学問・資格

2017年新年あけましておめでとうございます。

「日経」元日1面記事は次のように記している: 

「当たり前と考えていた常識が崩れ去る。速まる一方の技術の進歩やグローバリゼーションの奔流が、過去の経験則を猛スピードで書き換えているからだ。昨日までの延長線上にない「断絶(Disruption)」の時代が私たちに迫っている。」

「グローバリゼーションの奔流」は America First というトランプ次期大統領のスローガンなどが示唆する「反グローバリゼーション=国家主義」への強い傾きによって抵抗を受けるかもしれない。

しかし、それも、断絶(Disruption)」の一断面であることは否定のしようがない。

さて、1970年につまり46年前に 未来学者・Alvin Toffler が 「Future Shock」 を出版した。 「Future Shock」 の構想は、Tofflerが巻末に列挙した参考文献からしても、半世紀前になるはずだ。

だから、その未来予測の1部はまったくの的外れに終わっている。半世紀の断絶はとてつもなく大きい。

それでも、Toffler のいう 「Change」 の波紋がもたらす現象と葛藤の描写は 「断絶(Disruption)」 の世相に当てはめて古びた感じはまるでない。

人自体は進化も変化もしていないからだ。

私は年末になって、すっかり古書になった 「Future Shock」 のペーパーバックを引っ張り出してきた。

Toffler は彼の他の著作も含めて私の人生の羅針盤だった。

激動の昨年が 「Future Shock」 を想起させたのだ。

その第1章のタイトルは 「The Death of Permanence」。

そして Toffler は書いている。

「In the three short decades between now and the twenty-first century, millions of ordinary, psychologically normal people will face an abrupt collision with the future. Citizens of the world's richest and most technologically advanced nations, many of them will find it increasingly painful to keep up with the incessant demand for change that characterizes our time. For them, the future will have arrived too soon.」

私はこの 「断絶(Disruption)」 = Change を、何十年も続けてきた株式投資を通じて楽しみたいと思う。証券マーケットは Change を vivid に反映するスリリングな劇場だからだ。

ところで、英語にも change があった。トランプ次期大統領は 「political correctness = インテリの仮面」 をぶち壊すスピーチで人気を維持し、大方の予想をものの見事に覆して選挙を制した。

他方、「political correctness = インテリの仮面」を多用したCNNなどの主要なメディアやそれに追随した日本の主要メディアは報道の正確さ・公平さを著しく欠く欠点を露呈した。

2017年はおもしろい年になるかもしれない。

みなさん、ことしもよろしくお願いします。

健やかな年でありますように!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2016年新年あけましておめでとうございます。

みなさん、あけまして、おめでとうございます。

---------------------------

昨年もまたいろいろな事件・災害・テロ・紛争などが発生し、人々が苦しみ、悲しみに打ちひしがれ、内外を問わずまだまだ立ち直れない方も多いと思います。

なかには、あきらかな人災もありました。

他方で、スポーツ・科学・文学・芸術などで、感動に満たされ、日本人としておおいに誇りになり、うれしかったこともたくさんありました。

人それぞれも、それぞれの悲喜こもごもがあったはずです。

私は、毎年のように、10回ぐらいはおきまりの悪夢をみてしまいます。とんでもないところで、しかもいつもまったく同じところで道に迷ってしまう夢。帰り道が決して見つからない夢です。

みなさんは、そんな夢見ますか?

とにかく、さまざまなことが、いいことも悪いことも、発生します。

私は、相場もやりますが、これまた、見事にカオスの世界です。

--------------------------------------

しかし、黙々と、きわめて正確に動くものがあります。

それは、時の流れです。

--------------------------------------

その絶対変わらない時の流れと英語の語彙強化を結び付けて語ってみたいと思います。

英語学習で 効率=できるだけ時間をかけないやりかた を是とすることが当たり前になっていて、また、それは当然のことで、異を唱える根拠も見つかりません。

英語の語彙強化に関してもまったく同じです。

ただ、英語語彙強化の分野であまり時間をかけずに、つまり数か月~1年ぐらいを目安にして、目標を達成できるのは数千語から1万語ぐらいでしょう。

ネイティヴ・スピーカー並みの語彙数・5万語以上を獲得するためには、常識上だれも効率が良いとは思わない1万時間以上の取り組みが必要です。そのためには、忙しいなか、学生やいくらでも時間があるひとは別にして、語彙強化にばかり時間を割くことは不可能ですから、10~20年必要になります。

