« 第2工程の完了が意味するもの | Main | リスニング・コンプリヘンションの本質 »

英語の上達法 ― 「Bounce : Mozart, Federer, Picasso, Beckham, and the Science of Success」

英語の上達法: それは、『非才 マシュー・サイド著・山形浩生・盛岡桜訳』¥1900 に全部書いてある ― ヒントに満ち満ちていると言ったほうが正確かもしれない。 

ぜひ、読むべし!」 と、チャンクと学習時間重視の「塔主」は思う (ただし、英語の学習本では全くないので了承されたし)。

英語上達の要諦は、学習時間の質(適切な方法・自発的な意欲・集中力)と(数千~1万時間)。

フィギアスケートの荒川静香は、5歳ぐらいでフィギアスケートの選手になる目的を抱いてからオリンピックで優勝するまでに、練習でおよそ2万回転倒したそうだ。

英語の語彙強化に当てはめると、この転倒は、復習に相当する。 

ネイティヴ・スピーカーなら当たり前の認識語彙水準に達するのは、オリンピックで金メダルを獲るほどの偉業でもなんでもない。 

同じなのは、ひたすら向上を目指して努力することだと思う。 その間に学習方法も必然的に進化する。 そして、(議論だけして)何もしなければ、何も起こらない

追記:「非才」の著者は天性の才能の存在を否定している。

しかし、そんな才能がもしあるとしても、必要充分な認識語彙の獲得に必要なものではない

必要充分な認識語彙の水準は、ピカソの絵画の水準などとは、かけはなれた、そんなものとは比較にならない、実に平凡な水準なのだ。

ネイティヴ・スピーカーならだれでも到達している普通の認識語彙水準に過ぎない; 日本語に置き換えれば、いまのあなたの日本語の語彙水準に過ぎない; そんな水準に到達するのに才能など不要だ。

必要なのは濃密な学習時間だけ

問題は、「たいていの人がその濃密な必要時間数に注目しないこと」だ (http://sanshisuimei.cocolog-nifty.com/_the_tower_of_antibabel/2006/08/post_20b6.html の記事も参照されたし)。

|

« 第2工程の完了が意味するもの | Main | リスニング・コンプリヘンションの本質 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/49015591

Listed below are links to weblogs that reference 英語の上達法 ― 「Bounce : Mozart, Federer, Picasso, Beckham, and the Science of Success」:

« 第2工程の完了が意味するもの | Main | リスニング・コンプリヘンションの本質 »