« 毎日1ページ辞書を読む(13) | Main | 毎日1ページ辞書を読む(15) »

毎日1ページ辞書を読む(14)

その14

今回は accent の例文を拾います(太字 k.y.)。

------------------------------------------------

The word "admirable" has its accent on the first syllable. = The accent of the word "admirable" falls [ is ] on the first syllable. admirable という語のアクセントは第1音節にある。

speak English with a strong French accent [ in a heavy French accent ]. ひどいフランス語なまりで英語を話す。

-----------------------------------------------

上記の太字の部分の語彙の組み合わせがおもしろい。同じ語彙でも、こういうふうに自在に使えると楽しいですね。

ちなみに、コテコテの関西弁をしゃべる = speak with a heavy / strong / broad kansai accent = have a heavy / strong / broad kansai accent となるでしょう。

|

« 毎日1ページ辞書を読む(13) | Main | 毎日1ページ辞書を読む(15) »

Comments

paraphraseってやつですね。
船長(Admiral)!なんちゃって。。。
突然、スミマセン。
私は、クメール語のミニバベルに挑戦しています。
これがおわったらやりかけの本バベルを・・・
マイナー語は、英語とは別の楽しさがあります。
K.Y.氏の考察、方法論を読みましたが、賛否は保留しますが、楽しいです。

Posted by: 信者 | September 03, 2011 at 11:32 PM

信者さんへ。

クメール語=カンボジア語 ですね。ひょっとして外国語学部に在籍されているのでしょうか?

> マイナー語は、英語とは別の楽しさがあります。

どんなふうに楽しんでおられるのですか?

> K.Y.氏の考察、方法論を読みましたが、賛否は保留しますが、楽しいです。

ありがとうございます。賛否は人それぞれです! 読んでいただけただけでうれしいです。

Thank you.

Posted by: k.y. | September 04, 2011 at 06:24 PM

K.Y.氏へ

クメール語は住んでいる場所がカンボジアだ
からです。学校は無関係です。

>どんなふうに楽しんでおられるのですか?
ハイ。基本的に私は、英語を使って学んでい
ます。つまり、道具の英語を使って、これま
た道具のクメール語を学んでいます。これ
が、第一の道具の英語と母国語の日本語と”
比較”することが、楽しいです。具体的に
は、面白い比喩、文法構造のちがい、一番興
味深いところはクメール語の独立文字の形・
意味、同音同義語ナド。

ただし、街並みのエキゾチックなクメール語
文字を見渡しますと、日本語の英語カタカナ
とにたような単語が看板に並んでいまして、
景観がそこなわれているようにも見えま
す・・・、が、時代の流れだと思います。

Posted by: 信者 | September 05, 2011 at 12:26 AM

信者さんへ。

クメール語圏で生活しながら、英語を介してクメール語を学習・使用し、日本語とも比較する。

エキゾチシズムもある。

これは楽しそうですね!

ていねいに答えてくださってありがとうございます。

Posted by: k.y. | September 05, 2011 at 09:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47849/52640530

Listed below are links to weblogs that reference 毎日1ページ辞書を読む(14):

« 毎日1ページ辞書を読む(13) | Main | 毎日1ページ辞書を読む(15) »