特に、日本語と同様に英語でものを読めるようになりたい人にはぜひ必要な取り組みです。

「そんなに語彙数がなくても大丈夫だよ」とおっしゃる人たちも多い。しかし、そんな人たちは日本語と同様に英語の読書などできているはずはありません。ただの妥協でしょう。

私たち日本人が日本語の語彙を5万語超理解できて英語のネイティヴ・スピーカーが同程度の語彙を理解できるのはそれが必要だからです。生きてゆくのに呼吸が必要なのと同じです。自然現象です。厳然たる事実です。

そこで私が立案・実行し、今も復讐を繰り返しているのが「アンチ・バベルの塔」方式です。

先にも言いましたが、時間はきわめて正確に過ぎてゆきます。

毎日が坦々と過ぎてゆきます。容赦なく過ぎてゆきます。

この時間の流れに乗らない法はありません。

坦々と、ルーティーンとして、毎日復讐を繰り返すだけです。

復讐の最終段階になれば必要時間数は毎日1時間ぐらいです。ルーティーンとはいえ ― 「これだけの語彙がわかるんだ」という自負に支えられて、また、毎回何かの新たな気づきも加わって ― 決して退屈な作業ではありません。カードの裏に付随情報を縷々(るる)加えることも楽しみになります。

そして、あとは、ただただ時の流れに身をゆだねる。

5万語超の語彙を習得することは可能です! 

それには、容赦のない時間の流れ を利用するのが最善です。先の計画も立てないし、振り返らないし、ただ毎日カードを20~30枚復讐する。

そして、楽々と、英語で読書を楽しみ、英語でものを学び、英語で交流する。 もちろん、日本語でも同様に楽しみ、学び、交流する。

妥協することも、ごまかすこともなしに、真正面から取り組んでルーティーンに落とし込む。そうすればすばらしい世界があなたを待っている。

世界に何事があっても、生きている限り、それを奪われることもない!

今年も「塔」をよろしくお願いします。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

これ見てください、オモシロイ!

https://www.youtube.com/watch?v=3H7qK3i1jBM とか https://www.youtube.com/watch?v=3H7qK3i1jBM

見たことがあればごめんなさい。

Be honest with yourself ! ほんとうにそうだと思いますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015年新年あけましておめでとうございます。

昨年のできごとで、最も印象に残っているのは、「STAP細胞事件」とでも名づけたくなるような、それをネタにして何層にも展開するミステリーでも生まれそうな、不可解で、人間の強さ・弱さが節目節目で交錯する、大きなドラマ・悲劇でした。

とてつもなく優れた科学者であったらしい、会見では理性の権化のような印象さえ受けた笹井氏も、心理的葛藤で衰弱し、自殺してしまいました。なんともったいない損失でしょう!

あの若きリケジョ・小保方氏もどこかに消えてゆくのでしょうか? 

他方、笹井氏は、英語で優れた論文を書くことでも並ぶものがないほどであったという。いかにしてそんなスキルを磨いたのか? 今や往時のラテン語のような役割を演じている英語の達人としても、科学にはいたって疎い私にとっても、興味津々のお人でした。

落語家の 「柳家・さん喬」さん の話も忘れられません。欧米で落語や小噺を教えている師匠がおっしゃるには ― 小噺には世界共通のもあるんですよ。たとえば『美術館』っていう題で、『これ、ゴッホね』 『いいえ、ユトリロでございます』 『これもユトリロね』 『いいえ、ゴッホでございます』 『これなら分かるは。ピカソでしょ』 『いいえ、奥様、それは鏡でございます』。 これは習っている方たちが公演すると必ず誰かがやって必ず受けるんです。不思議なんですが、やりたがるのはみんな女の子です。どうしてですかね ― 

