« July 2011 | Main | September 2011 »

毎日1ページ辞書を読む(11)

その11

今回は abstract と abstracted の例文を拾います(太字 k.y.)。

------------------------------------------------

abstract conceptions 抽象的概念

abstract science 理論科学

abstract art 抽象美術

an abstract artist 抽象画家

an abstract painting 抽象画

make an abstract of a book 本を要約する

We know in the abstract that our lives are limited. 我々の人生には限りがあることは頭ではわかっている(「実感は持てないが」)

with an abstracted air ぼんやりして

------------------------------------------------

ちなみに:

具体的な概念 concrete conceptions

応用科学 applied science

具象画 a representational painting
具象画家 a representational painter

また、an abstract には、どの英和辞書にもあるように、抽象芸術作品という意味もあって、たとえば『Collins コウビルド 米語版 英英和辞典』 は、次のように記述している:

可算名詞 An abstract is an abstract work of art. 抽象芸術作品 His abstracts are held in numerous collections. 彼の抽象作品は多くのコレクションに加えられている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(10)

その10

------------------------------------------------

abstinence [U] (健康・宗教・道徳上の理由から飲食などを) 慎むこと、節制 ( from );禁酒、禁欲

------------------------------------------------

ハリー・ポッターの第6巻・第17章から引用します(太字 k.y.):

(引用開始)

"There is a new password," she said. "And please don't shout."

"But we've been away, how're we supposed to — ." "Harry! Ginny!" Hermione was hurrying toward them, very pink-faced and wearing a cloak, hat, and gloves.

"I got back a couple of hours ago, I've just been down to visit Hagrid and Buck — I mean Witherwings," she said breathlessly. "Did you have a good Christmas." "Yeah," said Ron at once, "pretty eventful, Rufus Scrim —" ] "I've got something for you, Harry," said Hermione, neither looking at Ron nor giving any sign that she had heard him. "Oh, hang on — password. Abstinence." "Precisely," said the Fat Lady in a feeble voice, and swung forward to reveal the portrait hole.

"What's up with her." asked Harry.

"Overindulged over Christmas, apparently," said Hermione, rolling her eyes as she led the way into the packed common room. "She and her friend Violet drank their way through all the wine in that picture of drunk monks down by the Charms corridor.

(引用終止)

Overindulged over Christmas (クリスマスで飲みすぎ)て password ( = 合言葉 ) が abstinence になった ― という運びですね。

Abstinence がこんなふうにひと言で使われるとたいてい 「禁酒」 のことなんですね。

ハリー・ポッターは、世紀のベストセラーですから、上記の引用部分もみなさん記憶にある場面だと思います。

ちなみに、禁酒といえば、teetotaler = 絶対禁酒家 という単語もあります。

私がこの単語に初めて出会ったのは1980年1月10日(木曜日)でした。

その日から、Arthur Hailey 著のペーパーバック 『The Moneychangers』 (476ページ)を読み始め、未知語彙を逐一精細に英和辞典でチェックして余白に書き込みながら、同年5月31日(土曜日・午前11時35分)に読みきりました!

アーサー・ヘイリーの巧みなストーリー展開にわくわくしながら、自分の読解力の確かさも確認しつつ、未知語彙の発掘・習得も着実に実行して、実に楽しい充実した5ヶ月でした。

teetotaler は劇的なシーンの幕が開く最初のページに出てきたこともあって、強く印象に残る単語でした。

アメリカ中西部最大の銀行であるファースト・マーカンタイル・アメリカン銀行 (FMA Bank) の頭取ベン・ロッセリが自分は肺の進行ガンで死期が近いことを発表するするため予告なしに突然重役会議を招集し、その会議の暗い雰囲気を和らげるためにベン・ロッセリは極上のシェリーを会議に出すことを決めていた。

会議が始まる前、頭取がまだ現れてなくて、そのシェリーのことを知らない絶対禁酒家の副頭取兼監査役のロスコー・ヘイワードが、シェリーを給仕しようとしているウェイターを問い詰めるシーンです。

(引用開始.)

A voice cut sharply across the talk. 'Who authorized that?'

Heads turned. Roscoe Heyward, Heyward, executive vice-president and comptroller, had addressed a white-coated waiter from the seniors' room. The man had come in with decanters of sherry which he was pouring into glasses.

