« January 2011 | Main | April 2011 »

「紙の辞書」の再発見

the Book とは聖書 = the Bible のことですが、キリスト教徒はこの本をこれからもずっと使い続けると思います。the Book が電子書籍の聖書に全面的にとってかわられることはおそらくないでしょう。

たとえば、オバマ大統領は、就任式で、米国議会図書館(LC)が所蔵している、リンカーン第16代大統領が同様に宣誓で用いた聖書 ( http://blogs.loc.gov/loc/2009/01/the-lincoln-inaugural-bible-chapter-and-verse/ ) を用いましたが、こんな聖書が電子書籍の聖書に変わることなど考えられません。

the Book という存在は特別でしょうが、本一般も電子書籍とはまるで異なる存在感をもっています。

辞書もそうです辞書こそといいたいぐらいです。

辞書は、電子書籍が普及するはるか前から電子化が急速に進み、学生はもちろん社会人にいたるまで今や必須のツールになっています。私も、もちろん、たいへん重宝しています。

他の語学用デジタルツールも日進月歩の活況を呈し、その利用価値の高さを証明しています。私も、もちろん、大いに活用しています。

他方で、紙の辞書は、徐々にでも、忘れられつつあるのではないかと危惧しています。

手垢がついてボロボロになってガムテープで補修したような辞書を持っている人はだんだんいなくなっているように感じます。

あちこちアンダーラインを引いたりマーカーを使ったりしてその人の手にすっかりなじんだ辞書が姿を消しつつあるように思います。

しかし、各語彙の意味を、時には数ページに及ぶ丁寧な記述を読みながら、正確に理解し、例文などもじっくり吟味しつつ、豊穣な語彙の海を探索する営みは、優れた「紙の辞書」なくしては不可能でしょう。

あなたの語彙強化には、「紙の辞書」の再発見が必要なのです。

ひとつの例ですが、『ニューヴィクトリーアンカー英和辞典(本文1663ページ)』 を1日6ページずつ、覚えなくてもいいですから、ただ読んでいきましょう

1年で読み終えることができます。

必要にあるいは好み応じて線を引いたりマーカーを使ったりしてなじんでいく。

紙の辞書を再発見して感動すら覚えるかもしれません

かくして、あなたの語彙にたいする認識は変革を遂げて新たな地平に向かう可能性大です。

「塔」の建設はその後でも決して遅くありません。

ただ読むだけでも、「塔」を築こうとしてすぐ挫折するより、ずっと有効です。

コツコツと読み続ける、何度も繰り返して読む、未知語に特に注意して読むなどしている内に、語彙もだいぶ増えてきます。

やがて、機が熟して、『ニューヴィクトリーアンカー英和辞典(本文1663ページ)』 で「塔」を築くのも楽しいでしょう

ちなみに、『ニューヴィクトリーアンカー英和辞典(本文1663ページ)』 は、語彙学習の盲点(http://sanshisuimei.cocolog-nifty.com/_the_tower_of_antibabel/2005/01/post_6.html)を払拭するために、初めての人でも抵抗なく利用できる、活字も大きく説明も簡潔で分かりやすい、学習辞書のひとつです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

語彙強化の誤解について

あなたは次のような2つの誤解をしていませんか?

1 語彙はいくら覚えても切りがない

そんなことはありません。

自分の母語である日本語のことを考えてみてください。あなたは、日本語の語彙不足を感じていますか?そんなことは特にないでしょう。

なるほど、だれでも、いろいろな流行語や新語や難語に出くわすことは事実です。しかし、それに対処できないことはありません。そんな語彙は、必要であれば、意識してあるいは自然に覚えてしまいます。不要になれば忘れてしまうこともあります。

つまり、支障がないようにちゃんと対処できているわけです。

それが可能なのはどうしてか?

あなたは、どんな新たな語彙に遭遇しても対処できるだけの語彙、つまり、基盤語彙を既に習得しているからです。

その基盤語彙こそ5万語内外の日本語の語彙なのです。

英語でもまったく同じです。

5万語内外の基盤語彙さえあれば、5万語というとすぐ数え方の果てしない議論が出てきて収拾がつかなくなるので、もっと具体的にいうと「中級~上級の学習(英英)辞典の語彙」=基盤語彙さえあれば、充分なわけです。

それが、「アンチ・バベルの塔」が「中級~上級の学習(英英)辞典」をターゲット辞書にする理由でもあります。

「中級~上級の学習(英英)辞典」の未知語彙を数年~5年~10年~20年(たとえば学生あるいは時間がある人ならなら数年でも可能)のあいだに覚えたら、必要にして充分な「基盤語彙」を習得することができます。

2 数十回も復習すれば、後は永久に忘れない

そんなことはありません。

日本語の語彙であれば、20年内外それで教育を受け、生涯にわたって日本語で生活し仕事をするわけですから、「基盤語彙」は特に復習しなくても忘れることはありません。

(日本人は6年以上英語を学ぶとかよく言われるが時間数に直すとせいぜい1000時間に過ぎず、それは、1日の覚醒時間を16時間として、約60日超にしかなりませんたったの60日で英語をあるいはその語彙をどれだけ習得できると思いますか?!)

生活の語彙ではない英語の場合は、接する機会・時間数が限られているために、基盤語彙であっても触れることの少ない語彙は、永久的に復習しないと確実に忘れてしまいます。

たとえば、expatiate, explicate, expound, expiate, extricate, expatriate, extirpate, extenuate, extraneous というような語彙は復習せずに放置すれば必ず混乱して区別がつきがたくなります。

もちろん、各人の必要に応じて「基盤語彙」の数も違ってきます。2~6万語ぐらいの大きな幅があります。5万語と言うのは標準的な数字です。したがって、上記のような英語の語彙など「私には不要だ」という人もいます。しかし、どんな人にでも永久に復習しないと忘れてしまう英語の語彙は必ずあります。そんな語彙は各自が独自に発見し対処するしかありません。

他方、永久に復習するといっても、それに要する時間は毎日(時にはできない日もありますが)だいたい半時間から1時間で事足ります。

そして、「覚えるべき英語の語彙数は限られていて、それは 中級~上級の学習(英英)辞典の語彙であること」 と 「毎日半時間~1時間の復習を永久に繰り返すことによって維持可能であること」 の2つの自覚を持つことで、英語の語彙習得は、今までと違って、すっきりと見通しのたつプロジェクトに変貌します

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | April 2011 »