こんな話を聞くと、認知心理学者スティーブン・ピンカーの「ことばで意思疎通できる人間の能力は、天才科学者の能力などより、はるかにすごい」といった趣旨の発言を思い出す。

ところで、科学も小噺も世間話も体験談も目撃談もすべて人間が意識したことを、言葉(数学も含む)を媒介にして、構築したものだ。

それで、たとえば Robert Lanza氏の biocentrism (http://www.youtube.com/watch?v=zI_F4nOKDSM など)がおもしろくなる。

SFのような感じで楽しめる。

新年早々、なにやらまとまりのないことを書いてしまい、失礼しました。

今年も何分よろしくお願いします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「あっくん」さんへ

「塔」に注目いただき、ありがとうございます。

ご質問の趣旨に沿っているかどうかの懸念はありますが、手短にお答えいたします。

(1) 英検1級の語彙に関しては、今取り組んでおられる「究極の英単語SVL12000語」で十分かと思います。この語彙集を超えるものは、まだ、あまりないはずです。足りないところがあればご自分で工夫なさればさらに充実させることも可能でしょう。

(2) ご指摘のデジタル教材・機器・アプリその他デジタルの威力を活用した英語学習は、ご自身の ITリテラシーに応じて、どんどんすすめるべきだと考えます。

私たちは、素晴らしく便利な時代に生きているわけで、その恩恵に与らない手はないでしょう。

私も、リテラシーに乏しいながら、自分なりに利用しています。

ただ、「塔」の建設は数年から20年を見据えた壮大なプロジェクトです。即効的な効果を望める方法ではありません。

http://testyourvocab.com/blog/2011-07-25-New-results-for-native-speakers.php#mainchartNative をご覧になるとわかりますが、ネイティブの場合も、最も語彙力が増える若い時期でも、13年ほどかかって大人の語彙のベースになる20000語に達しています。その間1日に暗記する語彙数は平均して4語だという興味深い記述があります。それから、さらに、20年ほどかけて大人の語彙数に達するわけです。ちなみに これは私たち日本語ネイティブの日本語の語彙力にも当てはまる現象でしょう。

その長期にわたる営みだということを承知の上で、淡々と気長に取り組むなら、「塔」はじわじわと効果を発揮する頼もしい語彙強化法です

-------------------------------------------

実は、私は、目下、「塔」の復習を続行する一方で、その改訂版の作成に取り掛かっています。

それは、多義語の暗記に資する、以下のような改訂です。

たとえば、woo という単語であれば ― まずカードの左側に見出し語を woo と書いて、右側に (1) 求愛する He wooed her with flowers and dinner. (2) 支持を得ようとする The store had a sale in an effort to woo new customers. と書く ― という記述法を改めて、(1) ・・・ (2) ・・・ を省略し、いきなり、左側に、He wooed her with flowers and dinner. [T] .と書いて、その右側にターゲット語彙 woo の意味である 求愛する と書く方法です。([T] は他動詞の意)

つまり、右側の(1)・・・ (2)・・・ (3)・・・ という記述を排して、左側にまず例文を書き、右側に語義その他を配する方法です。

3つの語義があるとすれば、語義別に1つ以上 (ひとつの語義について複数の例文もあり得る) の例文を左側に掲げ、その右側に語義を記述するわけです。

私は、これを「例文主義」と命名しました。それに対して、市販の単語集も含めて、従来の語彙集はいわば「見出し語主義」と言えるでしょう。

例文主義」のほうが印象が強くて暗記しやすいやり方であることを実感したゆえの改訂です。

「塔」は受動語彙(見ればわかる語彙)の強化法ですから、例文を見て語義がわかれば当面は問題なしですし、それを活用語彙にしたい場合も好都合です。

もちろん、淡々と復習を続けたら、各語彙だけを見ただけでも記憶できるようになります。そして、例文を媒体にした記憶は、意味だけを列挙した 「見出し語主義」 の単語帳よりかなり楽になります。

ただ、語彙アプリが全部そうであるように、一定の回数復讐を繰り返した時点で完全に覚えた語彙についてはもう復讐の必要はない という方法は有効ではありません。

復讐は永久に必要です。そうでなければ。必ず忘れてしまう語彙が発生するからです。
 .
-------------------------------------------

さて、最近 「3ナイ主婦が息子を小6で英検1級に合格させた話 (朝日新聞社)」と「ドナルド・キーン 私の日本語修行 (白水社)」と「英会話不要論 (文春新書)」を読みました。

どんな指南書にも勝る示唆豊かな、外国語学習の本質に迫る、書物でした!!