Heyward, austere, Olympian in FMA Bank, was a zealous teetotaler. He glanced pointedly at his watch in a gesture which said clearly: not only drinking, but this early. Several who had been reaching out for the sherry withdrew their hands.

(引用終止 太字 k.y)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(9)

その9

absolute は、「完全の」とか「絶対の」とかいう意味の、形容詞の印象が強い。 しかし、稀ではあるが、名詞として使われることもある。

------------------------------------------------

absolute

1 [C] 絶対的なもの、普遍の真理[原則] For Muslims, belief in Allah is an absolute. イスラム教徒にとって、アラーへの信仰は絶対的だ。
2 [the A-] 絶対者、神

------------------------------------------------

『ランダムハウス英語辞典』の記述は次のようになっています。

【1】絶対的なもの( ⇔ relative).
【2】 the absolute 
(1) いかなる制約・条件も受けないもの;あらゆる関係から独立しているもの.
(2) 完全無欠のもの;宇宙;神.
(3) [ヘーゲル哲学] 絶対(者):
弁証法的に究極であること[もの].

------------------------------------------------

そこでヘーゲルについて雑談:

ヘーゲルの哲学は the absolute = 絶対者 あるいは の把握を目的とするものであった。

だから、Bryan Magee 著 『The Story Of Philosophy』 は ヘーゲル の項のタイトルを 「Hegel Evangelist Of The Absolute」 つまり「絶対者の伝道師」 としている。

そして、ヘーゲルといえば「弁証法」。

The Story Of Philosophy』 は ヘーゲルの説く「dialectical process = 弁証法的プロセス」あるいは「dialectic = 弁証法」を次のように記述している:

(引用開始)The description of the first stage, the initial state of affairs, whatever it is, is the thesis. The reaction that this always provokes, the countervailing forces, the conflicting elements, are described by him as the antithesis of the thesis. The conflict between the two eventually resolves itself into a new situation which sheds elements of both but also retains elements of both, and this is called the synthesis.(引用終止 太字 k.y.)

the thesis = テーゼ=
the antithesis = アンチテーゼ=対命題
the synthesis = ジンテーゼ=

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(8)

その8

------------------------------------------------

absence の項目の(ことわざの極意) より

Absence makes the heart grow fonder. いなくなるといっそういとしさが深まる;会わないでいるといっそう思いがつのる。 ⇒ 通例離れ離れになった恋人や友人・身内についていう。fonder は fond (愛情の深い)の比較級。 Out of sight, out of mind.(去る者は日々にうとし)の反対。 [例] He used to irritate me, but absence makes the heart grow fonder and I'd like to meet him again. 彼にはいつもいらいらさせられていたが、いなくなるといっそう情が深まるもので、もう一度会いたくなった。

------------------------------------------------

Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』 の absence の項 には次のような説明と例文がある:

The saying Absence makes the heart grow fonder means that you tend to like someone better when that person goes away for a time. ・ She'll be away for a month, but you know what they say - absence makes the heart grow fonder.

------------------------------------------------

話は変わりますが、k.y.が小学生だったころ、大事にしていた犬がある日フッといなくなりました。当時は犬も放し飼いが普通でしたから。

さみしかったですね、かなりながいあいだ。

犬も、いつもいっしょにいた人がいなくなると、さみしく思うのは同じ。

NTCの 『活用・米語学習辞典』 のabsence の項には、After her death, her absence was sensed even by the family dog. という例文がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(7)

その7

------------------------------------------------

above の項目の5 ( be above A ) より

She is above telling lies. 彼女はうそをつくような卑劣な人間ではない ( above の前に not が入ると「平気でうそをつく人だ」の意になる )

------------------------------------------------

Merriam-Webster's Advanced Learner's English Dictionary』 の above の項 には次のような例文がある(太字 k.y.):

I thought you were above lying to people. [ = I thought such dishonest behavior was beneath you]

He was not above cheating when it served his purposes. [ = he would cheat when it served his purposes]

Does she think she's above that kind of work [ = does she think that kind of work is beneath her?]

