« 学習辞書に「特殊な専門・業界用語や難語」(=「日常の生活や読書に不必要な語彙」)はない! | Main | 「Globish」 「ニホン英語」 そして「塔」 »

コメントにお答えする(4/2010)

田地 悠平 さんへ。

はじめまして。

いつも「塔」に関心を寄せていただき、またコメントまで書いてくださって、ありがとうございます。

> 実際は「てんねんおまえ」しか音がなっていないとしても理解できます。(実際にそういうことのほうが多い)

そうなんですよ。実は、いちいち音を聴きとって理解しているのではなくて、まとまった意味を持つ音声のチャンクが脳内に蓄積されていて、そのチャンクの1部あるいは大部が欠損していても、意味はたいがい分かるわけです。

ウサギの絵の大部分が欠けていても特徴的な部分だけが残っていれば迷わずウサギだと了解できるのに似ています ― 反面、錯覚でウサギだと勘違いすることもままありますが、そんな勘違いはことばの聴き取りにもあります。

また、やや極端ですが、ひとこと聴いただけで「ああ、あのことか」とわかってしまう話さえあります。こんな話もひとつのチャンクだといえるでしょう。

> なのでディクテーションって構文が解ってないと無理だなあと思っていました。実際には音がなってないですものね。

構文あるいは構文プラスα=チャンク。 もちろん音声の形をとっている語彙も聴解すべきチャンクの構成要素です。

> 話者も聴者も音がなっていると思ってますよね。

そうです。その意識さえありませんが。

> 「非才」買ってみます。

私にはたいへん参考になりました。 田地さんにとってもきっとおもしろい本になるはずです。

さて、才能のこと。 1例として野球の場合、環境・努力・費やす時間などが同等であっても、だれもがイチロウのレヴェルに達するわけではない。 だから、やっぱり生来の才能はあるのかもしれません。

しかし、たとえば英語の読書が日本語の読書並みに向上しても、それは、野球でいえば、草野球ができるレヴェルに達したに過ぎない。 その程度に達することは、だれにもできることで、必要なのは1万時間内外の ― そんな時間が都合できないひとが多数おられることも事実ですが ― 努力だけです。

そして、英語の読解力の養成については、その訓練法が確立されていて、ネイティヴ・スピーカー並の読書力をつけることは充分可能です。

ところが、英語のリスニング力に関しては、確立された養成法はありません。 まずもって ― 先ほどからの話に直接関連することですが ― ネイティヴ・スピーカーのチャンク聴解がどのようになっているのかという聴解文法(k.y.の造語)の分析・研究が行われていません。もし、行われているとしても、一般の英語学習者の聴解力養成にはまったく生かされていません。 

「それぞれの音声表現を単語をはじめとして100%聞き取れること」を究極の目的にした養成法ばかりで、「てんねんおまえ」のような音声チャンクの分析や対処法を体系的に解き明かしたものは皆無です。

その結果、ネイティヴ・スピーカーの聴解の実態とはかなり違ったものを指向してしまっている。

ネイティヴ・スピーカーが聴き取れないものまで聞き取ろうとしていることさえあります。

聴解文法が読解文法のように確立されたものになれば、リスニング・コンプリヘンション向上に要する時間は今よりうんと短くなり、到達レヴェルもはるかに高いものになると思います。

ただし、これはにわかにはありそうもないことで、当分は各自の工夫に拠るしかありませんね。

> アンチバベルの塔はA6のノートに書いています。今10冊になりました。

貴重なノートですね!!

> これからもご活躍楽しみにしています。

ありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくおねがいいたします。

Thank you.

|

« 学習辞書に「特殊な専門・業界用語や難語」(=「日常の生活や読書に不必要な語彙」)はない! | Main | 「Globish」 「ニホン英語」 そして「塔」 »

Comments

さっそくのご回答ありがとうございます。


とても良く解りました。昔セミナーでチャンクで英会話というのに出たのですが、おそらく私の理解度が低く、チャンクにあまり良い印象を持っていませんでした。


構文プラスαがチャンクでウサギの絵もそうなんですね。とても良く解りました。


今習っているコーチングにゲシュタルトという用語が出てきます。そこでも、例に出されていた「ウサギの絵」(そこでは象でしたが」が出てきました。


部分で全体を理解するのですね。


lots of inputで脳内にネィティブのチャンツをたくさん作るしか今のところ方法がないですね。確固たる聴解文法がないいじょうは。


このたびは素敵な回答をありがとうございました。音とチャンツと語彙これを極めて行くことで英語力がアップするということを再認識しました。


あとは根気よく続けて行きたいと思います。


このたびはありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

Posted by: 田地 悠平 | August 29, 2010 at 01:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/49280030

Listed below are links to weblogs that reference コメントにお答えする(4/2010):

« 学習辞書に「特殊な専門・業界用語や難語」(=「日常の生活や読書に不必要な語彙」)はない! | Main | 「Globish」 「ニホン英語」 そして「塔」 »