« August 2010 | Main | December 2010 »

「Globish」 「ニホン英語」 そして「塔」

フランス人のジャン=ポール・ネリエール氏が開発・提唱した「Globish」と末延岑生氏が主張している「ニホン英語」は、従来の混乱をきわめた「ちまたの英語学習論」を整理して、確固たる指針を与えた点で、画期的だと考えています。

----------------------------------

(1) Globish の5つのポイント (『週刊 東洋経済 2010 9/18号より』)

1 1500語の語彙で充分

2 毎日1時間1年間の学習で習得可能=400時間未満

3 毎日1時間1年間の学習で旅行やビジネスの90%をこなせる水準に到達できる

4 「発音・音声」 「文法・構文」 がシンプルで、ネイティヴ並を目標にする必要はまったくない

5 熟語、ユーモア、比喩を使わない

これほど簡単で、しかも、旅行やビジネスの90%をこなせる水準に到達できるのだから、すごいことです。

(2) ニホン英語 (末延岑生著 『ニホン英語』 より)

日本語なまりの発音・音声やネイティヴ・スピーカーから見れば間違いを多く含む日本人の英語であっても、日本人の英語は、アジアの人々に75%という高い伝達率で理解され、アメリカの人々に79%の伝達率で理解されている。

他方、アメリカ人の英語は、アジアの人々に55%の伝達率でしか理解されていない。

日本人も、ネイティヴ・スピーカー以外の英語はたいへんよく理解できる。

------------------------------------------------

今やアジアが世界の経済を牽引する時代。

(1)や(2)の現象が、専門家だけではなく、一般の人たちに対しても明らかになれば、普通の人たちの英語学習が、従来よりはるかに実際的で高能率で実りの多いものになることは間違いない。

英語学習に関して ― 「文法は不要だいや必要だ」とか「中学英語で充分だいや不十分だ」とか「LやRの発音がどうのこうの」とか ― まったく整合性を欠いた不毛な議論も不要になる。

日本人であれば、日本語なまりの英語で Globish を習得すれば、旅行やビジネスの90%をこなせるわけだから、英語学習が実益に資することこの上ない

-------------------------------------------

さて、「塔」の立場はどうか?

1 (主として読書のためであるが)語彙はネイティヴ・スピーカー並のレヴェルを目標にする

2 (Globish 習得の400時間未満に対し) 5000~1万時間の学習になる

3 旅行やビジネスに限らず、ネイティヴ・スピーカー向けの映画や小説なども楽しめるレヴェルを目標にする

4 「発音・音声」 「文法・構文」についても、ネイティヴ・スピーカー並を指針にする

5 熟語、ユーモア、比喩もできるだけ理解できるようにする

なぜか?

Globish や ニホン英語 だけでは、大衆誌:「READER'S DIGEST」・「TIME」なども読めないし、ネイティヴ・スピーカーのしゃべることや講演や大学の授業や映画のせりふは理解できない。

私は、それでは満足できない。同感の人も多いでしょう。

-----------------------------------------

なら、どうすればいいのか

まず、ニホン英語で Globish を習得しながら、ゆっくり時間をかけて(5~10~20年)「塔」を実行すればいいと思います。

もちろん、時間がなければあるいはそれ以外のレヴェルに興味がなければ、Globish だけを目指すべきでしょう。

英語など不要な人なら、人生は短くするべきことは山ほどあるわけですから、Globish さえ必要ありません。

-------------------------------------

とまれ、「Globish」と「ニホン英語」は、私たちの、とめどもなく混乱した英語学習法の議論を整理し、当面必要な英語の習得に向けて、簡素で高能率でだれにも実行可能な方法を示してくれました。

明治以来の快挙です!

| | Comments (11) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | December 2010 »