------------------------------------------------

He would cheat when it served his purposes. の意味は、「彼は自分の目的にかなうときはよく人をだました=彼は都合によって平気で人をだました」 ということで、この場合の would は「平気で~した」 と訳せるわけですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(6)

『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』という学習辞典があります。

読んでおもしろい辞書のひとつです。

本文が2062ページあるので、毎日1ページ読むと、ちょっとさぼっても、6年で読了できます。

改訂版が出るかもしれませんが、その際は新たな版にスイッチして読み続けます。

ちなみに、これで語彙強化をかねることもできます。読みながら未知項目にマークし、マークした部分を気が向けば読み直し、全部読み終わりマークし終えたあとも、10年~15年かけてしたマーク部分を何回も読み直してゆけば、「塔」ほどには徹底しませんが、かなりの語彙強化が期待できます。

この欄では、『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』 を最初から1ページずつできるだけ毎日読みながら、みなさんも興味がありそうな記述を拾い上げて書いてゆきます。

ただし、辞書に書いてあることについて正しいとかいやそうじゃないとかなんとかかんとかといった議論には、各自各様に適宜に判断すればいいことなので、時間を割くつもりはまったくありません。

さて、その6回目

今回は about を使った例文をいくつか拾ってみました。

-----------------------------------------------
 
I know what I am about. ぬかりはないよ(自分のしていることはよくわかっている) (《米》では I know what I'm doing. が普通)

Bring the box to me while you're about it. (それをしている) ついでにその箱を持って来てください (《米》では while you're at it が普通)

We were about to go and play tennis, when it started to rain heavily. 私たちがテニスに出かけようとしていたら、雨が激しく降りだした (過去時制では、しばしばそのとおりには実現しなかったことを暗示する)

I'm not about to pay 200 dollars for a handbag like that. そんなバッグに200ドルも払うつもりはないよ。

That company president is all about increasing market share. その社長は市場占有率を上げようと必死だ。

what A is ( all ) about Aの肝心なところ、いちばん大事なところ、真髄、本質 To have fun with the things you do is what life is ( all ) about. 自分のしていることを楽しくやることが人生にとっていちばん大事なところだ;仕事を楽しんでやらなければ人生の意味がない。

-----------------------------------------------

「Everything You Need To Know About(Scholastic)」 シリーズ で 『Science Homework』 の最初の章のタイトルは What's Life All About? になっていて、生物の本質を次のように列挙してある:

ORGANISMS
1 Take in energy and give off waste
2 Grow and develop
3 Adjust to their environment
4 Respond to their surroundings
5 Reproduce themselves
6 Are made up of cells

ちなみに、What is this universe all about? とか Why do we exist?  などの問いに答えはあるのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(5)

『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』という学習辞典があります。

読んでおもしろい辞書のひとつです。

本文が2062ページあるので、毎日1ページ読むと、ちょっとさぼっても、6年で読了できます。

改訂版が出るかもしれませんが、その際は新たな版にスイッチして読み続けます。

ちなみに、これで語彙強化をかねることもできます。読みながら未知項目にマークし、マークした部分を気が向けば読み直し、全部読み終わりマークし終えたあとも、10年~15年かけてしたマーク部分を何回も読み直してゆけば、「塔」ほどには徹底しませんが、かなりの語彙強化が期待できます。

この欄では、『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』 を最初から1ページずつできるだけ毎日読みながら、みなさんも興味がありそうな記述を拾い上げて書いてゆきます。

ただし、辞書に書いてあることについて正しいとかいやそうじゃないとかなんとかかんとかといった議論には、各自各様に適宜に判断すればいいことなので、時間を割くつもりはまったくありません。

さて、その5回目

-----------------------------------------------
 
abbey 1(昔の)大修道院 (abbot が管理する男子修道院(monastery)、abbess が管理する女子修道院(convent) のどちらもさす;現在では多くが廃墟(はいきょ))
2[ the A-] = Westminster Abbey.

