程度覚えようと思います。

大人のネイティヴ・スピーカーで新語暗記は年間1000語ぐらいだそうですから3000語は大きいです。

私のことを思い出していただき光栄です。

また、おたよりください。

Happy learning!

Posted by: k.y. | January 29, 2010 at 11:59 PM

こんにちわ。ブログから大変刺激を受けまして、一発奮起して英英辞書の読み込みを続けておりました。辞書の読み込みはそれはそれで楽しいものでした。ただ、自分の好きな本や映画に出てくる単語を覚えることと比較すると、やはり無味乾燥な感が否めません。「文脈」というサポートがない分覚えにくいのです。効率性を重視すると辞書暗記に軍配があがるとも考えておりましたが、これもマウスオーバー辞書やキンドルの辞書機能の活用によって、効率を大幅に上げることができます。紙の本VS辞書暗記では、辞書に軍配があがりますが、ネットやキンドルの登場で辞書暗記の比較優位は、相当に失われたと判断するに至りました。(もっとも辞書暗記を完全にやめてしまったわけではありません。ただあくまで補助的な役割を果たすにとどまります。)塔主様はどのように思われますか?

Posted by: HSE | March 06, 2010 at 03:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/47263083

Listed below are links to weblogs that reference 学習辞書=必要十分な語彙レヴェル・続:

« 学習辞書=必要十分な語彙レヴェル | Main | コメントにお答えする(1/2010) »