« December 2010 | Main | February 2011 »

2011年新年あけましておめでとうございます。

冬らしい厳寒の中、みなさんそれぞれに清清しい気持ちで、新年をお迎えのことと思います。

昨年は政治・経済・軍事など各分野で動乱の年でした。隣国の無体な振る舞いにはたいへんな不安を感じました。

そんな状況は、政府の無原則なフラフラ状態と相俟って、今後も容易には解消されそうもなく、個人の自立こそが社会全体の好転を促す契機になるんだという気持ちがますます強くなります。

バラマキ社会主義に依存すればするほど個人も社会も弱体化します。

他方、英語に関しては、昨年、習得意欲を強める動きがありました。

いくつかの有名企業が公用語を英語に切り替えたことがその最たるものでした。

一般市民が、「実用に耐える英語」をこれほど強く意識したことはなかったでしょう。

そこでますます注目を浴びているのが「グロービッシュ(=非ネイティブの簡易英語)」という概念です。

これは、英語習得の範囲を限定して、英語の知識のインプットやアウトプットも必要最小限なものにし、その分英語の運用度を高めようという、きわめて実用的な発想に基づくものです。

こうした動きは、従来の曖昧模糊とした英語学習論に確固とした基準を設定しえたことで、実に有意義なことです。

先日、日本最大規模の書店「MARUZEN&ジュンク堂書店・梅田店http://www.junkudo.co.jp/MJumeda_floorguide.pdf」(関西にこんな大きな書店が誕生して感謝・感激!)が誕生して早速行って来ましたが、「週刊東洋経済・非ネイティブの英語術」という雑誌が再刷されて積まれていました。雑誌が大増刷されることはあまりないと思うのですが、それほど、需要と注目の大きい内容だということです。

そこで湧いてくる当然の疑問は、「グロービッシュ」到達後の英語はどのように磨くべきなのかということでしょう。

その際に注目が集まるのが、「語彙の強化」であり、究極的にはネイティブ並の語彙獲得法だと思います。

語彙といっても、単なる単語にとどまらず、チャンク表現も含んで、センテンスの理解に直結する語群のことです。そうした語彙があってこそ英語を聴き話し書く作業のさらなる充実が可能になります。

ここで「アンチ・バベルの塔」の役割が際立ってきます。

出来るだけ早く「グロービッシュ」を習得し、その後は、数年から10年・20年超の塔プロジェクトで語彙の完成を計るというわけです。

年明け早々から我田引水の主張で失礼しました。

本年もなにとぞよろしくお願いします。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« December 2010 | Main | February 2011 »