-----------------------------------------------

知はいかにして「再発明」されたか―アレクサンドリア図書館からインターネットまで イアン・F・マクニーリー (著), ライザ・ウルヴァートン (著), 長谷川一 解説 (その他), 冨永星 (翻訳) 日経BP社』 という本の「第2章 修道院 ― 100年~1100年」に(引用開始)修道院は、西洋において文明が滅んだ後に、数百年にわたって、学問を守り続けただけでなく、文書の研究と時間の区切りや測定とをつなぐ役目を果たした(引用終止)

同書によると:

古代ギリシャでプラトンが創設したアカデミアが異教哲学の名残りとして西暦529年に皇帝の勅令で閉鎖され、同じ年に、かの有名な修道院がヌルシアのベネディクトによってモンテカッシーノに創られた(http://www.officine.it/montecassino/)。

ベネディクトが作成した戒律に基づく修道僧の典型的な日課(復活祭の四十日間の季節)は ― (引用開始) 午前二時 起床 午前二時~三時半 徹夜の祈り 三時半~四時半 瞑想 四時半~五時 朝課 五時~九時 読書 九時 三時課 九時十五分~四時 労務 四時 九時課 四時半 晩課 五時 食事 六時 終課 六時半 就寝 (引用終止・1部省略)。

-----------------------------------------------

こうした修道僧の生活を見ると、典礼の他、読書・学問の比重がたいへんに大きい。大学が現れるまで修道院は知の拠点だった。日本の寺院も同じですね。

現在では多くが廃墟」というのはイギリスのことで、500年ほど前にヘンリー8世が修道院を解散して修道院の大半が破壊され、その財産は王室に没収あるいは大貴族の所有になった結果、多くが廃墟に帰したことを指している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(4)

『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』という学習辞典があります。

読んでおもしろい辞書のひとつです。

本文が2062ページあるので、毎日1ページ読むと、ちょっとさぼっても、6年で読了できます。

改訂版が出るかもしれませんが、その際は新たな版にスイッチして読み続けます。

ちなみに、これで語彙強化をかねることもできます。読みながら未知項目にマークし、マークした部分を気が向けば読み直し、全部読み終わりマークし終えたあとも、10年~15年かけてしたマーク部分を何回も読み直してゆけば、「塔」ほどには徹底しませんが、かなりの語彙強化が期待できます。

この欄では、『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』 を最初から1ページずつできるだけ毎日読みながら、みなさんも興味がありそうな記述を拾い上げて書いてゆきます。

ただし、辞書に書いてあることについて正しいとかいやそうじゃないとかなんとかかんとかといった議論には、各自各様に適宜に判断すればいいことなので、時間を割くつもりはまったくありません。

さて、その4回目

-----------------------------------------------

abattoir (公設の)食肉解体場(同義の slaughterhouse が露骨に響くような場合にこの語がよく用いられる)

-----------------------------------------------

露骨に響く」とありますが、今は、 slaughterhouse(屠場(トジョウ)) の映像もネットなどでいろいろ公開されていてだれでも目にすることができます。私も肉は大好きですが、そんな映像を見ると、ポール・マッカートニーの  ― If slaughterhouses had glass walls, everyone would be a vegetarian.屠場の壁がガラス張りだったら、人々はみな、ベジタリアンになるでしょう ― のことばに、しばらくにせよ、気を取られざるをえません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(3)

『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』という学習辞典があります。

読んでおもしろい辞書のひとつです。

本文が2062ページあるので、毎日1ページ読むと、ちょっとさぼっても、6年で読了できます。

改訂版が出るかもしれませんが、その際は新たな版にスイッチして読み続けます。

ちなみに、これで語彙強化をかねることもできます。読みながら未知項目にマークし、マークした部分を気が向けば読み直し、全部読み終わりマークし終えたあとも、10年~15年かけてしたマーク部分を何回も読み直してゆけば、「塔」ほどには徹底しませんが、かなりの語彙強化が期待できます。

この欄では、『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』 を最初から1ページずつできるだけ毎日読みながら、みなさんも興味がありそうな記述を拾い上げて書いてゆきます。

ただし、辞書に書いてあることについて正しいとかいやそうじゃないとかなんとかかんとかといった議論には、各自各様に適宜に判断すればいいことなので、時間を割くつもりはまったくありません。

さて、その3回目

-----------------------------------------------
 
a の項目の 10 より:

A horse is an intelligent animal. 馬は賢い動物である。

(語法)(1)この場合、 a の基本の意味は変わらないが、ある1つの固体を示すよりも、代表として「どれか1つ」を示す。複数形にすると、代表に「次々に選んでも」、または「集合的にとらえて」といった感じになる。いわゆる総称表現には複数形が最もふつう: Horses are intelligent animals.(馬(どれもみんな)は賢い動物である)
(2) the を用いて総称的な意味を表す方法もある。これは客観的、あるいは少し距離を置いた、クールな印象を与える: The horse is an intelligent animal. (馬(というもの)は賢い動物である)

