« 毎日1ページ辞書を読む(3) | Main | 毎日1ページ辞書を読む(5) »

毎日1ページ辞書を読む(4)

『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』という学習辞典があります。

読んでおもしろい辞書のひとつです。

本文が2062ページあるので、毎日1ページ読むと、ちょっとさぼっても、6年で読了できます。

改訂版が出るかもしれませんが、その際は新たな版にスイッチして読み続けます。

ちなみに、これで語彙強化をかねることもできます。読みながら未知項目にマークし、マークした部分を気が向けば読み直し、全部読み終わりマークし終えたあとも、10年~15年かけてしたマーク部分を何回も読み直してゆけば、「塔」ほどには徹底しませんが、かなりの語彙強化が期待できます。

この欄では、『スーパー・アンカー英和辞典 第4版(学研教育出版)』 を最初から1ページずつできるだけ毎日読みながら、みなさんも興味がありそうな記述を拾い上げて書いてゆきます。

ただし、辞書に書いてあることについて正しいとかいやそうじゃないとかなんとかかんとかといった議論には、各自各様に適宜に判断すればいいことなので、時間を割くつもりはまったくありません。

さて、その4回目

-----------------------------------------------

abattoir (公設の)食肉解体場(同義の slaughterhouse が露骨に響くような場合にこの語がよく用いられる)

-----------------------------------------------

露骨に響く」とありますが、今は、 slaughterhouse(屠場(トジョウ)) の映像もネットなどでいろいろ公開されていてだれでも目にすることができます。私も肉は大好きですが、そんな映像を見ると、ポール・マッカートニーの  ― If slaughterhouses had glass walls, everyone would be a vegetarian.屠場の壁がガラス張りだったら、人々はみな、ベジタリアンになるでしょう ― のことばに、しばらくにせよ、気を取られざるをえません。

|

« 毎日1ページ辞書を読む(3) | Main | 毎日1ページ辞書を読む(5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/52556154

Listed below are links to weblogs that reference 毎日1ページ辞書を読む(4):

« 毎日1ページ辞書を読む(3) | Main | 毎日1ページ辞書を読む(5) »