かなり脱線してしまったことをお詫びします。

Thank you.

| | Comments (1) | TrackBack (0)

3才からのえいご/お金をかけずに国産バイリンガル!

5年生でTOEIC920点
6年生で英検1級

参照記事  http://blog.goo.ne.jp/taetaetae_2005

このお子さんはIQも高いのだろうと推測しますが、興味深い「英語学習」事例ですね。

| | TrackBack (0)

英検1級に小学生24人が合格、最年少はなんと9歳

古い記事ですが、英語学習の大きなヒントになりますね。

特に「読むことの重要性」!

いわゆる英会話ではない。

---------------------------------------

英字新聞を普段から読んでいる」

「読書好きで、千冊以上の洋書を読んでいた」

「とにかく本の虫。最近では物理学の本とか原書で読んでいます」

---------------------------------------

そして、もうひとつ私が指摘したいのは、記事は触れていないが、合格者が英語習得に費やした総時間数。計算すれば、容易に察しがつく。

この必要時間数に言及する人がほとんどいないのは、意図的なのかそうでないのか?

参照記事: http://www.j-cast.com/2011/07/12100950.html?p=all  

| | TrackBack (0)

2014年新年あけましておめでとうございます

私・「塔主」が「アンチ・バベル」の塔をはじめて今年の夏が来ると10年になる!

その間、いろいろおもしろい経験をした。

そのひとつが、英語の語彙の記憶について ― 自分の実体験を通じて ― 経験したことである。

ただし、これに関する記述も私自身の経験即独断に基づくものであって、脳科学に通じるような合理的なものとはおよそ無縁な代物で、従って、皆さんとの議論の対象となるようなものではない。

だから、そんな議論に参加するつもりはまったくない。

そんなことをしている暇があるなら、私は、復習を繰り返す。そのほうがずっと楽しいし、精神衛生上もはるかに好ましい。

第一、脳科学など、現段階では、科学というには程遠いレヴェルでしかないと思っている。脳科学者と名乗る有名人も数人存在するが、そんな自称・他称を聞くたびに恥ずかしくなる。

さて、私の独断:

(1) 記憶力は年齢とともに衰えることはない

覚えようと思って覚えたら、肉体が健康である限り、私のような老齢(今年の夏で67歳)でも若者と変わらない。中・高生に英語を教えていて実感している。彼らがどんなに秀才であっても、私のほうがむしろ記憶力が高い。

なぜか。

前にもこのブログで書いたことがあるが、外国語・英語の未知語彙は ― その概念に関する限り ― 決して新たに記憶するものではないからだ。

概念は、日本語では既知である。

英語の語彙を覚えるということは、その日本語の既知概念を、外国語に置き換えるだけの作業に過ぎない。

長年のあいだに日本語で蓄積された既知概念は、若者に比べたらはるかに多いし、概念のネットワークもはるかに広範である。だから、記憶作業も楽になる。

言語は、何語であっても、結局は言語だからだ。

(2) 復習は何度くりかえしても飽きない

多くの復習語彙について、毎回なにか新たなものが見つかる。

「へー、そうか!」という発見がある。

ある既知語彙について、辞書の不変の記述を復習している時でも、読書や人の話を聞いている最中に遭遇した場合でも ― それが、何度復習したかわからない語彙であっても ― 知り尽くしている人物の意外な側面を見出すような、新たな発見がある。

人の脳は毎回多様な反応を示すからだろう。

--------------------------------------------------------------

まだまだ、「塔」の記憶・復習作業にはおもしろい経験がある。

今回は、これくらいにして、続きは、またその気になった時に書く事にする。

かくして、みなさん、「塔」は決して退屈な作業ではないですよ!