-----------------------------------------------

『日本人の英文法完全治療クリニック T・D・ミントン著(アルク)』 には、電車内の「携帯電話の電源をお切りください」の英訳 Please switch off the cellular phoneについて、(引用開始) 「the+単数形」を使って the cellular phone とすると「携帯電話というものの電源を切ってください」というヘンな意味に聞こえる!(引用終止)という説明がある。

そして、適切な表現として、Passengers are requested not to use cellular phones. あるいは The use of mobile phones is prohibited. という表現をあげている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(2)

『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』という学習辞典があります。

読んでおもしろい辞書のひとつです。

本文が2062ページあるので、毎日1ページ読むと、ちょっとさぼっても、6年で読了できます。

改訂版が出るかもしれませんが、その際は新たな版にスイッチして読み続けます。

ちなみに、これで語彙強化をかねることもできます。読みながら未知項目にマークし、マークした部分を気が向けば読み直し、全部読み終わりマークし終えたあとも、10年~15年かけてしたマーク部分を何回も読み直してゆけば、「塔」ほどには徹底しませんが、かなりの語彙強化が期待できます。

この欄では、『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』 を最初から1ページずつできるだけ毎日読みながら、みなさんも興味がありそうな記述を拾い上げて書いてゆきます。

ただし、辞書に書いてあることについて正しいとかいやそうじゃないとかなんとかかんとかといった議論には、各自各様に適宜に判断すればいいことなので、時間を割くつもりはまったくありません。

さて、その2回目

-----------------------------------------------
 
a の項目の 8 より:

The US is going to send a husband and wife into space. アメリカは宇宙へ夫婦を打ち上げることになっている。( a husband and a wife と言ったら、夫婦ではない夫と人妻となる。「夫婦」の通常の言い方は a married couple )

ついでに、husband の項目を見ると:

husband and wife [名] 夫婦 (通例 a は付けない)。―They are husband and wife. 二人は夫婦だ( a married couple や単に married が一般的 )。

-----------------------------------------------

だから、The US is going to send a husband and wife into space. のa husband and wife の場合は「1組の夫婦」という意味になる。

また、Gooogle ( site:edu ) で a husband and a wife を検索すると The rule was based on the common-law fiction that a husband and a wife are one person. という文章がある。この場合の a husband and a wife は「夫婦ではない夫と人妻」という意味ではなくて単に「夫婦」という意味になる。

辞書は字数が限られているので編纂が大変ですね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

毎日1ページ辞書を読む(1)

『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』という学習辞典があります。

読んでおもしろい辞書のひとつです。

本文が2062ページあるので、毎日1ページ読むと、ちょっとさぼっても、6年で読了できます。

改訂版が出るかもしれませんが、その際は新たな版にスイッチして読み続けます。

ちなみに、これで語彙強化をかねることもできます。読みながら未知項目にマークし、マークした部分を気が向けば読み直し、全部読み終わりマークし終えたあとも、10年~15年かけてしたマーク部分を何回も読み直してゆけば、「塔」ほどには徹底しませんが、かなりの語彙強化が期待できます。

この欄では、『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』 を最初から1ページずつできるだけ毎日読みながら、みなさんも興味がありそうな記述を拾い上げて書いてゆきます。

ただし、辞書に書いてあることについて正しいとかいやそうじゃないとかなんとかかんとかといった議論には、各自各様に適宜に判断すればいいことなので、時間を割くつもりはまったくありません。

さて、その1回目

-----------------------------------------------

a の項目の 6 [数えられない名詞に付けて] より:

Would you prefer a wine or a liqueur? ワイン(のどれか1種類)がいいですか、それともリキュール(のどれか1種類)がいいですか

Would you prefer wine or liqueur? (ワインがいいですか、それともリキュールがいいですか)という言い方もある。

また、たとえばコース料理にワインかリキュールのどちらか1つが付いて、そのどちらがいいかを聞くときは、Would you prefer the wine or the liqueur? という言い方もある。

-----------------------------------------------

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2011 | Main | September 2011 »