以上、「塔」の自画自賛でもって、新年の挨拶に代えさせていただきます。 元旦のめでたさに免じて「まゆつば」ででも読んでくだされば幸いです。

ことしも健やかですばらしい年でありますように!!

本年もどうぞよろしくお願いします。

余談ですが、今、『書くことについて』 スティーヴン・キング 田村 義進 訳 を読んでいます。 すばらしい!


| | TrackBack (0)

2013年新年あけましておめでとうございます

今年は、日本も希望を持てそうな、何かいいことがあるような、気がします。

みなさんは、いかがでしょうか?

読売新聞の読者が選んだ今年の「日本10大ニュース」の内、5位まで列挙すると、以下のようになっています。

(1) 1位  「ノーベル生理学・医学賞に山中教授」
(2) 2位  「東京スカイツリーの開業」
(3) 3位  「ロンドン五輪、史上最多のメダル」
(4) 4位  「師走の衆院選挙」
(5) 5位  「尖閣諸島の国有化による日中関係の悪化」

(1) 山中教授の快挙は、私たち関西人にも大きな喜びでした。

関西生まれで関西育ちの人 ― あの関西弁(教授のお母さんも徹底した関西弁)、関西の庶民のそれも商人を思わせる物腰、受けた教育も大学院まですべて関西 ― が、米国流の研究スタイルを習得して、達成した偉業。

まだ現役バリバリの50歳。崇高な理想を抱きながら、あくまでも超リアリスト。高いマネジメント能力、タフな交渉力。

山中教授は、風雲児・橋本徹 ― この人が将来どうなるかはまだまだわかりませんが ― が放つエネルギーと相まって、停滞した関西に今までにない活力を生んでいるような気がします。

私は、橋本氏の、「くだらない・あるいは青臭い・質問をする記者たち」に対する遠慮のない攻撃に、その真骨頂を感じます。

政界入りして5年ほどでこれほどの影響力を持つようになった人物は、やっぱり傑物でしょう。

若く、IQも高く、体力も充分。将来は未知数ではあっても、実に興味深い人物だ。

(2) 読売新聞は「東京タワーが高度成長の象徴ならば、スカイツリーはどんなシンボルとして親しまれていくのだろうか」と問いかけています。

私は、「日本の美と技術を凝縮し貴婦人をイメージしたツリー」は、「成熟に向かう先進国の象徴」だと思います。

(3) 体操の内村航平選手いわく、、「今どのくらいの高さにいて、どのくらいのひねりスピードかが瞬時に分かる」。 

審判も見落とすほどの高速回転の中で、「緑(床の色)、上、緑、上って交互に映ってますよね。それを見て上下を確認しているんです」と言う。 

周りの景色を確認しながらぴたりと着地する!

オリンピックの舞台は、そんな「信じがたいほどの人間の能力・可能性」が輝く神殿なのだ。

(4) 無能で退屈で何の政治理念もない人物が幹事長を務めるような政党が勝利したら、日本は終わる。 

資本主義の果実をばらまくだけで、その果実を生み出すアイデアさえもたない左派は、今のままなら退潮・消滅は必然でしょう。

安倍流は劇薬かもしれない。

しかし、劇薬でもなければ、日本は動かないと思う。

無手勝流では戦えない。

だれかが何かをしなければならない。

(5) 中国の一党独裁はこの先も続くのでしょうか? 私には、とてもそうは思えない。 

安倍首相が日本復活の狼煙(のろし)を上げる可能性は大いにあると考えています。

成功するかしないかは誰にもわからない。しかし、何かの変化が起こりつつある。

そうならざるを得ない環境になっているからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノーベル賞:医学生理学賞に山中伸弥・京大教授!

スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、12年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と、英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士に授与すると発表した。

山中教授は、初出論文からわずか6年で異例のスピード受賞。

ノーベル賞の中でもとりわけ優れた業績のひとつなのでしょう。

------------------------------------------------------------

ストックホルム・カロリンスカ研究所ノーベル賞委員会 ( the prize committee at Stockholm's Karonlinska institute ) は ― 細胞及び組織の発達機構解明に革命をもたらした ( revolutionized our understanding of how cells and organisms develop ) とコメント。

-------------------------------------------------------------

| | Comments (7) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